福島県の天明。
天明の杜氏は蔵元杜氏の女性の方です。
明治37年創業の曙酒造さんでは初代以外は全員女性が後を継いできたという珍しい蔵元さんです。
やんどころなき事情によるものなのか、はたまた地域的な文化に起因するものなのか。
とにかく全国的にも珍しい、興味深い蔵です。
私、気になります!


それはともかく原料米の美郷錦は山田錦と美山錦の掛け合わせ。
秋田の大潟村でしか栽培されていないレアなお米です。

正直なところ珍しい米とか酵母はあまり好きではない。
本当に良いものならいいが、地方の特色に拘り無理やり使ってるものが多い気がするからです。
といいつつ酒未来とか愛山とかはけっこう好きなんですけどね。






余談はともかく本編。
オリは多いが細かく、撹拌すると黄色っぽいうすにごりという感じ。

上立ち香は甘酸っぱい。イチゴとかのベリー系?コクがあって官能的です。
おりがらみっぽさ、良い感じのイソアミル、甘さと酸味。
色々な要素が感じられます。

含み香もコクのある甘酸っぱさ。
ラベルからどっしり系を予想したが、以外にもそんなことはない。
軽やかでミルキーな甘みから、苦渋とともに広がる旨みなかなかの厚み。
同時に天明らしいハリのある酸が駆け上り、輪郭を引き締める。
爽やかな余韻を残して、最後はピリッと辛さで切らしつつ余韻を残しフェードアウト。

うん、さすが天明です。
この甘みと酸味の質はすばらしいものがある。ウマいです。
おりがらみとしても良く出来ているし、純米大吟醸の上質さも感じられます。

これは上澄みだけ飲んでも凄く良いかもしれません。
今日はいきなり混ぜちゃったな~ちょっと後悔。
明日落ち着いてるとよいのですが。

リリース後間が空いて飲むのが遅くなってしまいました。
出荷直後と比べてどうなんだろう。
しっかり味が乗っているので、すぐに飲んでおけばもう少し違ったかも?
夏めいた日も多いこの時期なら強めに冷やしてもお勧めです。

お勧め度は☆4.5











Tag:天明

奈良県の大倉
最近良い評判を聞くのでのんでみたいと思っておりました。
酵母は協会701号のようです。





洋ナシ?リンゴ?の香り。
柑橘系のようなさわやかな香りも。
穏やかだけど上品で心地よい甘やかな香り。
ぺちゃっとした嫌な感じがないのが良い。


含み香もリンゴ系。
お、フレッシュ!
特徴的な柔らかな酸と甘みがすっと駆け抜ける。
山田らしい味幅は、スムースさを妨げない程度で程よい。
6割らしく、ほのかに米のミルキーな味わい。
後口にムロゲンらしい苦渋があるが嫌な感じはしないね。

美味い!
この甘酸のバランスはグッド。
少し間違えると嫌らしくなっちゃうんだけど。

柔らかく上品なボディラインだけど、適度にぽちゃっと味が乗っている。
程よい肉付きの笑顔がチャーミングな大学生4年生か新入社員1、2年目て感じ(笑)。
嫌な雑味を感じさせず、酸にのってするする飲めちゃいます。
良いつくり。他のものみたい。

お勧め度は☆4.5


Tag:大倉 金鼓

愛知の醸し人九平次
兵庫県産山田錦 

スペックは以下のようです。

精白    35%
日本酒度  ±0
酸度    1.6
アルコール 16.5%






がんがんに香るわけではないが、上品な果実香。
穏やかながらもすっと綺麗に伸びます。
やはり例えるなら桃やメロンか。柑橘系の爽やかなイメージも。

軽い!滑らか!
極々ほのかな発泡感がありつつも、水のような透き通る感覚、さらりと品のある甘みと瑞々しい酸。
旨みが程良く広がりつつ、する~っと流れ落ちます。
切らすという感じじゃないのが凄い。

う~んこの気品はすばらしい。
五味のバランスもさることながら、滑らかで綺麗なタッチ。
こりゃあどんな食にも合わせやすい。

あえて言うなら優等生すぎてつまらないか。
開栓したてではなく、少しおいてからの方が良いです。

それなりに値は張りますが、見合うだけの価値はあります。
むしろこのクラスの他の酒に比べたら安いかも?
入手も容易だし、手の届かない価格でもないし。

ちょっとアルコールがたつ感じがあるのがちょっと気になるなあ。
でもこの香りを伴いつつするりと流れ落ちる感覚は凄い。
お勧め度は☆4




Tag:醸し人九平次

宮城県の阿部勘
阿部勘は県外用のブランドで、県内用は於茂多加(おもたか)。

原料米:山田錦
精白歩合:40%
酵母:宮城酵母
日本酒度:+4






上立ち香は控えめ。
メロン系かな。ちょっとアルコールを感じる。
淡い印象。

甘い含み香はなかなか華やか。
若干とろっとしたタッチからさらっとした甘みが滑らかに流れる。
いい感触。

中盤以降は山田のポテンシャルも感じつつ、基本はするっと。
都会的でスマートな大吟醸。
食べ物に合わせると良さが引き立つ。

こりゃあ食中酒。
食べ物に合わせると程よいフルーティな香味と上品な甘さが際立ちすいすいいただけます。
スミレのような香りがなどと紹介されていますが確かに繊細な花のような香り。軽やかな甘み。
お勧め度は☆3




Tag:阿部勘

秋田県、雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)。
雪のつもったかやぶきの家という意味らしいです。

スペックは以下のようだ。

米:山田錦
掛米:酒こまち
精米歩合:55%
アルコール:16度
酵母:自社酵母

日本酒度と酸度はよくわからん。






りんごのような爽やかな香り。
含み香も青リンゴをかじったような瑞々しさ。

すーっとのびやかに綺麗で水のような口当たり。
ほどほどの甘みがキリリとした酸の上に乗って、果実香そのままにつーっと滑ってゆきます。
きめ細かい旨みの広がりは程よく、どちらかというとスムーズさを意識した流れでするっとキレます。

美味!
さすが名杜氏髙橋藤一だ。
フレッシュだけど、渋いとか固いとか荒いとかがあまりない。
ふんわり軽やか、クリアー!

秋田は若手が頑張ってたり、有名な蔵が多いけど一番はここじゃないかな?
褒めすぎかな?
お勧め度は☆4.5

1日開けて開栓3日目。
香りが飛ばずに華やか。桃やパインのようなニュアンスも。
味の方も大崩れせずスルスルのめます。
秋田はいい蔵多いですが、案外ナンバーワンはここかも?






Tag:雪の茅舎

石川県より奥能登の白菊
素敵な名前ですよね。好きです。





おりは少なめでうすにごり。
香りは穏やかだが、おりがらみらしい甘い熟感、それが感じるがすっと抜けるような感じも。

口に含むとスムースで柔らか。
すっとしたきれいな口当たりからコクのある心地よい甘みがさぁ~っと広がる。
ジューシーだなあ。粒の小さい甘みだ。旨みが軽やかに伸び、原酒らしくじーんと。

表に出てくるのは甘みなんだけど、終始酸がキリッと引きしめます。
後半はアルコールの辛みで切らす。
やっぱり余韻の戻り香はおりがらみ。
マイルドに、ミルキーにしたようなパインというか?

いいつくりだ!美味い!
八反錦のおりがらみは大好物なんだけれど、それにしても良い出来だ。
時期が時期なので味が乗りつつこの透明感。

度数17~18度(!)。
飲みすぎ注意です。
お勧め度は☆4.5

2日目は落ちた。
重く、ぺたっと。
アルコール感も立ち平凡に。それでも旨いんだけど。
1日目の飲むなら非常にお勧め。

開栓6日目。
ちょこっとだけ残しておきました。
酢酸イソアミルのセメダイン香。
これはこれでありか?
面白い1本だった。





Tag:奥能登の白菊

愛知県の
変わり種のラベル、米、コンセプト、スペック。






色々な所で言われているが、確かにストロベリーの上立ち香。
ただし重めで癖がある。華やかに広がる訳ではない。

口に含むと酸と甘みが広がる。
含み香は酸の影響から爽やかな花のようなイメージも。
アルコールがたつのはこの度数なら仕方がない。
旨みと苦渋がふくらみすっとさばけます。

ん、温度が常温に近くなってくると甘み、濃厚さ、とろみが顔を出します。
酸の使い方は上手くて面白いと思います。
こりゃ熟成した方がよさそうだ。

パワフルなボディだが、フレッシュですっと捌けるところは良い酒だ。
お勧め度は☆2
うーん正直またのみたいとは思わない。




Tag:

静岡県の高砂
吟醸王国の静岡には珍しい山廃蔵のようです。
スペック的にはなかなか贅沢なものですね。





香りはそれほど華やかではないが質量はある。
イソアミルが強いように感じる。
プルーンとかナッツのニュアンス。

含むとコクのある甘み。
早めの段階でぐっと旨みが広がります。
ピリッとしたアタックのある辛口だが、甘い余韻を残しつつすっと。
全体を通して酸もうまく使っています。


これはなかなか旨い。
この間のんだ仙禽に近いな。
濃醇だけど辛みもありすっと飲める。

なかなか複雑な酒。
いい凝縮感と広がり、スムースさのバランス。
おもしろいな~日本酒。

用語解説。
槽掛(ふなかけ)。
槽と呼ばれる箱状の道具に、酒袋に詰められた醪を積み重ねて自然圧搾することです。
無理やり搾るのではなく、自然に滴り落ちる酒を汲んだものです。

お勧め度は☆4つ
日本酒好きの方にどうぞ。







Tag:高砂

山口県の長陽福娘
カネセさんの頒布会にていただきました。






香りはさわやかな甘みのブドウ系。
たぶん9号とかじゃないかな。

山田らしい厚みのある味わい。
ムロゲンだが時期的なこともあって柔らかい。
フレッシュな味わいではあるが、ガス感や荒々しさは感じない。
甘みをきゅっと引きしめるミネラリーな酸、苦渋を伴った旨みが広がりすっと流れる。

うん、味がしっかり乗っているがスイスイ飲める。
50と55じゃ随分違うな~という印象。
もちろん設計も違うんだと思う。
厚みがある。たださらっとしており杯が進みます。

甘口純吟の王道、お手本のような造り。
バランスがいいので、料理も比較的あわせやすいかと。
お勧め度は☆3,5






Tag:長陽福娘

三重の而今
山田50の9号ですので、どこの蔵でも見る最も王道の造りかと思います。

23BYの而今は今のところ居酒屋で一通りいただきました。
山田もすでに味わいましたが運よく手に入ったので。







上立ち香は甘くメロン、バニラ。
含み香は南国のフルーツ的なニュアンスも。
洋梨、マスカットなども感じる。


含むと生酒らしいガス感がありつつもキメが細かく滑らか。
フレッシュなな甘みがチャーミングだ。
酸味、含み香も伴ってすっごくジューシ-。
酸が嫌らしくたたないのが良い。あくまでも甘みと混然一体。

ボリュームある穀物的な旨みが程よく広がりわずかな苦み、渋みをともなってするりと消えます。
流石のキレ。

うめ~!
前に飲んだ時には本当に入荷したての開栓したてだった。
少し寝かせて整ってきた感じがある。

厚みがあり、幅もある甘口。ふくよかなボディラインだがべたっとせず透明感があってするするいける。
フレッシュだがカドがたたずに滑らかで上品。
火入れも楽しみです!

お勧め度は文句なしの☆5
ただしなかなか手に入らないのが残念。
















Tag:而今

WHAT'S NEW?