笊籬採りの純大山田錦45。
それの22BYです。

以前に雄町の自家熟成をやった時にけっこう熟感が出ていたので、どのような味わいになっているかはかなり怖いです。
ただ風の森でこの年数の古酒はなかなか出会うことがないので、好奇心で買ってみました。


そういえば以前、酒屋さんに笊籬採りの奴の写真を見せてもらったことがあるんです。
企業秘密で、酒屋でもWEBにのっけたりするのはNGらしいんですけどね。
ス円筒形の細長い、格子状のものををタンクの中に沈め、その内側からチューブでお酒をくみ取るというものでした。
格子はけっこう目があらいんですが、いい感じにおりが付着するんだそうで。
あれは絞りの工程で酸素にも触れないし、タンクの中のもろみを、ダイレクトに飲めるという感じの技術でしたね。
ここの蔵の創意工夫は大したもんだと思います。



20170722_010724~0120170722_010754~01


色はとくに変わらずといった感じで、それほどついていません。
立ち香からもそれほど熟感は感じることができません。

おや、意外とイケますね。
当然ですがガス感は感じることができず。

含むとあのフレッシュな香りの残滓も感じられ、またまだフルーティともいえるような酸味も感じ取れます。
ややソープのような印象にも感じられますが、個人的には嫌いではないですね。
入りは比較的きれいですし、良い熟成してるなと思わせます。
甘みは繊細で可憐になっていて、清楚な花の蜜のようなものに感じられます。
そこに熟成による複雑性の後押し。
一方で熟成香のニュアンスはそれほど感じず、前半は素直においしいですね。

一方で後半はかなり好みがわかれるところ。
全半から、甘みが無いことはないがやや控えめだったんですが。
それが何か変化しているなと思わせる味わいです。
具体的に言うと、辛みというかアタックというか、ぐっと来る強めのキレ感が出ています。
また余韻のところでかなり強く、熟成感というか米のエキス感というか、ムレ香がでます。
このレベルの古酒で生ヒネというのもあれですが、そういった風に感じNGという方もいるでしょう。
個人的には強まったアミノ酸の味わいのように感じました。
より熟成が進んでいくことで、これが強いカラメル感へつながっていくのかなあなんて考えたり。
基本的にどれも冷やして飲んでいるのですが、古酒は常温のほうがいいのかなあなんても考えたり。

本来の味わいとは大きく異なるので、興味がない人が飲む必要は全くないですが。
古酒に興味がある人は、あれこれ考えながら飲めるお酒ではないかなと思います。
温度やタイミング、杯によってハマると普通においしいタイミングがあります。


風の森自体は僕は好きなので今後もやっていきたいですね。
少し以前と変わってきているところもありますが、きちんとハマるお酒はらしさ全開でかなり良いですからね。
また氷結絞りなど、新技術なんかにも注目していきたいところです。



へー初雪盃ってこんなスペックもあったんだ。
こだまさん経由のせいか、熟成にフォーカスした蔵なのかなあと勝手に思っていました。
いまみたら、こだまさんとこに去年のものがでてますね。


松山三井70、愛媛県培養酵母。
日本酒度-5.5に酸度2.6なので変わり種系の味わいでしょうか?


20170720_002048~01


うすにごり、といった程度です。


おーなかなか楽しい。
飲みくくはないです。

純米的なセメダイン、バナナもありつつ、酸由来のブライトさがあり、ラムネっぽくもある香り。
次第に柑橘系のニュアンスが感じられ、白ワインっぽくもあるような。
そして次第にプラム、ついで乳酸っぽいニュアンス。
徐々に酸→甘やかさへシフト。

味わいも溌剌とした酸味がジューシー。
またちゃんと飲めるのはドライ過ぎずに甘みもちゃんとあることでしょうか、最初は強く表には出てきませんが。

あーこれなんか飲むと、寝かせて育てて出したいというのも少しわかりますね。
程よい複雑性があるというか。


酸味に、さらっとなめらかな甘みのからむジューシーさ。
だんだん甘みが出てきて、それもいろんな表情。
グレープフルーツの砂糖掛け、最近やたら使ってる乳酸菌飲料的なニュアンス。
さらにそれだけではなく、軽い苦み、旨みの立体感なんかがあって。
カラフルだけどちょっとスモーキーみたいな。

2年3年までいかなくても、半年から1年でも寝かせたら化けそうな感じありますね。
いや今も十分一定レベルにあるけどさ。
だんだんこなれてくるにつれて良くなってきます。
これが前回やった熟成ものにつながるのかあ。


おもしろい蔵ですね。
これからもちょいちょい飲んでいきたいと思います。
まだがっちりつかむ、という感じでないのが逆に良いわ。
これはアタリです。
一口目ではわかりませんでしたが、ぐんぐん良くなってきます。


2日目、いや3日目か?
ガスはなし。
変わり種系、白麹とか低アル系みたいな味わいですね。
ちょっと軽くなったか?というような甘酸っぱさ。
そこにタニックな感じが入りますが、少しクセっぽい感じもありますね。
白木久ブラックスワンや、伊根満開の赤米の奴と比べると、似てるとこがあって面白い比較になりそう。















飲んだことはないですが、最近やってる全く知らない銘柄の中では、かろうじて知っている銘柄。
おわら風の盆で有名な八尾のお酒。

なんでデスペラードなんでしょうね。
ラベルはクイーンだし、そこはイーグルスじゃないのか?
いやそのへん詳しくないからしらんけど。
まあラベルは今っぽい感じなので、古臭い酒質というのはないのではないかな。

面白いのは同じ米、磨きの純吟より、なぜか純米表記のこれのが高かったこと。
めずらしいですよね。
基本的に純吟と純米なら前者を買うタイプなのですが。
今回は値段を信じて純米で。




20170717_004128~0120170717_004142~01


んん?
なるほど、確かに純米ですね。
芳醇で味わいに厚みのあるタイプで、けっして薫り高いわけでもなくたしかに純米表記が似合います。
もうちょっとふんわりスムースなタイプを純吟表記にしてるんだなたぶん。

めちゃくちゃ香るわけではないですが、香りあります。
プラムとかダークチェリーとかそんなイメージで、重めの赤紫イメージな香り。
七田の愛山とかそんな銘柄が思い浮かびました。
セクシーな大人の女性。
まあ香り系の酵母だね。


味わいもそんな感じ?
甘すぎずに、酸味はある。
ほどよい甘酸っぱさに、いい意味での苦みや渋みがタンニンのようで。
モダンですがぐっと飲みごたえがあって個性的なタイプ。

あ、でもミルキーというか、ヤクルトみたいな甘味があって、なめらかな伸びはいい。
そこにエキス感と、苦み渋みがぐっと入って厚みを出し。
舌にはムロゲンらしいアタック。

悪くないですね。
ともすれば出来損ないの失敗した香り系のお酒になりそうなんですが。
でもそうなってないのはなぜか。
なぜでしょうね。
高めの酸、あとは少し奥まってはいますが甘みのニュアンス、質感。
独特の香り。


飲めます。
けっこう楽しいです。
他のも飲んでみたいですね。
もすこし度数を抑えて、クリアーな感じにしたらもっと面白そうな感じはある。
やってなさそうだけど、山廃とかやttめお面白そうな感じもある。


初めは香りとタニックなニュアンスにおっと思ったんだけど。
次第に甘みにフィーチャーしていきますね。
なめらかで、程よく練れて、伸び感がキレイ。
前述したとおり少しだけ乳酸菌飲料的なニュアンスを感じる。
まあそれは酸がそうさせるのかね。
そこからふくらんで、プラムチェリーでね。
で酸で引っ張っりつつエキスがでて、タニックで〆る。
そんな流れ。
美味しいです。
やっぱりいろいろ飲まないとだめだわ。
知らないお酒、おいしいお酒いっぱいある。
東京にいて、限られた酒屋から(とはいってもネットも使うし常人よりは酒屋まわってるけど)買っててはダメね。



7月21、デスペラード!
これもなんか変わり種系っぽくなってきたなw
ウイスキー飲んだりしてるから、軽く感じちゃってたりすんのかな?
軽めの酸味の奥に、好ましい乳酸菌飲料ピルクルっぽい甘み。
軽い渋みでタニックに。
美味しいなあ。
いやあいいですよ。
ビギナーが飲んでもいいし、玄人が何かの合間に飲んでもおっと思うレベルにあると思います。




愛知県でも三河のほう、岡崎のお酒。
ぼくは全然知らないんですが、众(ぎん)という銘柄も造っているそうで。
高度0.2の超軟水、神水(かんずい)で仕込んでいるのがウリというか特徴になるようです。


夏酒なんですが、ちょうど手を出しやすい感じのスペックがあったので。
夢吟香60という以外は詳細不明。



20170716_000929~0120170716_000942~01


おりがらみというよりは、うすにごり程度。
ぐいっとな。

さらっとシルキー。
香りは控えめですが、セメダイン系です。
ただがっつりバナナというわけではなくて、マスクメロンとかはたまたスイカなんてイメージですね。

夏向け商品だからか、ちょっと辛口を意識した設計でしょうか。
ただうまくできてるなと思います。

控えめな甘みが、前述の香りといい一体感。
ケミカルでなくナチュラルな、やや淡めのフルーツ感が出ています。
そこにさらにとろみ、僅かににごりぶんからくる程よいエキス、厚み。

それを辛口で切らします。
良い塩梅のウマ辛系。
辛みが浮くんじゃなくて、一体感をもって出て、甘やかなフルーツのニュアンスや、涼やかな中のエキスを引き立てます。


これは美味しいですね。
A~Sというところで迷うくらい、A+かなあ。
またこれも整理しないとな。

いや気に入りました。
そういえばガスはないですね。
ともすればマッタリしすぎ、エキス感がくどいお酒になりそうなんだけど。
うまく仕上げてますよね~。
涼やかです。
程よく産もあるし、フルーツ香の出方も秀逸だし、ウマ辛も効いてる。
これはグッドなお酒です。


辛みの出方なんかでいうと、うまからまんさくとか、寒北斗あたりの系統ですね。
エキスもあるので、ガスのない白老、とも言えるかも。
あったまってくるより、きりっと冷やしたほうがいいかな。
エキスがでてくるから。
上澄みだけのんでもよかったかもしれん、混ぜちゃったけど。
ただやわらかいし、甘さも程よく出てるし、それでいてのっぺりはんなり一辺倒じゃなくきりっと感も出てるのは秀逸。
この銘柄は再登場確実ですね。
しかしマジでスイカ、メロンっぽいんだよ。
うまい!!


2日目。
あ、ごくわずかーにガスの残り香。
やはりスイカメロンメロンスイカ。
甘みはちょうどよく出ていて、僅かに瓜系の爽やかさ青さがあり。
しゅっとしたフィニッシュ。
うん、これはいいです。
特にわりと万人におススメできるタイプだと思われ。
愛知はほんとにアツい!


7月21日の深夜。
やはり独特の香りは健在でバナナからのマスクメロンのスイカ。
甘みは淡くなていますが、それでも香りのサポートもあります。
さらっとパウダリー、ソフトでメロー。
からの純米的エキスのうまみも。
このお酒はやっぱり良いね。




吉乃友、富山県富山市のやや山よりにある蔵元。
WEBをみると小山さんなんかをはじめ都内でも取り扱いがあるようですが。
僕自身は全く知らないし見たこともございませんでした。

このクラシックなラベル、さらに純米65なのに18号酵母というのがアンバランスでいいですね。
さらに数値的には日本酒度+10.5というのが面白そうです。
701酵母もver.もあるみたいなんでそっちも気になりますね。



20170712_014420~0120170712_014433~01


たしかに18号。
ただ少し抑えめでいいサイズ感。
キュートなジューシーさ。


含みます。
おっと、アリだね。

65ってせいなのかもしれませんが、含み香も控えめ、甘さもほっそりスリム。
つるっとした、きれいなクリアーさ。
僅かにフローラルな香り、やや苦みアリ。

酸度1.8ですがそれより高く感じるくらい。
酸の流れから、辛みはややああるくらい。
がっつり辛いタイプではないですね。

WEBなんかを見ると芳醇な純米志向なようですが。
逆にこれはスリムで、ややドライな感じ。
あらゆるところで予想を裏切ってくる感じがあります。
この感じだと7号のがはまってそうな気もします。
18号であえてこれというのはちょっと面白い造り手ですね。


そこまでスゲーうまいって感じではないですが。
どこかでハマるポイントがありそうな気はします。




WHAT'S NEW?