Post image

【124】七本鎗 純米 垂れ口直汲生原酒 玉栄60 14号酵母 24BY

滋賀の七本鎗。直汲を少し寝かせたものになります。珍しい組み合わせのスペックなので楽しみです。純米らしいきゅっとしまった香。穀物のふくよかさ。バニラのようなかぐわしさ。木のようなニュアンスも。含むと爽やかな甘い香り。セメダインかなあ。大人しめのガス感。厚みのある甘旨酸のふくらみ!コクがあって非常に旨い。滑らかにとけあい、嫌味なく流れます。ぐぐっと力強い余韻がステキ。恥ずかしながら七本鎗飲んだことなか...

Post image

【123】而今 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 24BY

へい、おまち!千本錦に続き今期2本目の而今です。やはり香りはインパクトあります。而今らしい甘い果実様の香り。ナシやベリーのニュアンスを感じるかなあ。含むと舌先にわずかにガス感。透明感があってつるりとしたタッチですが、雄町らしい柔らかさも。ジューシーな甘酸が絶妙なバランスでふわっと膨らみます。爽やかな渋みが素晴らしく良い仕事してますね〜。このお酒はよく洋ナシに例えられますが、含み香も相まってまさに!...

Post image

【122】上喜元 大吟醸 山田錦 荒走りにごり

山形の上喜元。山田錦4割の大吟醸、活性にごりです。恐らく23BYでしょう。あえて寝かせて出荷しているっぽいコチラのお酒。以前居酒屋さんでいただいたことがありまして。どうも出荷されたらしいとの噂を聞きつけ買ってまいりました。思っていたより活性が強い。念のためアイスピック使ってよかった。うごつきの教訓を生かした僕えらい。開け方教えてくれた居酒屋店主さんありがとう!含むと強めのガスがジュワジュワ。クリーミー...

Post image

【121】雪の茅舎 製造番号酒 純米大吟醸 生酒 24BY

新酒しぼりたても一段落。春酒、花見酒の時期ですがあまりそそられない。そんな時ぼくはこう思うのです。『そうだ、高い酒のもう!』そんなわけで雪の茅舎です。春酒ってコンセプト酒過ぎてなんかなあ。つくり込みすぎというか。まあクドいんだよね。口開けから淑やかに果実様の立ち香。巨峰や南国の明るいトーン。柔らかに香り、素晴らしい質感。含むと透明で綺麗な酒質。滑らかな舌触り。ほわほわと軽やかなタッチ。羽のような軽...

Post image

【120】写楽 純米吟醸 播州山田錦 生酒 24BY

非常にブレイクしている写楽。いちどブログでも取り上げましたが、再チャレンジ。立ち香は穏やか。バナナやブドウ、というより南国的な果実様の香り?なかなか良いです。含むとぱっと弾ける甘酸。ポップですがしっとりコクもある。これは良いです、これが写楽のらしさなのかな?品の良い甘やかな含み香もよし。しなやかでしっとり、コクのある旨味。しっかり甘酸を下支えし、じわじわ膨らみます。ビターな苦味がアクセントになり。...

Post image

【119】夜明け前 純米吟醸 生一本 しずく採り 24BY

随分ご無沙汰しておりました。休肝日、深酒、二日酔いなどございまして。長野の夜明け前です。長野なんで島崎藤村ですかね?生一本はここの看板酒らしいですがその袋搾りver.うっすらおりがからんで、うすにごりというところか。兵庫県産山田錦 の55% 日本酒度+1、酸度1.5、alc16.5度口開け直後は香りが硬いなあ。次第にメロン+うっすらおりがらみ、酸も混じるか。香り系ではなく、自然な甘やかさを感じます。含むとブドウのような...

Post image

【118】伯楽星 純米大吟醸 おりがらみ 本生 24BY

このお酒をいただくのは3期連続になります。今年は愛宕の松の純吟おりがらみにしようと思っていましたが。なんとなく飲み頃を逃してしまい。時に伯楽星らしくないと称される純大おりがらみ。ですが『らしさ』に華やかさが加味された素晴らしい1本だと思います。伯楽星は年末に残響をちょこっといただいた以来。最初から撹拌していただきます。みずみずしいフレッシュなバナナの立ち香。含むと甘やかなバナナ香。というかマスクメロ...

Post image

【117】櫻花開運 特選 純米吟醸 24BY

桜の開運です。桜の季節にはまだ早いですが、今日は本当に暖かでした。中身は特撰純米吟醸。なので特A山田の5割です。春バージョンのスペシャルラベルが素敵。透き通ったタッチに、うっすらと心地よいメロン香。淡く軽やかな甘みがさらり。すこーし焦がした砂糖のようなコクがあり。キラキラした酸との調和が素晴らしい。綺麗な輪郭を乱さない、絶妙な旨み。きゅっとミネラリーな輝き。ジューシー、すっと美しく切れる。メロン系の...

Post image

【116】山の壽 純米吟醸 雄町 火入れ 24BY

予告どおり山の壽、雄町。今期は火入れのみ。どうも昨今の生酒偏重ぎみの業界に物申したいらしい。もちろん火入れ技術に自信があるのでしょう。上立ち香は……なんだろう。チョコ+オレンジ的な?違うなあ。ダークチェリー?含むとメロンや柑橘、可憐なフローラル系や桃のニュアンスも。ワイドに張り出した酸。けっこうクリアな酒質?と思ったら、奥からすこーしビターな甘み。そしてどっしりコクのある旨み。その上をうっすら苦渋な...