淡路島から都美人です、初登場。

淡路島、いいとこですよねえ。
洲本に1泊したことがあるんですが、堤防でイカ釣りしてた人が楽しそうだった。
堤防に釣り上げた時にビシャっと墨を吐くんですね。
岩屋のあたりもよかったしジェノバラインで明石海峡大橋の下をくぐるのも楽しかった。



山田錦60の無濾過生原酒です。
酵母は協会7号。
がっつり半年寝ているので、その辺がどうなっているでしょうか。



20160929_014137~01

20160929_014145~01


色がかなりついてるね、スワリングしただけでとろっとした感じが手に取るように。
香りはパイナップルっぽいような酸に、ミルキーさ、少し枯れた感じ。
最近の中でいえば花巴や舞美人などが近いでしょうか。


ふむふむふむ。
山廃らしさもあるけど、綺麗な山廃ですね。


つるりとした口当たりで、クリアーな印象です。
味わいはどうだろう。
酸が美しい、酸基調の流れです。
甘みは少ないですが、香りがサポートしてくれますね。
独特の乳酸ぽいようなコク。
そしてやや枯れた雰囲気の旨みのコク。
綺麗な流れを損なわずにそのまま流れます。
ややドライかつパワフルなフィニッシュ後、余韻のところで枯れた風味がぶわっと広がるのは熟成でしょうね。



個人的にはもっと甘いのが好きだけど、十分美味しい。
酸度2.5とは思えないな、もちろん得るけどそこまでキツくは感じさせない。
柔かくてきれいです。

いい具合に育っている途上かね。
ほんのりミルキーな甘み&フルーティなニュアンスもありジューシーです。
パワーのある旨みは熟成とともに、やや枯れた雰囲気ですね。

やっぱり関西系の味わいだと思う。
バランスはよく、造りは上手だと思います。



あーかなり良くなってきましたね。
甘みが出てきて、五味と調和、蕩けるよう。
フルーティさと、独特の苦みはこの系統のお酒によくあるものでアクセントですね。
熟感もあるけど、少し抜けていい塩梅。
これはよくでてきて、かつ良く育った山廃ムロゲンです。
最後すっと酸が爽やかにしめつつも、余韻はビターな旨みのニュアンスが。
常温くらいのほうが良いか?
エレガントでもありパワフルでもある。
そんなお酒。
いいよ、なかなか。











お燗。
お燗はやっぱりガッツリ熱めから。
うお、なんだこのクリームみたいな香りは。
うーん濃厚。
ビビッドな酸が爽やかなんだけど、クリームのようなニュアンスの優しい甘み。
旨みはミルキー&ドライ。
いいですねえ。
冷めてくると酸が存在感を増し、フルーティさが高まります。
これも良し!
でもやはり最後の部分の熟感が出るので、熱めがいいかなあ。














足が痛い気がするのと、天気が悪いのとでご無沙汰だった登山。
ようやく晴れたということで、本当は行きたくない休日ですが行ってきました。

今回はリハビリということで、また初級者向けの低山から。
棒ノ折山(棒ノ嶺)、969メートルです。
棒ノ折山といえば沢登りですね。


マップとかはこちら、西武鉄道のWEBサイトで。
西武池袋線の飯能駅起点、バスですね。
行程9キロ、コースタイムは片道2時間半かからないくらいみたいです。







まずバスが激込み。
ぎゅうぎゅうで次のバス待ちの人も。
後ろの方で気づかなかったけど、到着間際にガキが車内で吐いたり阿鼻叫喚だったようです。

バスで40分、さわらびの湯、または川俣名栗湖入り口というバス停で下車。
さわらびの湯からのほうが近いですが、寄らないバスのほうが本数は多いのかな?

8時50分スタート。
まずはアスファルトの道を歩いていきます。
少し歩くと有間ダムに。
ダムの上を歩いて渡ります。
峠があるからかバイクあり、車あり、ロードバイクあり。
ダムを渡ってさらに少し進むと登山道入り口。
ここまでで20分くらい。




登山道に入って少し登ると、すぐに沢登りが始まります。
まーここも混んでてやっぱり休日は登山なんて来るもんじゃねえなあと。
団体とかはっ倒したくなりますよね。
途中鎖場があるんですが、ノロノロ登ってるジジババがいてね。
その後ろについてるクソデブ山ガールも下手くそだからさらに大渋滞。
沢で濡れたくないのか足取りもおぼつかないしさあ。
何のためにゴアテックスの靴に防水スプレーぶっかけてきてるんだよお前ら。
僕も初心者なんであまり言えないですけどね。
このレベルでモタモタ、道も譲れない、パスもできないやつが来るなよという。


というわけで登りはジャバジャバちょい強引に沢を突っ切って急ぎ足で邪魔な奴をパス。
沢は下りで楽しむこととしました。
10時過ぎかなあ、沢ゾーンが終わったところで休憩。
ここから後半は、しっかり登らせてくれます。
久々なのでひーひー言いながら頂上へ。
11時着だったので2時間ちょい。
頂上は広め、眺望もよし。


早めに、サクサクくだって人が少なくなっているであろう沢を目指します。
途中、お前まだこんなとこにいるのか……と渋滞の時にいた女やらジジババ。









順不同でだいたいこんな感じ。
こうやって見ると結構ちゃんと沢ですね。
最後の写真が渋滞ゾーン。

いやとにかく人が多いんですよ。
コンバースで登ってくるバカ、それも大学生ならわかるけど主婦風もいるくらい。
ただ帰りは流石に人も少ないんで、早めに下ってくればのんびり遊べます。
沢じゃないルートで下る人もいるのかな。
やや逆光だけどちょうど日が差して綺麗に写真撮れてるね。


下りは写真パシャパシャした時間も含めて2時間かかんないくらいでおりてきました。
13時すぎには麓のバス停地点へ。

さわらびの湯という温泉施設があるのでひとっぷろ浴びて帰るのですが。
これまたショボい。
ショボいうえに高校生の団体なんか受け入れてるもんだから激込み。
シルバーウィークの日曜にクソショボ施設のくせにガキの団体なんか受け入れて何がしたいんだよ。
温泉もほんとに温泉か?って感じのお湯で何から何までショボい。
帰ってきてググったらやはり皆さん想うことは同じなようで。
この手の施設にしては珍しく評判の悪いこと。
唯一のウリは物産コーナーでやたらヤマノススメグッズが充実してることくらいだよ(笑)








だいぶ毒を吐いてしまいましたが、混んでいることをのぞけば良い山です。
沢は楽しいし、登らせるところはちゃんと登らせてくれます。
眺望も良いしね。
ぜひ平日に行ってください。

個人的には久々で少し不安でしたが、特に問題はなく。
脚もとりあえずは大丈夫だったし。
そういえば今回はサポートタイツなしで登ったんだけれど。
サポートタイツがいかに無意味なものか知りました。
大差ねえよ、買う必要なし。





以下余談(いや本題か?)。
飯能駅に戻って、天覧山でも登ろうと思ったけど流石にだるいので。
酒屋さんに行きました。




丸屋酒店さん。
飯能駅から歩いて10分かからないくらい。
棒ノ折山からなら、本町というバス停でおりれば目の前です。

名門酒会系かな?
そこそこ揃ってます。
酒屋さんとしてはおっきくて、そのほかの酒類や食料品もある。

飯能といえば天覧山の五十嵐酒造さんで、今は五十嵐のほうが有名だけど。
ちゃんと五十嵐もありましたし、喜八郎というややハイグレードなシリーズも。
風土記というこのお店と五十嵐酒造さんのオリジナルコラボ商品があってそれを買ってきました。
看板商品のはずなのになぜか常温保存だったのは???だけど。














而今で。
ほんとはもう少し寝かせる予定でしたが、気分が乗ったので。

雄町なんですが、今年は生も飲んでいます。
今回は火入れ。
先日吉川山田錦と東条山田錦の飲み比べもしてきました、店で。
同じ50ですし、その辺とも比べられたらいいな、自分の中でだけど。


20160925_173034~01

20160925_173100~01


いただきます。

いいね。
ちょっと綺麗めかな。
山田2本と比べてもね。

甘みは小ぶりで可愛らしい。
而今らしい含み香も、生に比べればスイっと少し淡めに香る。
そしてばしっとミネラル感。
気持ちいいね~このミネラル感は。
かちっと、気持ちの良い粒立ちというか。
而今の火入れはちょいガス残ってたりするけど、まさにそんな感じはある。
瑞々しさ、フルーツなフレ―ヴァ―が控えめに。

さくっとキレます。
やや切れ味鋭め。
ちょっと辛いくらい、ここまで鋭いのはあまり経験がないな而今では。
でも苦くならない絶妙なバランスですね。
山田2種ははじめシロップぽく甘くて、あとからミネラル感出てきたんだけどな。
まあお店とお家は違いますし。

あえていえば、ちょっと甘みが引っ込みすぎかなあ。
もともとか、少し寝かせたせいか。
控えめだけど、蜜っぽくはある。
もっと甘めの而今を知っているから物足りないのかなあ。
まだ口開け直後だからこれから出てくる可能性もあるけれど。
そのぶんするっとは飲める。
綺麗ですね、酸もちょうどいい。
ふにゃっと柔らかさもあるけど、その輪郭をシャキッと整えてる。


うーん。
やっぱりにているのは仙介の純大。
ぶっちゃけ火入れなら、仙介の生のほうが良いべ。
いや而今はやっぱり好きだし美味いんだけどね。



2日目。
うん、昨日より良いくらい。
安定の而今臭に、ややスッキリめの甘酸。
香りとのハーモニーがまたよし。
そして鮮烈なミネラルの輝きでスパッと。
而今はどれ飲んでも而今の味わいにきちっとなっているのがいいね。
さすがです。


3日目。
熟れたメロンの風味が強く。
甘みは維持できていますね。
それでもホロリとした口どけのミネラル感はまだまだ。
クリアーで優美な酸の流れがうっとりさせつつも、すぱっと切らします。
これぞ音速のキレ。
キレがいい=辛いではなくて、ちゃんと甘く香りもある。
でもキレ感はこれまで飲んできた而今の中でも強いなあ。


生は、こまけぇこたぁいいんだよ!!的にガブガブ行くのがいいけど。
味もはっきりしてるし。
火入れは上品繊細かなあやっぱり。
温度もすこし室温になれたくらいのやや冷えくらいがいい。
あとはワイングラス。
しかしフルーティなんだけど、穀物的深みがあるのがいいなあ。















愛媛のお酒ですね。
初雪盃です。
3年くらい前に松山にいったとき酒屋でみたな~。

福井産五百万石55の純吟。
直汲み生原酒の23BY、がっつり熟成酒です。
入荷は今月で、蔵元からの再入荷分だった模様。



20160922_003659~01

20160922_003431~01




そんなに色ついてないけどね。
頂きましょう。

比較的香りますね。
パイン、フローラル、バニラ、柑橘。
さらっと上品なお菓子のような甘み。
ほんのり酸も入ってまだフレッシュさも感じるくらい。
とろっとしつつ透明感もありますよ。

熟成酒らしい質の高い甘みが伸びること伸びること。
ここから熟成感が出てきます。
ナッティな感じがありますね。
でも飲んでいてうえっって感じはそんなにしないかな。
少し枯れたような風味とともに表に出る瞬間はある。
程よく練れた旨みは、甘みと一体となって広がります。
フィニッシュはとろっと、比較的スムース。
少しじわっとドライなタッチが残るかね。

なるほど。
熟成酒なので、その風味がところどころ顔を出すのは嫌な人もいると思うけど。
このお酒はとにかく甘みですね。
最初から最後まで、品の良い甘みが存分に味わえます。
トロピカル&フローラル&スイート。
純度の高い、上質な甘みがとにかく続いて幸せ。


あーフィニッシュから余韻のとこでは熟感が出るけど。
それ以外は別に古酒好きじゃなくても気にならずに飲めるかなあ。
だんだん酸もできて、パイン感のシロップみたいな雰囲気も少し。
お米の枯れたニュアンスなのか、ある種の苦みっぽくでて立体感、アクセントになっている。
これは独特だけど、よく作用していると思うけど。
ただ甘いだけじゃない。

あーでもこの甘さはとにかく幸せですね。
純度高い、深い。
けど柔かくて、かつサラッと軽やかに溶けます。
これ新酒もある蔵だけど、熟成酒ばっか出させてるのもわかりますね。
しかも3年熟成のくせに綺麗に香るなあ。
本当にトロピカル&フローラルだ。
これは美味いね、俺は好きだ。



一応お燗もやっておきましょうか。
冷やがどんどんうまくなってきたので、お燗は少なめでいいか。
ほっこり香とフルーティの競演。
おおお、燗もクソ美味い。
なんだこの優しいミルキーな甘みは。
さらに軽くなって優しい!
たまらんなコレは。
かえっていやな熟感が消えますね。
でも奥に熟成酒らしい良く練れた旨みが、甘みと調和。
さらっとした入りから、深く潜るような甘みと旨みのハーモニー。
そこに微妙に酸が絡んできたりしちゃってパイン?
こりゃいいわ。
この燗やばいぞ。
軽いけど深くて、スイートだけどフルーティだ。




こだまさん、ありがとう。
一度こだまさんの熟成酒は全部やっつけちゃわないとダメだわw
あまりにも出来のいいのが揃いすぎ!



2日目。
味がとんだかなあ。
あとはやっぱり、ナッティな熟感がけっこうある。
フルーティさもあるんだけどね。
これは嫌な人は嫌かもなあ。

今日は冷え冷えはダメっぽいので、常温に近いところで勝負かな。
不思議な感じだなあ。
フルーティな香りと、熟成っぽいビターなニュアンス。
やっぱりややスッキリとしてしまった。
それもミルキーな甘みは健在。
旨みがあり、後半は酸なんかも感じさせてサラッとフィニッシュ。
でも余韻は熟成酒っぽい。

燗も昨日の特別な感じはないかなあ。
それでも美味いけどね。
フルーツ感と熟感の絶妙なコラボ。
だいぶすっきりしたけど甘み。
今日はお燗のほうがやや苦みが出ますね。
でもやはり甘みの広がりと伸びは幸せですねえ。








大好きなワイン、ラ・グランド・コリーヌのちょっと変わり種。

PというのはポートワインのPだそうで。
ミストラルにより過熟してしまったグルナッシュからできたワイン。
葡萄の糖分が高すぎて、途中でアルコール発酵が止まり、葡萄本来の糖分が残っています。
それのノンフィルターを、洞窟カーヴで9年熟成させたもの。
だって。


ミストラルとか10年ぶりに聞いたわ。
フランス南部、アルプスから吹き下ろす地方風ですね。
高校時代どの教科よりも地理が好きだったんですよ。
地理のおかげで大学に合格できました(笑





20160920_225555~01




ロゼが熟成でちょっと茶色くなった、みたいな色合い。
レンガ色というのか?
妖艶な香りが、香る香る。
プルーン、無花果のコンポート。
黒糖や優しいカラメルに、シガ―。
でもストレートにブドウ、フレッシュな酸もあるのはここのワインらしい。


おもしろ、つか美味い。
まずガス感。
ブドウジュースそのままな香り、そして甘酸っぱさは健在。
ただそれだけじゃない複雑なニュアンス、熟感の演出が絶妙に。

ガスとタンニンのコラボが気持ちいいですね~。
抜けても面白そうだけど。
かなりガスがあるんですよねえ。
ちょっとしたスパークリングレベル。

個人的には一晩一杯ずつ寝る前に飲んでみるのが面白い。
と造り手の大岡さんのコメント。
それも初めは栓をしないでガスを抜けと。
うーん、でも今でも好きなんだよね、どうしよう。
半分くらい飲んで、あとは指示に従おうか。


グラスに注いで、スラリングして、少しほっとく。
まだあるけど、ガスは少し抜けた。
ふわりとした柔らかさがありますね。
ほっとする優しい素朴な甘みと、フレッシュながら粗くはない酸。
熟感というか、シガ―っぽいニュアンスが、大人ですねえ。
ナイトキャップにこれは確かにかっこいいわ。
僕が若い女の子で、年上男性に寝室でこれ出された惚れるね。


ここのワインは、本当に日本酒好きにもおすすめ。
これは変わり種だけど、通常のル・カノン・ルージュなんか最高ですよ。
このブログの愛読者なら気に入ってくれるはず。



2日目。
初雪盃の後もあるけど軽い。
ガスはまだまだ。
フレッシュなブドウジュースに、蕩けるプルーンのような味わいがプラス。
そんなかんじ?
うめえなあ。












WHAT'S NEW?