Post image

J.バリー ミレジム1998 LMDW60周年記念ボトル

山和がいまみっつだったので、何を思ったか鍋くいながらラムを開ける男。目白の田中屋で、上のほうに並んでるうまそうなのから選んでもらっらた1本。カリブ海周辺諸国を中心に、サトウキビを用いて造られる蒸留酒、ラム。旧植民地時代の宗主国に基づいて、スペイン系、イギリス系、フランス系の3種があるそうです。その中でも酒オタみたいのに人気でハマりやすいのはフランス系みたいですね。J. バリーもそのフランス系で、フラン...

Post image

百年の孤独/黒木本店

時々こういったことがあります。いただきものの、百年の孤独です。酒好きに酒を送るのほどやめといたほうがいいこともないですよ。とはいえ、一世を風靡したプレミア麦焼酎。ありがたくいただきましょう。どうやって飲んだらいいんだ?別に焼酎も嫌いじゃないし昔は結構飲んだこともあったけど、最近は全く飲まないからな。とりあえずロックにしようか。うーん。普通の焼酎じゃない?w風味が強いわけではないですね。まあスムース...

Post image

シードル ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン オーガニック

前回、ドゥ(甘口)をやった、ヴァル・ド・ランスのシードル。今回は中辛口、度数4%のオーガニック。これが基本のになるんでしょうか。あとはブリュット(辛口)もございます。またこれは飲みきりの250ミリサイズですが、750ミリのワインボトルサイズもあるようです。結論から言うとこのシードルは美味しすぎる。前回の甘口よりもさらにおいしいです。フレッシュなリンゴをストレートに感じる香り。飲むと甘口ほどジュースっぽく...

Post image

シードル ヴァル ド ランス クリュ ブルトン ドゥ

今年の夏はサイダーにはまっています。サイダーといっても炭酸水ではなくて、シードルです。ちなみにシードルを蒸留するとカルヴァドスになるわけですが、そっちは京都で飲んできたのでまた別な記事にでも。シードルについては、いくつか、手に入りやすい物をやりたいなと思っています。前回はマグナースのペアサイダーと、普通のを飲んだわけですが。今回はもうちょっと本格的っぽいヴァル ド ランス。ブルターニュ産りんご100%...

Post image

マグナーズ ペアサイダー

暑くなってきて、どうしてもあるのが日本酒だと重いなという場面。とりあえずビール教なんてクソくらえで乾杯から日本酒とか普通だろというのが僕の考えなのですが、さすがにこう暑いと気軽にグイッとやりたいときはあります。かつてIPAだとかクラフトビールなんかをカッコつけてやった時もあったんだけど、やっぱりあの酸×苦みは僕は受け付けないんですよね。少なくともビールは僕にとってはゴクゴクいけるものではないのです。で...