Post image

【105】謙信 純米吟醸無濾過 直汲み火入れ 山田錦50 23BY

明日は誕生日だったりします。いよいよ二十代後半に。忍び寄る三十路に怯える昨今です。というわけで新潟の謙信。山田50の直汲みを火入れしたものです。酵母は9号。穏やかながらも甘やかでジューシーな果実香。あまーい葡萄という感じでしょうか。時間経つとバナナ香にも感じてきます。含むと軽っ!!柔らかく、なによりめちゃくちゃ軽やか。すぐにコクがあってなじみやすい甘みがあらわれ、凄く軽い口溶けでさっとさばける。柔ら...

Post image

【104】而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生原酒 24BY

久々に而今。本数が多いみたいで手に入りそうだったので入手しました。而今に限らず個人的な好みとして八反錦>千本錦なのですが、この間23BYの火入を飲んだらすごく味が乗っていて良かったのでムロゲンもあらためてじっくりり味わおうと。よく言われますが、ベリー系の香り。決して強く香るわけでば無いですが、ぱっとわかりますよね。しっとりと確かな存在感があります。含むとわずかにガス感。弾むように旨みが膨らみ、すっと切...

Post image

【103】山本 別誂え滓がらみ 純米吟醸生原酒 24BY

白瀑の山本合名会社さんから山本シリーズ。酒こまちの黒ラベルです。某酒販店さん限定のおりがらみ。あらばしりではありません。中汲みに、別採りの滓をわざわざプラスして絡ませたものだそうです。おりを混ぜていただきます。爽やかな立ち香。結構華やかでしょうか。甘さも感じ、何よりおりがらみらしい麹?の香りも。含むとブドウの香。これぞ新酒というフレッシュさです。やわらかい甘み。旨みはふくよかで、苦味渋みは若干強め...

Post image

【102】久礼 純米吟醸 槽口直詰 無濾過生原酒 24BY

高知の久礼。いただくのは初めてになります。吟の夢は山田錦とヒノヒカリの掛け合わせて作られた高知県初の酒米だそうです。その他スペックはラベル参照。わっかりやすいラベルでとってもよろしいです。香りは標準的な吟醸くらいの香り方。うっすらバナナ、ほのかにメロン、柑橘系?いかにもフレッシュな新酒というところ。含むとピリピリとしたガス感。溌溂とした酸がきらめきます。淡いメロンのような甘み、旨みの膨らみは中程度...

Post image

【101】華一風 特別純米 新酒 低圧しぼり 無濾過生原酒 24BY

ブログも100回を超えて思ったこと。それはまだまだたくさんの知らないお酒があるということ。飲みれたお酒や現在の自分の好みに固執することなく、新しいお酒にチャレンジしていきたいと思います。とうわけで今回は青森の新星?華一風です。華吹雪の55%黄色っぽい色。なかなか香りますねえ。リンゴやベリー、メロン、洋ナシ?甘やかな香りがふわりと可憐で素晴らしい質感の上立ち香です。キメ細かでなめらかなタッチ。キュートな甘...

Post image

【100】風の森 純米大吟醸 笊籬採り 山田錦 23BY

記念すべき100本目は奈良の風の森。23BY2本目の笊籬採りです。今期もう一本くらい飲んでおきたいと思っていたのです。これからいい状態になってくるよ〜という話を聞きまして。売り切れる前に買ってきました。キヌヒカリとか露葉風、秋津穂と迷いましたがあえて山田で。立ち香は穏やか。優しく甘い香り。時間が経つと徐々に色々なフルーツ香が感じられるようになってきます。含むとたまらないとろみ。シュワとしたガス感はとろみの...

Post image

【99】根知男山 純米吟醸 無濾過生原酒 一等米五百万石 24BY

新潟の根知男山。ブログでは以前にnechiを取り上げたことがあったはず。今回は新酒。五百万石の55%です。香りは控えめ。すっと穏やかな甘い香り。みた感じとろみが強めです「。含むと……おおお、とろり。滑らかでキメの細かいタッチ。これで新酒!?ブドウ的な甘い香りがします。五味のそれぞれの主張は控えめ。優しい甘み、寄り添う酸がいきいきと新酒らしさをプラス。地味にジューシー感あり。しなやかな旨みは何とも心地よいコク...

Post image

【98】王祿 純米大吟醸 袋吊り 斗瓶取り 2007BY

年末年始のお酒、第三弾。もう正月という感じでもありませんが。島根の王祿。2007だから19BYかな。全てにおいてトンデモスペックで王祿らしく期待大。これまであまり感じたことのない上立ち香。王祿っぽい甘旨酸を感じる香り+木のような少し枯れた香りかなあ。ヒネ的な熟成香は感じない。含むとたまらない滑らかな口あたり。やはり枯れたような穏やかな香り+仄かな甘さが。豊かで複雑な旨みが雄大に広がり、酸がゆらゆらと顔を出す...

Post image

【97】黒龍 八十八号 23BY

梵超吟に続き正月酒としてこれまた定番を。末広がりの八十八、縁起のよいお酒ということで。山田35の大吟醸ですね。上立ち香はかなり控えめ。わずかに爽やかな吟醸香が。含むと一瞬で喉に流れます。透明感と滑らかさ、軽さはさすが。仄かに優しい甘み、柔らかで生き生きとした酸。透き通るキレの中にコメの旨み。すこし苦み渋みがありますね〜。ちとおいてみましょう。透明感・軽さを損なわない程度のとろみ。繊細で上品な甘みが表...