Post image

ちえびじん 純米大吟醸 山田錦おりがらみ 27BY

ちえびじんの2年近い熟成品。これ全く同じものの26BYを飲んでいるのにうっかり買っちゃったかなんかだったと思います。お酒自体は美味しかったんですけど、2年連続はつまらんしちょっと寝かせるかと思ったところここまで来てしまいました。山田錦48とはいえ生酒のおりがらみなので、どうなっているのかもはや恐怖しかありません。ただ瓶底みるとおりは極少でうすにごりレベルでしょう。まずは攪拌せずにいただきます。立ち香は熟成...

Post image

鷹長 純米

いい加減冷蔵庫開けていかないといけないので、積んでいる奴崩していきます。奈良で買ってきた鷹長。風の森の蔵の地元向けで、さらに生じゃなくて火入れ。あそこがレギュラーでどんなお酒を出しているんだろうと。そういえばちょっと風邪気味。鷹長ブランドでも純大、純吟、純米の菩提もととか色々出してはいるんですよね。生のお酒も出してたりするし。今回は本当に最低ランクの純米65、火入れです。おっ。田舎純米っぽさもありつ...

Post image

【776】王祿 渓 純米吟醸 直汲み 2015

王祿です。祿の字が特殊なので、普通に変換すると王禄になってしまい、うちのブログでもわざとどっちも使うようにしていたり。ちょっと後で整理してみます。すきな蔵ですが久しぶり。基本は丈径でよいと僕は思っています。超王祿が出たあたりからラインアップがよくわからなくなってきて。出雲麹屋があり、今回の渓があり、丈径があるのに同じ地元の米を使った純吟限定があり。それぞれ違った詰め口のバリエーションもあって、販売...

Post image

【766】会津娘 純米吟醸 山田穂 2012

いまさらなにをと言われそうですが、最近気になっている銘柄の一つです。会津娘。でも案外関東圏でもメジャーなお店での取り扱いは少ないんじゃないか?マチダヤと小山商店くらいか。でもどっちも常時おいてるタイプの店じゃないから。君嶋屋といまでやはあるか。いやでも本当に取り扱いは多くないんですよ。今回はいい具合の熟成酒があったのでこれ。山田穂の2012の5年熟成。しかしコレ、米のヴィンテージ的にもBY的にも2011じゃ...

Post image

【765】月桂冠 大倉記念館 超特撰 純米吟醸酒

月桂冠。まさかの月桂冠。日本酒マニアなら死んでも飲む事を拒否するという哀れな日本酒。というのは冗談ですが、京都伏見に行ったときに月桂冠の大倉記念館を覗いてきました。ぼくは仕込み水が飲みたかっただけなんですけどね。入館料を300円取られるのですが、かわりにコレをくれるのでチャラということなのでしょう。大倉記念館、超特撰、などと銘打ってはありますが、中身がスペシャルなのか一般商品と同じなのかは不明。磨き6...