Post image

【79】風の森 純米吟醸 雄町 笊籬採り 生原酒 23BY

10月1日は日本酒の日らしいですね~。そろそろ新酒の時期も間近に迫ってきました。今日のお酒ともう1本一升瓶飲んで24BYかなあ。奈良の風の森。このブログでは前にレギュラー商品のしぼり華の露葉風を取り上げたことがあったような。今回は本命、この時期限定の笊籬採り(いかきとり)。なんじゃそりゃという方はぐぐってください。なんかすごい手法らしいです。抜栓はぽんっと良い音。林檎や梨、ベリーなど、熟したフルーツの...

Post image

【78】佐久の花 純米吟醸 山田錦 ひやおろし 23BY

またもや随分と間隔が開いてしまいました。風邪をひいてしまいまして。季節の変わり目ですので皆さまもお気を付け下さい。さて、今季2本目のひやおろし。長野県の佐久の花です。香りはイソアミルのバナナ香。わずかに熟成香のようなものがある。まずは冷やしていただきます。含むときゅっとミネラリーな酸が前面に。さっと平坦に広がります。かなり酸が高い。ゆっくり味わうと仄かな甘み、苦渋のある枯れたような旨みがじわーっと...

Post image

【77】秀鳳 特別純米 雄町 中汲み 無濾過生原酒 23BY

また随分と間隔が開いてしまいました。懇意にしている居酒屋さんの記念やら友人の結婚式やらで深酒してしまいまして。休肝日を設け、リフレッシュしての更新です。製造年月日は7月。基本的には酒蔵さんが出荷したタイミングで日をおかずに飲みたいのですが。そういかないときもあります。というわけで少し時期外れな1本。山形の秀鳳です。雄町55%。秀鳳は先日開催された雄町サミットで吟醸の部と純米の部両方で優等賞を取ってい...

Post image

【76】なにわ 純米吟醸原酒 ひやおろし 23BY

今期はじめての冷やおろしです!その名の通り、大阪のお酒。ずっと気になっていた銘柄の一つ。はじめていただきます。すいっと穏やかな上立ち香。さわやかな甘み、うーん、なんだろう。わずかに熟成香があってアクセントになっている。まずは冷蔵庫から出した直後、冷え冷えで。きゅっとしまった酒質。高めの酸がきいています。一拍おいて柔らかいあまみ、程よいふくらみの旨み。わずかに苦み、渋み。これは原酒っぽいか。さわやか...

Post image

【75】鏡山 純米吟醸 無濾過生原酒 おりがらみ 23BY

どうも最近更新頻度も内容もお粗末です。ちょっと飽きてきたのかもしれません。さて本日は鏡山。花菱に続いての埼玉酒。いま埼玉の日本酒と言ったら鏡山、花菱と花陽浴あたりじゃないでしょうか。神亀はちょっとな……。さて気を取り直して本日の一本。山田錦50%のおりがらみです。おりはうっすら程度。上立香はおりがらみ的なフルーティ感。たとえるならパイナップルですね。トロピカル。口に含むとしっとりとした口当たりからスッ...

Post image

【74】亀甲花菱 大吟醸 斗瓶囲い あらばしり 23BY

えらい久しぶりになってしまいました。あまり量が飲めないので一升瓶を買うとだいぶ間が空いてしまいます。さらにネット環境の変化などもありまして。さて埼玉の亀甲花菱。山田40の大吟醸、斗瓶囲いのあらばしりになります。うーん、贅沢だ。さて、香りはというと、メロンや洋なし、リンゴやマスカットなど。ありきたりな比喩ですが大吟醸らしい華やかな香りです。熟したフルーツの甘さですが、さわやかに香ります。キメの細かいタ...