Post image

【800】龍力 奥吉川 ブルー きもと特別純米 生原酒 28BY

龍力です。兵庫の蔵元ゆえに、特A地区のお米をガッツリ抑えている印象の蔵元。米のささやきというハイクラスリリーズが5000、1万、3万と3種あったと思いますが。良くデパートで見かけますよね~いちどやりたいなあと思っていましたがなかなか機会がありませんね。これは君嶋屋のPB商品なのかな。横浜に行ったときになんとなく買ってきた1本。本当は磨き35の純大を出すみたいなんですが、収量が少なくて、磨き70の生もとでのリリー...

Post image

【792】醸し人九平次 CAMARGUEに生まれて、 2015

いやあ、まさかフランスでも稲作してるなんて思ってもいませんでした。それもアジアから持っていた、というわけでもなくフランスの固有種マノビ米で造っているそうです。フランスで栽培されているお米の中では心白が大きかったんだって。まあここでフランスというのがいかにもシャレオツ気取った九平次らしくてダセェなとも思いつつ(笑)こういったチャレンジは、大歓迎ですね。飛びついてしまいました。九平次さんはお米造りにこだ...

Post image

【718】櫛羅 純米 無濾過生 kodamaTuning 27BY

手持ちのお酒でどうもイメージ合うのが無くて、これを開けることにしました。純米と純吟をどっちも1升で買っていたのでレマコムを圧迫していたのもあって。詳しくは去年の記事でも見てください。以下、販売店コメントから抜粋。『米の甘味、特有の酸味、そしてかすかな苦味のバランスが絶妙』『軽い熟成感の中に煌く複雑な味わいがこの蔵を代表する味わい』昨年の篠峯、櫛羅を飲んだ経験から言うと全面的に同意です。今年は大阪で...

Post image

【700】澤屋まつもと 守破離 秋津山田錦 西戸1561-2

どうもテンション上がるお酒がなかなか無いんですよねえ。コレ外れたら大人しくしばらく休みます。いっそ秘蔵のゆきの美人1999でもあけて引退します。先日やったShuhari2014の上位版。前回のは東条産特上山田錦2014でしたが。これは東条秋津の西戸1561番地2号の畑でとれた山田錦のみを使用。一部では偉大なヴィンテージとの声も上がっている2014年産、26BYでそれは前回のものと同じです。酒屋からの案内では3年熟成となっていまし...

Post image

【682】松の司 純米吟醸 あらばしり 28BY

no.682なんかピントが合ってないな。でも良いじゃないですか銀の袋、遮光的な意味でも実利あるし。何回も言ってるけど、馬鹿の一つ覚えみたくカラフルな箔押ししてる蔵より全然いい。袋を取ってもちょっとアースカラーっぽいような配色に“生”の緑の文字がいいじゃないですか。センスのいい蔵ですよね。えー前置きが長くなりました。昨年末にブラックアゾラを飲んで素晴らしく良かった松の司です。基本的には寝かせの蔵なので、この...