秋鹿は思想蔵」
とある居酒屋さんの店主かそんな風に話しておられました。
米から自家栽培するシャトー型の造り然り。
熟成に対する考え方然り。
ちょっと個性的で素敵な蔵元さんです。

旨みたっぷりで、ゴージャスなお酒をということでこのお酒をチョイス。
無農薬で自家栽培した山田錦を5割磨き、およそ5年も熟成。
しかも雫酒。うーん、手間ひまかけてますね。


DSC_0508~01

DSC_0509~01~01

DSC_0510~01


うすにごり程度でしょうか。
立ち香は嫌な香りはせず。
ほんのりバナナ系や穀物のような香り。

含むと中程度の発泡感。
最初のタッチは綺麗な透明感が有ります。
乳酸系を思わせるような酸がきりっと出ますね。

次第にじわわ〜っと厚みのある旨みが顔を出してきます。
この何とも言えない、少し枯れたような旨み。
長期熟成の賜物でしょう。

初めて飲むとえっ?となりますが、癖になる旨みです。
あとをひく旨さです。

最後まで酸がきいていることあり、意外にも爽やかなキレ感も。
素晴らしい旨みがすぅ〜っと染み渡る綺麗な余韻。
フレッシュさを感じさせるような不思議な酒質なんですよね。

次第に常温に近づくとまとまってきます。
この高い酸と旨みのコラボは単なる日本酒の範疇にとどまらない力があります。

同じようなジャンルで最近飲んだのは王祿かな。
比べるとこちらの方が酸が鮮やか。
好き嫌いは好みでしょう。

次は燗をつけてみる。
ほっこりした旨みにビビットな酸!
あー贅沢〜。

このレベルだとさすがに家で飲むのが難しい。
しっかりしたお料理に合わせないと真価が……。
こゆの飲むと日本酒ってすごいな〜って思う。
懐が広い!


Tag:秋鹿

三重のです。
しばらく飲んでいませんでしだが、実力は太鼓判の蔵。
味わいは大好きでございます。
ここは全商品火入れなんですよね〜。

限定のプロトタイプシリーズですが実はレギュラー商品の別ver。
Nは雅乃智の直汲みということだったような。
うろ覚えですが……。


DSC_0499~01

DSC_0503~01

立ち香はリンゴやメロンでしょうか?
爽やかな甘やかさ。ラムネ?
いいですね〜期待が高まります。

含むと……わずかにガス感。
弱めです。ま、火入れですから。
驚くことにかなり強いものもあるようです。


そして溢れる果実様の含み香。
これは素晴らしい。
清々しい、魅惑の甘やかさです。

肝心の味わいはというと……軽やかなタッチ!
含み香とあいまって、爽やかな甘さが心地よい。
いい塩梅の酸が溶け込み、キラキラと粒子が煌めくような。

もちろんこの時期なので、味もしっかり乗っています。
次第にぽてっとしたコメの旨みがガスのつぶの合間から多様な側面をみせます。

細かな気泡がはじけ、ドライさでしっかり切らす。
最後まで素晴らしいクオリティだと思います。
さすが。

これはちょっとお高いスペックですがぜひ。
なお1升3000円をきるようなラインも驚くほど美味しいのがです。

はほんとにおすすめ。
特にビギナーには。
而今だけじゃないんだぜ三重。
いまやトップクラスの酒うま県よ!


5日で飲み切り。
最後まで細かい微発泡と綺麗さが続きました。
このへんは火入れの技術、設備でしょうか。
考えたら生っぽい火入れって最強ですよね。

フレッシュな果実様の味わいに、コメの旨み。
山田らしい幅のある上品さ。
日誌係太鼓判。見つけたら買いましょう。

Tag:

長野の十九
いつもオシャレなラベルですよね〜ここのは。
そのせいというわけではありませんが、しっかりのむのは初。

ラベルはブレーメンの音楽隊?
「poco a poco」というのはなに?
「ゆっくりゆっくり」、「少しずつ」という意味らしい。
正直ピンときません。

中身は等外米ひとごこち45%。
ですので規格としては普通酒になります。
3月瓶詰めで8月出荷。

1376992314717~01

香りは穏やかですが、パインのような香りがイイ!
含むと……ジュースィー!!

ほどほどの優しい甘み。
シャキッとした酸。
甘酸のバランスがよくジューシー。
第一印象はフレッシュな印象。

透明感がありますが、じわりとコクが膨らんできます。
じわじわとコクのある旨み、甘み。
なめらかな舌ざわり。

香りも相まってパインジュースといったところでしょうか。
辛味を感じさせつつ、さっぱりとのめます。

んまいっ!
等外米なんて関係ねぇ。
むしろ安いからウェルカムじゃい。

しかしこのラベルは個人的に賛否両論。
美味しいんだから、正統派ラベルもぜひ!
もっと十九という名を売ってほしい。
うまいんだから!




Tag:十九

実はいま奈良にいます。
用事にかこつけて1週間ほどの旅行中でして。
その初日なのです。

本当は居酒屋行きたかったのですが、時間的に厳しく。
酒屋さんで奈良のお酒を買いました。
花巴、山田の純米です。

DSC_0119~01

DSC_0121~01


立ち香は極々控えめ。
うっすらバナナ香。

含むと…軽い!
7割のムロゲンとは思えない軽やかな口当たり。
透明感があり、するする入ります。

爽やかな、柑橘を思わせる酸。
スムースさを妨げない程度の旨みも絶妙。
薄いのとは違います。

さっぱりさばけて、最後までスイスイ飲める純米酒です。
夏にはピッタリですね!
ゆるゆるながーく飲めそうなお酒。
他のも飲んでみたい蔵です。

Tag:花巴

滋賀の萩乃露です。
出品酒を造る前の『習作』として造られるお酒になります。
精白歩合以外は出品とほぼ同じ条件。
よって『吟醸』となります。


DSC_0004~01

DSC_0005~01

立ち香は……いいですねえ。
程よく落ち着きのある上品さ。
心地よいマスカットやメロン系の香です。

含むと……このクラスにしては舌触りが良いですね。
穏やかながら果実感あふれる甘さ。
爽やかな酸が絡まりジューシー。

カドがなく、非常に良いバランス!
出荷前に蔵元で5ヶ月囲っていたとのことですが素晴らしい状態です。

旨みもしっかり乗っています。
ミルキーでふわふわな旨み。
このへんは寝かせた成果でしょうか。

きもーち乗りすぎな気もしますが、これは6月に飲みたかったねぇ。

しかしアル添のよさかスイスイ飲める爽やかさ、伸びの良さがあります。
夏なので強めに冷やすとたまりません。

毎年人気のお酒ですが、素晴らしいコスパだと思います。
そーとー手間をかけたであろう、本気の習作。
他のお酒も飲んでみたい蔵ですね。

Tag:おススメ 萩乃露

いや〜また感覚があいてしまいました。
夏風邪をひいてしまいまして……。
ようやくのめます。

埼玉、亀甲花菱の赤ラベル。
某お酒やさんのPB商品です。

コメ違いで何種類がありますが、純大は表記なし。
麹米40の掛米50。


DSC_0018~01


立ち香はリンゴ、そしてセメダイン系?
穏やかに香る程度です。
同じような感じの含みのほうがパッと鮮やかですね。


含むとフレッシュな酸がぱっと。
グレープフルーツのような印象が。

そこから甘みが出てきて、旨みがぐぐぐっと!
おおう、これはなかなか良い旨口。

フレッシュな生酒を寝かせて味のせました、というような味わい。
瓶詰め5月だからねえ。
のりのりです。

まとまってくると……うん、王祿とかそっち系ですね。
価格的にも、丈径と比べるのが楽しい気がします。

これはこれでいいんですが。
早い時期に飲んでみたかったなとも思います。

Tag:亀甲花菱

WHAT'S NEW?