slider image slider image slider image slider image slider image

TWA パーフェクトドラム ボウモア 1993-2010 2nd 53.8%
むかついたのでもう1本。ボウモア1993、パーフェクトドラムの2ndリリース。おお、これは香りからグッドですね。エレガントながら鮮烈なスモーク。そこにややレモンやパイナップルのようなイエローのフルーツ、トロピカルが若々しさをもって。含んでも文句なしに美味。あたりまえか。甘み、続くピートとその苦み。その中からパイナップル、続いてマンゴーのようなニュアンスが立ち上る。素晴らしい、香る甘い煙。一口飲んでこれはう...

オーシャンズ マッカラン&ハイランドパーク2004 12年
一瞬なんでもないけど余市20でもあけっかなあと思ったけど、体調も思わしくないしこっちで。ウィスク・イーのオリジナルシリーズ、オーシャンズの第13作目。マッカランとハイランドパークをバッティングしたブレンデッドでシェリーバットの12年。カスクストレングスらしいのに43.6度とスカスカなのはどうしたんでしょうね。しかし言葉は悪いが、いい色を通り越してドブみたいな色してやがる。少しツンとしますが、なかなか良いシェ...

澤屋まつもと 守破離 山田穂 2014
今年狂ったように買い集めている澤屋まつもと。また買い足したからまだ4本はあるよ!これは山田穂の2014、26BYかな。今年すでに2015、27BYのものが出ていますが、これは去年のものを1年ほど自家熟成させたものです。スペック非公開ですが純米規格。2014までは65%、2015は55%にしたそうです。この蔵なので当然火入れ。あーなるほど。うるとらの雫よりは良いと思う。とろっと滑らか。ただしガスがまだわずかに残っているようで、そ...

開春 生もと山口 純米 火入原酒 23BY
島根の開春、ブログははじめてかな?うのかわさんで、電話でこんなのもありまっせとご紹介いただいた商品。酵母無添加の生もと純米で23BYになります。広島県産の山田錦65。山口というのは当時の山口竜馬氏からとったとのこと。火入れ原酒で、蔵元で寝かせていた商品のようです。もう最近は肌寒くてねえ。深夜早朝に飲むときは温かいのが欲しくなりますよ。今日は常温スタートからお燗の予定です。味わいによっては明日以降冷やしま...

勇心 純米吟醸 9号酵母 25BY
さてこれは何だったかな。勇心は25BYと27BYはやってるんだよね。たしか26BYやろう、おでてるやんけとおもって買ったら昨年の25BYがきて放置していたんだった。その時も14号と9号2本買っていて。14号はたしか1年半熟成くらいの段階で飲んだらびっくりするくらい味が飛んでいて無味に近いくらいでした。同じBYのものを、半年くらいで飲んだ時はわりとチョコバナナ系というか、味が出ている印象だったのでびっくりしたのを記憶してい...

TWA パーフェクトドラム ボウモア 1993-2010 2nd 53.8%


むかついたのでもう1本。
ボウモア1993、パーフェクトドラムの2ndリリース。



20170919_200917~0120170919_200802~01


おお、これは香りからグッドですね。
エレガントながら鮮烈なスモーク。
そこにややレモンやパイナップルのようなイエローのフルーツ、トロピカルが若々しさをもって。

含んでも文句なしに美味。
あたりまえか。
甘み、続くピートとその苦み。
その中からパイナップル、続いてマンゴーのようなニュアンスが立ち上る。
素晴らしい、香る甘い煙。

一口飲んでこれはうまいと思う。
ただし、一口飲むとピートでせっかくのフルーティ&フローラルなニュアンスが感じ取りにくくなってしまうのが残念(笑)
いやあ旨いなあ、美しい。
アイラの女王というのが本当にしっくりきますね。
こういうのが手軽に飲めたら最高なんでしょうけどねえ。
これに比べたらマッカランハイパとかマジでドブやん。


いやあたまらんな。
少し加水するとまた良し。









オーシャンズ マッカラン&ハイランドパーク2004 12年


一瞬なんでもないけど余市20でもあけっかなあと思ったけど、体調も思わしくないしこっちで。

ウィスク・イーのオリジナルシリーズ、オーシャンズの第13作目。
マッカランとハイランドパークをバッティングしたブレンデッドでシェリーバットの12年。
カスクストレングスらしいのに43.6度とスカスカなのはどうしたんでしょうね。


20170919_193748~01


しかし言葉は悪いが、いい色を通り越してドブみたいな色してやがる。

少しツンとしますが、なかなか良いシェリー的香り。
レーズンもありますが軽くて、どっちかというと軽く焦がした砂糖やキャラメル、カフェラテのような。

含むとあー普通?
まあ12年だしさあ、安いけどさあ、やっぱ値段なりの味わいだよね。
昨今は1万のウイスキー買うのは安物買いの銭失いなんじゃなかろうか?

味わいが痩せている。
甘みも少ないし、含んだ時の香りの広がりも全くない。
苦みが強く、さらっと軽いシェリーにハイパ由来のピート。

うーんごく平凡。
名前と安さなんだろうけどこれが超人気だったのが全く理解できない。
つーかバーで1杯のんでたら絶対買わない。
この価格で旨いシェリーは無理があるな。
この価格で旨いと評判だったロセスでも開けてみようかな。


澤屋まつもと 守破離 山田穂 2014


今年狂ったように買い集めている澤屋まつもと
また買い足したからまだ4本はあるよ!
これは山田穂の2014、26BYかな。
今年すでに2015、27BYのものが出ていますが、これは去年のものを1年ほど自家熟成させたものです。

スペック非公開ですが純米規格。
2014までは65%、2015は55%にしたそうです。
この蔵なので当然火入れ。




20170917_052032~0120170917_052045~01



あーなるほど。
うるとらの雫よりは良いと思う。

とろっと滑らか。
ただしガスがまだわずかに残っているようで、そこからわずかな旨辛さにつながっていきます。
相変わらずここの蔵は2、3年寝かせてもヒネなどはおろか熟成香すらほとんど出ませんね。

含み香は立ち上る霧のような、ミクロな粒子感を感じるクリーミィなニュアンス。
極わずかにバナナと、さらに極々微小にラムネっぽさ。
甘みと酸味はこの蔵の他のお酒と比べても控えめで、その分全体のまとまりがある。
より小さい球体のようなまとまり。

ただしそこから徐々にこの蔵らしい旨みが顔を出し、主張は強くないんですが長く続きます。
少しエキス感が強く、横にグラマラスな気がするのは山田穂だからなのか熟成だからなのか。
フィニッシュはするっと気持ちよく、ガスからつながる辛ウマの演出と、わずかに柑橘かラムネかというニュアンスもグッド。


いいですね。
派決して派手ではなく、その対極ともいえるそぎ落としにそぎ落とした水墨画的なモノクローム世界の味わいですが。
この蔵らしい細部までの仕立ての良さが存分に。
全般に綺麗、シルキーで少しだけ粗い独特の粒立ちとアタックが舌に気持ちよい。
この蔵のこのタッチが好きなんですよね、味わいというよりは感触で、脳が痺れる気持ちよさ。
ほかのお酒と比べてもかなりそぎ落としたモノクロの世界ではありますが、その分シンプルなエネルギーの発露に満ちています。
わずかにうっすらと効く出汁のような酸味も秀逸。
フィニッシュ、そして余韻まで雑味なくきれいに旨みが感じられ、ほんとに熟成感ねえなという感じ。
温度が上がってくるとより甘みとともに、バナナ++ラムネっぽい香りも出てきます。
それでも熟感なし。


これはうまいですね。
あんまり熟成の意味がるのかどうか不明ではありますが。
めちゃ地味だけど、飲み進めれば飲み進めるほど素晴らしい。
体にしみこむ静かなエネルギー感。
他のお酒もレベル高いのであえてSはつけませんが、やはりこの蔵のお酒は他ではない世界観があるなと思います。


2日目。
お燗。
あー予想よりいい。
ほっこりした香りがします。
甘みは多くはないですが、雑味が少ない分繊細な旨みがきれいに感じられますね。
その中にちゃんと甘みもあります。
やや粉っぽさがあるのは致し方ない好みがわかれるところかな。

ただちょっと驚きましたね。
お燗はもっとうすっぺらくなってイマイチかなと思っていたんですけどね。
お燗でもかなり楽しみます。
物足りなくないのはなんだろうな。
クリーム感ととろみ、枯れたような旨みが適度なアタックで厚みがあること。
そのなかからの自然な酸と甘みのニュアンス。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

開春 生もと山口 純米 火入原酒 23BY


島根の開春、ブログははじめてかな?
うのかわさんで、電話でこんなのもありまっせとご紹介いただいた商品。

酵母無添加の生もと純米で23BYになります。
広島県産の山田錦65。
山口というのは当時の山口竜馬氏からとったとのこと。
火入れ原酒で、蔵元で寝かせていた商品のようです。



20170916_045020~0120170916_045038~01

20170916_045102~01



もう最近は肌寒くてねえ。
深夜早朝に飲むときは温かいのが欲しくなりますよ。
今日は常温スタートからお燗の予定です。
味わいによっては明日以降冷やします。
5年の熟成になるので細かいこと考える必要はないでしょう。


香りも程よく枯れて、カラメル系の香り。
色もしっかりついてます。

ん~いいですねえ。
柔らかく滑らかな舌触りから、古酒ならでは上品な甘み。
がっつり甘いわけではなくほどほど。
香りも嫌なものは目立たずに、カラメルというかチョコでミルクチョコレート。
あとは古酒らしい少し枯れたアミノ酸のような旨み。
がっつり枯れているわけではなくていい塩梅にほどほどです。
乳酸っぽい酸がほどよく残り、クリーミィなテイストも。

非常に滑らかでともすれば軽くスムースに飲めるのは生もとならではですね。
そこにピリッとした辛みのあるフィニッシュが程よい厚みをつけています。
そして各種のニュアンスが絡む旨みがひろがり、余韻が長く。


非常に素直に育った古酒ですね。
そんなに骨太とかパンチがあるという感じではなくて、むしろスムースで綺麗。
でも薄すぎるわけではなく、適度な古酒感。
すこし枯れてきたかという旨みと優しい甘みや酸が調和し、自然な流れの中で古酒らしい複雑さが楽しめます。
酒単体での楽しさもあるし、料理とあわせてもいい万能戦士感ですね。


お燗行ってみましょうか。
熱燗から。

いいね、ほっこり甘みが強いタイプではないんだけど。
最初に少し粉っぽい様なクリーミィさがきて、ほどよく酸味が絡む。
そしてそこらから次第に甘みと旨みが。
やはりチョコレートのような香りが好ましいですね。


やっぱりいい仕上がり。
バランスよく育っています。
5年とは思えないきれいさと、適度な熟成感。
これからの時期、こういうのが1本手元にあると安心です。

この状態で出すというのは、良心的で、またよくわかってる素晴らしい蔵元ですね。
まあ限られた酒屋さん限定でしょうが。

かなり楽しめる、量も飲める古酒ですよ。
ぬるすぎず熱すぎずくらいがいいかなあお燗は。





勇心 純米吟醸 9号酵母 25BY


さてこれは何だったかな。

勇心は25BYと27BYはやってるんだよね。
たしか26BYやろう、おでてるやんけとおもって買ったら昨年の25BYがきて放置していたんだった。

その時も14号と9号2本買っていて。
14号はたしか1年半熟成くらいの段階で飲んだらびっくりするくらい味が飛んでいて無味に近いくらいでした。
同じBYのものを、半年くらいで飲んだ時はわりとチョコバナナ系というか、味が出ている印象だったのでびっくりしたのを記憶しています。

よく見たらコレ生酒じゃなくて火入れだな。
味が飛んでたのはその違いだったのか?
というわけで3年熟成のお酒になります。



20170915_022430~0120170915_022442~01



おっ。
味が出ている。
熟成酒っぽい甘み旨みが出ています。
前にやった時はマジで味しなかったからなあ。
わずかにバナナ&ミルキーなのは確かに元の味わいも残しているかも。

ただ基本的にはやっぱり綺麗ですね。
あと辛みが強くまったりめのエキスをびしっと切らす味わいです。
雑味はやはり少しあるかなあ。
でも普通に秋のひやおろしですって出されたら、納得する人多いと思いますよ。

こうなるともはや元の味わいとは全く違うものになっているでしょうが。
火入れで氷温なら3年熟成でもこの程度、嫌な熟成香はほぼ皆無といっていいような状態。
お酒には申し訳ないことをしてしまいましたが、いろいろと参考になりました。