さて、冷蔵庫がいっぱいなのでサクサクのんでいきます。
休肝日はなし。
レマコム買うか、ボーナスで。

福岡の山の壽
このブログで紹介するのは2回目。
前回は山田の純米吟醸で、すばらしく美味かった記憶があります。
たまたま大吟醸を見かけて購入。

小さな蔵なのでタンク1本だけのこの蔵最高峰の1本。
スペックは非公開。
米は糸島産。







上立ち香は華やか。
メロンのような甘みに加え甘酸っぱいニュアンス。さくらんぼ?
すっきりとした感じもありさわやかです。

含み香良いですね~。これぞ大吟醸!
上立ち香より甘みを感じます。

舌先からさっとが広がる。
このわかりやすさが杜氏の目指すところなのかな。
なんだろう、この甘みがありそうでないというか。凄く良いんですよね。
先に頂いた純米吟醸を思い出します。
予想より上品で滑らか。あっというまにスムーズに流れていく。

フレッシュな酸が甘みと混ざり合いつつ、しっとりとした旨み。
よくよく味わうと旨みは幅があって、なかなか旨口の大吟醸。

原酒という事でもっと荒々しいかと思っていたが意外にも上品できめ細かい。
フルーティな含み香にこの蔵らしい甘みが最初にぱーんとくる。
酸としなやかな旨みが絡み合いするりと。
わずかに感じる苦みや渋み、アフターのじーんとした感じは原酒らしさだがいいアクセント。

バランスが素晴らしい。
繊細だが、芯が通っている。
華やかだが腰は座ってますね。

やはり造りのセンスを感じます。
今後も要チェックの蔵ですね~。
スター街道を駆け上がる予感をひしひしと感じます。
ただやっぱり石数はあまり増やさないでほしい(笑)

大吟醸も良いですが、純吟も良いですよ。
あんまり強く冷やしすぎないで。
含み香と甘みが活きるちょい冷えで。
こなれてくると凄く素晴らしい味わいですよ。
雄町も飲みたかったなあ。
火入れものんでみたい。

採点は☆4.5

2日目。
さらに綺麗になったか。
香り・味ともにちょっととんだような気が。
含み香はさわやかで良し。
アルコールの辛みがたつように。
美味いんだけどちょっとものたりない。
そういえば、東力士もこんな感じだった。
大吟醸ってゆーのは良くも悪くもこうなのかなあ。
そんなふうに思う貧乏舌。
大吟醸は甘めにふってあるのが好きだ。
もちろんこれくらいの方が好みの方も多いと思います。
重ねて言いますが今後注目の蔵の一つです。












Tag:山の壽

佐賀の東鶴
なんでも事実上酒造りをやめていたのを蔵元後継者が再開したという。
それが19BYとのことなのでまだ5造り目。
最近あちらこちらのお酒屋さんで見かけるようになってきた佐賀の新星です。

スタイリッシュなラベルが良いですね。
スペックは以下の通り。

使用米:山田錦
精米:60%
日本酒度:+4
酸度:1.8
アルコール度:17度





極々うっすらおりがからんでいます。
撹拌して。

上立ち香はおとなしい。
甘い香りだが、エレガントでさわやかな香り。
酵母は一ケタ系かな?何使ってるか気になる。

含み香と甘さのコラボが凄く良いですね。
すこしコクがあって上品な和菓子のような甘みがぱあっと広がります。
ちょっと変わった花のハチミツのようだ。
少しラムネのような香りも感じさわやか。
なめらかでほわほわ、いいですね~これは。

高めの酸が引き締め、透明感を感じさわやかです。良い甘みとのバランス。
旨みが程良くひっかかりすぎない程度にふくらみ、わずかな辛みと酸、渋みですっとキレます。


60%なんだが嫌な雑味はありません。
渋みが絡んだ旨みはしなやかで山田錦らしい。
感じのよい渋みが味を引き締め、メリハリが出てるし、すいすい飲めます。
余韻は短く爽快です。

これはいい造りですね~。(毎回言っている。)
四合で1500円、一升で3000円をきってくる普段のみの純米酒としてはお手本のような造り。

純米酒って趣きの酒でこの半期に飲んだものだと勝駒や田中六五かな。
田中六五とは同じ九州だし、あんまりハイクラスのものを作ってないしキャラがかぶるね。
どれも甲乙つけがたいけど、これが一番好みかも。

ああ~これは確かに自分が酒屋だったら売りたくなる。
これは純米吟醸を飲んでみたい。
もっと言うなら大吟醸・純米大吟醸も。

要チェックの酒蔵です。
採点は次まで割愛。

開栓4日目。
いーい感じのセメダイン香。
しっとりとした甘酸が良い。
もちろん荒さもありますが。
ほんといいお酒だと思います。










Tag:東鶴

広島の富久長。
八反草は八反錦なんかの源流となった広島の幻のお米だそうです。

スペックはラベル参照。
酒母米・麹米は50%精白の山田錦。

ここは女性杜氏だったり、幻の米だったり何かとイロモノ臭のする蔵ですがしっかりしています。
軟水醸造法をあみだしたのはここの蔵です。
何かと面白い蔵。






柔らかなバナナ香。とろりと甘やかです。
穏やかだが爽やかさも感じなかなかよろしいです。

含むとやはり甘い香りだがコクがあるように感じる。
常温に近いと、とろりととした優しい舌触りの甘み。
冷やすとさらりとした甘み。

苦渋とともにコクのある旨みがふ~っと広がると、
同時に酸がきりっと輪郭を引きしめつつきゅっとミネラリーな余韻でフィニッシュ。

上手い造り。
おそらく米の特徴であろうミルキーなコクがいい。
とろりとした甘みを締める酸の使い方が素晴らしい。
しっかり飲みごたえがあります。重いわけではないですが。
ただちょっと飲み疲れするかもしれません。
少し冷やし気味で,ばらさずにスイスイ軽やかな甘みを楽しむのがお勧めです。

料理は色々合わせてみたいところです。
魚とか、魚系の出汁のきいたもので飲みたい気がします。
採点は4.2

2日目。
やはりバナナのような甘い含み香が良いですね。
とろりとしたタッチから上品な甘み。透明感もある。
五味がまとまってスムーズにとろりと流れ込む。

これはいい!
採点4.4に変更。




Tag:富久長

吟醸王国静岡の帝王、正雪
今年は静岡県新酒鑑評会、吟醸酒の部2年連続知事賞。
僕はこの23BYは愛山の純米吟醸をいただきました。
愛山は2期目の仕込みで、昨年は無難にまとめた感じでしたが(それでも美味いのですが)今年はすばらしかった。
ベテラン杜氏山影純悦と若い杜氏がかみ合って、乗りに乗っている蔵だと思います。
スペックはラベル参照。





流石の吟醸香。
ぶわっとくるこの蔵らしいイソアミルの香り。
よくセメダインに例えられるが、甘やかな何とも言えない心地よい香りです。
フルーツで例えるなら完熟バナナにちょい爽やかリンゴブレンドと言ったところか。

含むと軽やかで透き通った甘み。
甘く柔らかな含み香が抜群。
香りと甘さがものすごくマッチしていて芳しい。
さらりと優しく軽やかなタッチ。
上品なコクのある甘み。
絶妙な加減の酸との一体感。
味わいに奥行きを加えるしなやかな旨み、余韻を残しつつもすーっと。
ほんと嫌な所が浮かないなあ。

円い五味の調和がありつつ、透き通る。これは流石の一言。
ここの蔵のこの香りと、ほどけてきたときの淡雪のような軽やかで上品な甘みが大好きだ。
個人的な好みとしては五指に入るお酒ですね。

結構甘めのつくりなんですが、日本酒度+6なんですねえ。
甘めにふってるぶんだけ辛めで切らせてるのかなあ。
ほんと数値は全くあてにならない。

あえて言うなら、純米吟醸愛山で十分な気も(笑)
採点はもちろん5.0

料理にもあわない事はないが、基本酒だけでクイクイいけるタイプ。
この値段を1日で飲むのはもったいないなあ、我慢出来るかなあ。


にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村



Tag:イチオシ 正雪

岐阜の房島屋
夏のおりがらみです。
おりは少なめ。スペックは裏ラベル参照。





さあ、今日は忘れずに上澄みを飲む。
いつも我慢できない駄目人間です。

お、結構香り高い。
パインなどのトロピカルな香りや、グレープフルーツのような酸味を感じる香り。
含むと香りに乗ってコクのある甘みが膜を張るようにさぁっと広がる。
すると房島屋らしい酸が現れ、甘旨がじわっと広がり余韻を残してフィニッシュ。
少し残る苦みがなんともイイです。

ちょっとトロピカルなグレープフルーツ炭酸?
甘いけどドライでさっぱり。

さておりを絡めて。
香りはトロピカルな熟感と甘さが際立ちます。

含むとおりがらみらしくきゅっとした感じから、酸を先ほどより感じます。
コクのある苦渋な旨みと絡みさっぱりと流れ落ちます。

香りは甘やかですがけっこうドライです。
細かい微発泡だけど勢いはけっこうあります。
全体的に夏酒としての設計なのでしょう。

室温に近くなると、開いてきたのかメロンやブドウのような甘ーい香りも。
うさぎのような?かわいらしいした甘み旨みがすっきり優しく味わえます。
おりの旨み、さらりほわほわなタッチもいいですね。
ただしあくまでもすっきり飲めますよ。

強めに冷やしてクール&セクシー。
なおかつキュート。
メリハリのきいた味わいの美酒です。
とりあえずビールなんてもったいない!
絶対お勧めのパーフェクト夏酒です。
7月8月まで寝かせたらどんな感じかなあ。


採点は4.7
明日の変化も楽しみです。

2日目。
香りも味わいも座りがよくなった。
熟感の強いトロピカルフルーツやグレープフルーツ香。
かわいらしい甘みが昨日より感じられるが、房島屋らしい酸がきっちり。
昨日よりは鳴りをひそめたが心地よいドライ感。
だけど柔らかくてとろりとしたタッチも味わえるんだぜ。
グレープフルーツのような苦渋な旨さが爽やか。


すばらしいお酒です。
来年ものみたい。
一押しの夏酒。まだ手に入ると思うので皆さんもどうぞ!


採点は5.0に。
勢いなのでぶれぶれです。あんまり参考になりません。

次回予告。
次は間違いなく正雪大吟醸。
その次は大信州か富久長か。






Tag:房島屋

栃木の東力士
金賞受賞!みたいなブランドには騙されない!!なんて言いつつおもいっきり受賞酒。

以下スペック。

■原料米:兵庫県産山田錦
■精米歩合:40%
■アルコール度:17度以上18度未満
■日本酒度:+4
■酸度:1.4
■アミノ酸度:1.2





上立ち香は思っていたより控えめ。
メロンやブドウのニュアンスがありつつ爽やか。
ちょっとミルキー?

含み香は爽やかな果実香+すこし穀物っぽい香りも。
キメの細かいさらりとした甘み。コクもあり上品な味わい。

舌で転がすとうっすら酸がきつつ、じわじわ旨みが。
ちょっとアルコールのアタック感?

しかし基本はする~っと爽やかな香味とやさしい甘みが駆け抜ける。
隙なくまーるく、良く出来たお酒です。

もうちょっと華やかな果実香のインパクトを期待したがこんなもんかね。
ちょっと飲むの遅くなっちゃったからピーク過ぎたか。
それともこんなもんか。

この時期なんで他にもいくつかハイクラスのお酒飲んでみようと思います。
値段もあるので採点は4.0で保留。

次回予告。
正雪の大吟醸か房島屋の兎心。

2日目。
ベリーや梨のような香り。
含むととろりとしたタッチの甘み。
すこーしじんと余韻を残しとろーんと流れる。
昨日より良い。
40%だとこれくらいなのかあ。
旨みの幅と綺麗さのバランス。もうちょい綺麗目にふったほうが個人的には好み。
価格を考えると……というのは人によると思う。











Tag:東力士

福島の写楽
会津産五百万石の50%。






上立ち香は控えめ。
イソアミル系でしょうか、爽やかな甘み。
柑橘系のようなニュアンスも。

とろりと優しい口当たり。
さらりとした甘み。
じわっと酸がききつつ、個性的な苦みをともなった米の旨みがじわ~。

甘口なんだけれど酸を使いつつうまくまとめてる。
独特の苦みが良いアクセント。
バランス良く良く出来たスタンダードな純米酒といった趣。
爽やかな香味に乗せた甘口でするする飲めます。
食事に合わせつつ気取らずに楽しめる一本。

悪くはないけどまあまあって感じかなあ。
近年いろんな酒屋さんがプッシュしはじめていた銘柄の一つ。

あれだけプッシュされると少し構えちゃって敬遠していました。
始めて飲みましたが期待しすぎか。
コスパはいいけどサプライズはないなあ。
採点は3.5といったところか。




Tag:写楽

滋賀県の松の司
AZOLLA(アゾラ)というのは水田に浮かぶ水草のことで、こだわりの地元産山田錦を使っているようです。
21BYの熟成酒。スペックはラベル参照。
21BYというと瀬戸清三郎さん最後の仕込み年かな。







黄みがかった水色。
りんご系の香りだが、やはり古酒らしい香り。
ただしツンとくる嫌な感じは控えめ。

含み香は爽やか。
上品でしなやかな甘旨がゆらゆらと。
中味で熟成香を伴ったちょっとミルキーな米の旨み。
すると酸がすぅーっときてすとんと落ちます。
熟成香?セメダイン?何とも言えない香味にのって甘旨がうっすら長く余韻。

あ、美味いな、いい古酒だ。
今年飲んだ古酒は車坂か。
あれよりは丸くて飲みやすい。
全体的にくどい感じがなくてすっきり飲める。
そしてなんといってもしなやかな味わいが良いね。
やはり米のポテンシャルと、それを活かす経験・腕なのかな。

古酒を味わいたい!という方にはお勧めの一本。
当然ですが食中酒としてはとっても良いです。
採点は4.2で。

今日のアテはイタリアンサラダと牛もものバルサミコソース。
そう、RF1です。家のみで洋風のもが食べたい時はRF1超便利。
どこのデパートにもあるし、外れなし。
値段も高くないしね。
ステマじゃないよ。えへ。









Tag:松の司

鼎(かなえ)。
長野県の大手蔵の若手が中心となってつくっているお酒です。
どうも噂によると美山錦の55%のようです。
味わいは確かに美山っぽい。





華やかな吟醸香。
ブドウやパイン。
華やかですが、嫌らしさはなく軽やか。
すこし落ち着いてくるとフローラルな印象です。
素敵な香り吟醸の予感。

含み香もブドウやフローラルなイメージ。
さらりとした甘み。
含み香と相まって良い感じです。
上質なタッチと透明感のいいバランス。
小と中の間くらいの粒感かな。

甘みに酸と果実の皮のような苦みが絡んできます。
わずかなアルコールの立ちが苦渋とからんで良い感じ。
美山錦っぽいクセが設計のベースか?

下で転がすと旨みはゆーったり広がりますが、幅は中くらい。
苦渋や辛みがたってきて、生酒らしい刺激を残し消えてゆきます。
甘めの余韻は長め。

水がいいのかな?
するする入っていきますね。
きもーち強めに冷やして、転がさずにすいすいいただくのが良いです。
☆4つ






2日目。あれ、昨日より良いかも。
甘く華やかな香りは昨日よりやや熟感が強いか。良いです。
さらに品よくキュートな甘みが凄くいい。
五味をうまくまとめつつ、つるっと流れ落ちます。
ミルキーな旨みがいい感じに出てきたのかな。
透明感もありつつ爽やか。
☆4.5に修正。
一升瓶で3000円以下というコスパを考えれば5でもいいかも?文句なしにお勧めです。













Tag:鼎(瀧澤)

WHAT'S NEW?