鉄板中の鉄板酒。
鍋島の雄町。
今年は一升瓶です。

僕は勝手に『ナベオマ』と呼んでおります。
毎年『ナベオマさいこー!』などと叫んでおりますが今年はどうでしょう?





優美なメロン香、うーんうっすらブドウ?
これってカプエチに少しイソアミルがあるからメロンになるのかな?
しっかり香りますが、穏やかというか、品格がある。
相変わらずです。

含みもメロン。
甘さと爽やかさ、ガス感もありサイダーのようにも。

含むとじゅわっと少し強めのガス感。
すぐにビビッドでキュートな甘酸旨のハーモニー。
ところがはんなりとした優しさもあるのが凄いトコ。
素晴らしい調和は適度な膨らみと奥深い響き、美しく溶けてゆきます。

今年は味乗ってますね〜。
口開け直後ですがいきなり全開、ベストパフォーマンス。
今日暖かいこともあるのかも?
抜栓直後は硬くて、2日目がいい印象だったのだが。

生らしいアクセントを残しつつ収束。
酸とガスで切らしつつ、適度な重さというか存在感のある余韻。

ジューシーで、メリハリがある。
フレッシュな瑞瑞しさ、透明感にふくよかな味わいが同居。
軽やかな口溶けと滑らかさがあり。
苦味渋みがうっすらながーく残る余韻には甘やかさもあり。
不思議と次の一口、一杯を誘います。


やはり鉄板です。
日本酒の傑作、いや芸術品。
日本酒なんて……という人にはとりあえずコレ!

鍋島なら必ず抑えて欲しい雄町。
やはり今年も『ナベオマ』は最高でした。

風ラベルもいいんだろうけど小山さん限定だし。
僕も小山さん遠いんであまり出入りないし店でしか飲んだ事ない。
だれか風ラベルちょうだい(笑)





Tag:鍋島

福岡の山の壽
去年も飲んでますね。
今年は雄町だけチェックの予定だったのですがなんとなく購入。

ところが火入れと間違えて生買っちゃった。
基本的には出荷後あまり間隔をあけずに飲みたい派なので珍しいことになりました。







立ち香は華やかなフルーツ様の香り。
尖った感じがなく、しっとりした質感。
メロン、なんですが桃とか梨とか熟感の強い系統にも感じる。

含むと甘やかな香りが際立ちます。
とろりと奥行きのある甘み。
あ〜いいですね。
酸がいい仕事してまして、フルーツジュースです。
やっぱり桃だな。

少し寝かせてあるからなのか、華やかだが穏やかさがある。
ジューシーなだけではない。
旨みがしっかり乗っていて、ふくよかで適度な重さがある。
香りだけ、ではなくじっくり味わえます。

生なので全体に少し渋みがありますが、良いアクセントと言って良いでしょう。
最後まで甘さがとろーんとなめらかに静かに流れ、甘い余韻。
なにか澄んだ綺麗さまで感じるような引き際。
極めてよくできた秀逸なお酒です。

意図的にすっきり目に作っている大吟醸(去年のんだ)より全然イイ。
大吟のんだときううーん??って思ったもんね。
これは鉄板の美酒ですよ。

火入れはどんな感じになるのかなあ?
甘み残しつつ軽くスムースになっていたら素晴らしいだろう。
このとろみはのこっているのだろうか。
やはり雄町は飲みたいな。

2日目。
変わらずうまい!
わかりやすすぎるほとわかりやすい甘み。
それでいて均整のとれたボディは適度なムチムチ感。
やはり、忽那さんは凄いです。

しかし今日調べたらもう雄町でていたのですね……。
今年は火入れオンリーらしいです。
相変わらず反骨精神の塊のような杜氏さんだこと(笑)
仕事サボって買ってきたので詳しくは記事で。
次の次だから3月になっちゃうかな。





Tag:山の壽

新潟の謙信
スペシャルバージョンの活性にごり。
四合瓶ということもありそれほど苦労することなくあきました。

しかし米粒がすげえ。
ちなみにグラスはリーデルの脚なしのやつ。
香りが適度にたつし、使い勝手がいい。
こいつがメインでサブが利き猪口です。










立ち香はザ・にごり。
ほのかに甘い香り。
ブドウ、バナナ?

含むとじゅわりとガス感。
ブドウやバナナ、そして柑橘。
んーグレープフルーツ?苦味あるからかな?
とにかく含み香は素敵です。

ドライ感から爽やかな甘みが広がる。
やはりこの甘みが軸でしょう謙信は。
にごりの荒削りで濃厚な旨みがあるものの、本来の綺麗な酒質も見て取れる。
すいすい入るスムースさ、キメの細かさ、柔らかさがありますね。


パワフルな酸が引きの道を作り、ドライな辛味できれる。
非常に全体のまとまりがよく、サッパリ飲めるにごりです。
米粒はじゃまだけど(笑

24BYも勢いを感じる謙信
このにごりも元が看板商品の五百万石50なんで、文句なしのクオリティ。
元来の酒質にガス感もあり、ガバガバいけるので、飲み過ぎ注意!

今期は新潟限定みたいですが、来期は都内含む全国で売っていいと思う。
米粒抜きでね!(ここ大事)

しかし、これまたちょっと頑張れば4合飲めちゃいそうなのがなんとも。
お酒強くなってきたのかな?
これとも、ただのアル中か?

さて、2日目。
1合ほど残しておきました。
非常にうまい山の壽のあとにのんだのですが……やっぱりうまい!
鍋+山の壽と、若干ダレてきたところに爽快なガス感!

あー美味いなあ。
大人の葡萄カルピスサワー、旨みあり。
やはり謙信は大好きです。




Tag:謙信

宮城の宮寒梅
純大の直汲とえらい高スペックなのに1升3600くらい。
すてきなラベルに「一杯で旨い酒」という挑戦的なフレーズ。


地元で契約栽培したものという蔵の華は宮城県の酒米。
HPによると蔵で使用している酒米のほとんどは自社田での自家栽培米。
四季醸造の設備も整っているみたいで、なかなかに野心的な新進気鋭の蔵元なのです。








お、これは華やかに香ります。
トロピカルフルーツ、ベリー、メロン……うーんトータルではマスカットが一番しっくりくるかな。
華やかなれど嫌味はなし。

含むと華やかな香に、コクのある甘み!
これは(・∀・)イイ!!

ガス感は極々わずかに感じるレベル。
綺麗な酸が溶け込みフレッシュだが、しっとりとした質感が極めて純大らしく品が良い。

ミルキーな旨みは柔らかな膨らみながら、伸びやかでしっかりとしたボリューム感、僅かに苦渋。
甘みとの一体感があります。
そのまま酸のラインにのってスムースに柔らかく流れ、生らしいアクセントでフィニッシュ。
綺麗なさばけ。
甘やかなお米の旨みが素晴しい余韻。

これはわかりやすい!
凄く美味しいです。
この価格でこの味わい、質感、完成度は安い!!
甘みを軸にしたまとまり、バランスがよくスイスイ入るので飲み過ぎ注意です。

本当に、梅や桜が咲き始める春の柔らかで甘酸っぱい、どこか気だるいような空気感を想起させる味わい。

これは1本でファンになりました。
フルーティ甘口でしっとり系が好きなら絶対に飲むべき。
今期もう1本くらい飲んでおきたいかなあ。

実は東京では取扱店が少なく入手困難だったりします。
これはマジで来るよ!




Tag:宮寒梅

福岡の若波
近ごろちょこちょこ目にする注目の若手蔵元です。
杜氏さんは女性の方みたい。

シンプルなラベルが素敵ですがスペックがよくわからない。
BYも火入れか生かもわからない。
お店で聞いてくればよかった。
米は麹米が山田錦、掛米が夢一献らしい。
美味しければスペックなんぞはどうでも良い。美味しければね。







なんだろう、この立ち香。
甘酸っぱいような。果物というか花っぽいフローラルなニュアンスも?
少し米っぽい感じがあるのかな?
うーん??


含むとしっとりとたおやかな酒質。
こりゃ火入れかなあ。
もしかして23BYなのかな?

柔らかな透明感から少し苦味?
と思ったらゆらゆらっとチャーミングな甘み。
深みのある良い甘みです。
適度なキラキラ感があるフルーツ様の酸が溶け合い、綺麗に素敵ジューシー。
旨みも控えめながらしっとりとミディアムに。
独特のコメ味があるような気が。
心地よい甘やかさでふっと綺麗にフィニッシュ。

これは良いですね。
若手蔵元とは思えぬ完成度。
綺麗だけど可愛らしい大人の女性(26)という感じでしょうか。

この含み香はなんだろうな〜プルーンとか?
旨みなのか香りなのか少し独特なコクを感じます。
ううむ、良いですね。
素晴らしい甘酸のハーモニーが魅惑的です。

これは、僕は一火だと思うのですが、素晴らしく良くできた火入れ酒かと。
火入れはいかんともしがたい設備の差が出てしまうところなので、これは素晴らしい技術かと。
(ほんとに火入れならね)
第一回の福岡県知事賞とったのは伊達じゃねえな。
受賞酒買えばよかった。


シンプルなラベル、商品構成も好感がもてます。
冒険して欲しい気もしますが、この淑やかな質感がウリかなあ。
柔らかで穏やかながらも、心地よい適度な重量感とたしかな質感がある味わいの抑揚、波の押し引きがすごく良い。

値段も優しいし、飲食店なんかは重宝しそう。
洋食とゆっくり味わうといいかも。
ローストビーフのサラダとのんだらよかったです。
かなり好きですねコレ。

2日目。
良いですね〜昨日よりまとまってるかも。
この甘酸のバランスはいいな〜チャーミングな甘さ。
口溶けがよく、しっとり柔らかいが瑞瑞しさもある。
これは良いお酒です。

Tag:若波

やまユです。
新政ですね。

相変わらず革命家の佐藤祐輔さん。
今年も山廃か白麹酒母オンリーにするなど新しい取り組みにチャレンジしているみたいです。

そんな彼がここ数年トライしているトピックが生原酒で低アルコールなお酒づくりなんだそう。
この白やまユ、まさにそのラインです。

この点については業界全体の課題(というか悲願?)でもあって、あちこちの蔵がトライしています。
亀泉CEL-24なんかはまさにムロゲン低アルの代表格。
仙禽がワイン酵母で造ってみたり。
祐輔さんも『雪の茅舎』の杜氏の高橋さんに薫陶を受けてのことらしいですし。

ま、つまらない薀蓄はここまで。
興味のある方は蔵元駄文みてください。






6号なので立ち香は穏やかです。
柑橘系の爽やかな香り。

含み香は、あ〜新政!という香。
ひとくち、柑橘のような爽やかな酸が印象的。
わずかにガス感。
主張し過ぎない甘みが心地よい。
奥深い旨みはミルキーというよりいい塩梅の苦渋。
全体の綺麗さや透明感、スムースさを妨げません。

これくらいの度数だと、度数低いな!というのが丸わかり。
軽いけど、ちょっと薄いようにも感じてしまうかなあ。
しかし酸の質感が素晴らしくの本当にオレンジのよう。
オレンジカルピス、でしょうか。


酒こまちってなんか爽やかな酒質になる気が。
ポテンシャルを感じるお米です。
それともただ単に秋田の蔵のレベルが高いだけかな?

余談ですがやまユは寝かせても美味しいですよ。
1月に23BY白やまユを飲みましたが味が乗っていてすばらしかったです。
つか寝かせたもののほうが美味しかった?

実験的なラインだからBY違うと別物だし素直に比べられないのよね。
でもそれがおもしろさだったり。




Tag:新政 やまユ

やんま、です。
そんなにしっかり飲んだことありません。
昨年ブログで取り上げたことがあったかな。
言うほどの酒か??という思いも少しあっての再チャレンジです。

スペック不明。
ちと気難しい酒との噂なので、わずかですが早めに抜栓して冷蔵庫から出しておきました。






香りは控えめ。
バナナ系にすこし青リンゴ?
苦いような硬さもあって。
でもまだまだ湧いてきそうな気も。
酒っぽい感じで吟醸香というものではない。

含むと甘い香が鼻に抜ける。
なんだろな〜、だんだんメロンが出てきますね。

旨い酒です。
穏やかで優しい甘みが適度な重さの旨みと調和。
いい質感の旨みですね。
純米酒のようにじわじわ。
じわじわ大きく広がる旨みをじっくり味わう。
ゆ〜っくりなんですが大きなめの膨らみ、ふくよか。

最初は張り出しがキツく感じた酸ですが、雄大な旨みを引き立て中〜後半のたまらない旨さへと。
存在感のある余韻が次のひとくちを誘います。




とか偉そうに言ってたら急激に変わってきました。
軽くなってきました。
香はたまらないメロンや葡萄の甘さ。
明るい柑橘系の酸と穀物的?バナナ的?なコクも。
梨?うーん。これは素晴らしい。

柑橘系のような明るい酸+上質な甘みが見事な調和。
全体的に非常に軽やかで、コクがあるフルーツ様の甘み。
ミルキーなコメの旨みがあって。
すこーし辛味というか。ジンとする原酒らしさがあるも、スムースにフィニッシュ。
長めの余韻。

あーれ、ごめんなさいとっても、めちゃくちゃ美味しいです。
しかし振り幅でかいな。

これは素晴らしい。
キュートで官能的な味わいです。
とろりとした質感もあって。
こーれは美味しい。絶賛。

例えば、ブラインドで而今千本錦と比べてどっち選ぶかわからない。
本当に舐めてました。
大変申し訳ございませんでした。
土下座ものです。

ブレずにこんな酒作るなら終始おっかけますよ。
家のみで、3合以上のんだのブログ開始して初でしょう。
四合瓶明けちゃいそうで危ない。


2日目。
昨日の流れを踏襲し、美味しいです。
葡萄のようなコクのある甘さ、旨み。
しかし酸の張り出しが強くて、ちといやな感じ。
底の方ということもあってうっすら濁りで、どーしても渋みが強いかなあ。

間違いなく美味しい、のですが気難しい酒ですねやはり。
居酒屋さんなんかはどうしているのでしょうか。
ピークは最高!ですが、その期間が短い。
そんな不安定さと一瞬の輝きが魅力的なのかもしれません。




Tag:山間

埼玉の花陽浴
山田錦40の雫酒、中取りです。
今期早くも2本目の花陽浴となりました。
美山錦なんかも飲みたいのですが、あまり同じ銘柄ばかり飲むのはつまらないし悩ましいところです。






これぞ純大というような甘やかで品のある立ち香。
メロンやパイン。華やかです。

ひとくち味わうと山田錦らしい酒だなという印象。
とろりとしたタッチに甘酸。
ですがしっとりとしていてしなやかな旨みが基調。
苦渋がすこーし強めに。
ジンと舌に残る感じがするが、残る香りがここちよい余韻。

口開け直後ということもあり硬め。
少しおいてみましょう。

立ち、含みともに香が素晴らしく良いですね。
味わいも随分纏まってきました。
味わいがありしっとりしつつも、次第に綺麗さと軽快さも。
やっぱり酸がいいですよね〜。
じわじわと甘みも出てきました。
まだまだよくなっていきそう。

ただここは本当に低価格帯の造りが抜群にいいからなあ。
たしかな質感はありますが、あえて倍の値段払ってこのクラスにチャレンジしなくてもいいなという気もします。


2日目。
おいしいのですが、ちと雑味が気になる。
雑味がないお酒が好きというわけでもないのですが。
ここがピークのお酒ではないのでしょう。
底の方はかなり濁っていて、おりがらみ的な味わいも楽しめお得でした。







Tag:花陽浴

山形の菊勇。
特約店向けブランドの 三十六人衆です。
山田の50。







立ち香は控えめ。
僅かにメロンのような香りがあります。

含むとスムースな口あたり。
メロン的な香りをしっかりと感じます。

甘み旨みがじわっと膨らむ。
膨らみはある程度限定的で、全体的に水のようなスムースさがある。
キラキラ系じゃなくたおやかな酸がうっすら顔を出しつつ、ピリリと切れてフィニッシュ。

バランスよく、爽やかな味わいです。
瓜系の香味と、甘すぎない甘さが心地よくスルスル飲めます。
あらばしりらしからぬキレイめのお酒?

フレッシュさはありますがインパクトには欠けるかとはじめは思いましたが。
飲みすすめるほどに良さを感じる、そんなお酒かも。
次第にふくよかな旨みの質感が素晴らしく。
だんだん甘みがじわっと。
これ、うまいです。

この時期は室温が低くて、なかなか変化が感じにくいのかなあ。
コスパはグッド、食中酒にどうぞ。


追記。
抜栓3日目。
昨日は外でのんでしまいました。

軽快なコメの旨みがするするり。
かと思いきや中〜後口にかけてコクのある甘みが。
でもすっきりしてるんだよな〜。
コレ凄く良いです。


Tag:三十六人衆

福岡の繁桝





9号らしい穏やかな吟醸香。
爽やかで、やさしい甘さが感じられます。

スムースで透明感あるファーストタッチ。
濃厚な甘み、ふくよかな旨みがすーっと滑らかに膨らみます。
去り際もすーっと綺麗にながれ、甘やかな余韻。

甘みが主張しますが、綺麗で柔らかくエレガントな印象です。
華やかながらも軽やかで品格漂う。
素晴らしいお酒です。コスパもよし。

五割だけどよく出来た純米大吟醸ですね〜お酒だけで楽しめます。
山田錦×9号のよさがわかる気がするお酒です。




Tag:繁桝

WHAT'S NEW?