Post image

【257】雅山流 極月 純米大吟醸 袋取り 25BY

こちらも久しぶり、雅山流。ブログを見返すと第9回以来ですね!レギュラーのラインナップとしては最高峰の極月。出羽燦々40、一火の純米大吟醸。それにしては安いお酒で、1升5000円以内で買えます。い~い香りですね。南国系の果実やメロンのニュアンス。これぞ吟醸香。抜栓直後の低温でもしっかりと、すっと抜けが良く綺麗に香ります。やはり含み香も素晴らしいですね。濃密な果実様の香りがふっと綺麗に。柑橘や巨峰も感じるかな...

Post image

日誌係、酒のサンワに行く

トワイライト。ブルーモーメントというにはやや暮れすぎか。下町の香りを残す繁華街、上野。仕事帰り。スカイツリーの見える酒屋さん、酒のサンワを訪れました。何度か足を運んだことがあります。上野駅の入谷口から10分弱でしょうか。定休:日曜営業時間:11:00-20:00個人的には白岳仙や義侠がほしい時に行く酒屋さんですね。その他取扱銘柄は凱陣、十九、巌、鳳凰美田、宝剣、奥播磨、阿部勘など。ま、特に内容はありません。...

Post image

【256】天狗舞 純米大吟醸 涼吟 25BY

天狗舞とか久々っすねえ。夏酒というカテゴリになるのでしょう。山田錦の純米大吟醸です。速醸の火入れ。あまり天狗舞らしくないスペックかな。おおっと。梨やマスクメロンの吟醸香。あまーい。ややアルコールのアタック感。含むと角の取れた丸い口当たり。うるおいのある甘み。夏の朝もやのようなイメージ、夏の一日の始まりの昂揚感。これは旨い酒だぞというような。そこから抑制的な旨みがじわじわと立ち上がります。このへんは...

Post image

【255】たかちよ 豊醇無盡 赤 無調整生原酒 25BY

休肝日?なにそれ?去年くらいからでしょうか。とみに存在感を高めているたかちよです。「尽きることない限りなく豊かな味わい」な豊醇無盡(ほうじゅんむじん)シリーズ。スペックは基本的に非公開。扁平精米しています。色んなラインナップがありましたが、もっとも基本っぽい赤をセレクト。この蔵は基本的に一本〆というお米を使っていますが、磨きは48%みたいです。去年紫ラベルをのんでますね。実家に帰った時にのんだんだっ...

Post image

【254】而今 純米吟醸 千本錦 無濾過生原酒 25BY

而今の千本錦です。ちょっとだけ寝かせてみました。あんまり寝かせて崩れるのも怖かったので。きもち味のってるくらならうれしいかな。24BYも飲んでいますね。ベリーやパインのニュアンス。しっとりと香りますが濃厚ですね~。うっとり。含むとけっこうガス感ある。やっぱ味のってますね~旨い!これはやばいでそ。とろりと濃厚な甘旨酸。ところがジュワッとガスに乗って、口どけが抜群。ジューシーで雑味少なく、すっとキレよく。...

Post image

【253】霧筑波 純米大吟醸 雄町

茨城シリーズ、ラストは霧筑波。ここの蔵は何といっても小川酵母でしょう。明利酵母、協会10号ですね。最近はスーパー明利M310のほうがよく見るかな?この蔵は小川酵母一筋です。ざっくり説明すると、この酵母は東北生まれの茨城育ち。発見者の小川知可良博士が培養分離に成功したときに勤めていたのが茨城の明利酒類(株)だったそうです。もとになったのは東北のどっかの蔵らしいですが。地元に縁のある酵母ということで、小川酵...

Post image

【252】府中誉 渡舟 純米吟醸 無濾過生原酒 槽搾り 25BY

茨城酒3本目は府中誉さんの渡舟です。メインの銘柄が府中誉、太平海など。渡舟(わたりぶね)は山田錦の父親にあたるお米の品種です。つくば市の農水省の研究所に残っていた山田錦の父親米である渡船(2号)を復活させて使っています。いわゆる渡船のことで、滋賀系統で使っている蔵元も増えてきましたよね。実は今回の茨城シリーズの中では唯一、はじめてのむ銘柄です。ではでは。パインやリンゴを思わせる立ち香。しっとりとい...

Post image

日誌係、杉浦酒店に行く

最初に言うと、ただ行ってきただけです。内容はないよう。葛飾区の四つ木にある杉浦酒店。鍋島や佐久の花、上喜元などをはじめとする銘酒やSPの裏シリーズなど。日本酒党には有名なお店ですね。私は遠くてなかなか行く機会がないのですが。たまたま仕事で近くにいったので寄らせてもらいました。記事にしたのはレトロな外観が素晴らしかったからです。下町ってかんじですよね~。ちなみにキャプテン翼の作者がここの出身で。南葛高...

Post image

【251】郷乃誉 山桜桃 純米大吟醸 無濾過 生々 25BY

さて茨城酒の2本目は郷乃誉です。山桜桃は「ゆすら」と読みます。山田48の純大。蔵元の須藤本家は花薫光で有名でしょうか。日本最古の蔵元であり、日本で初めて生のお酒を発売した蔵だったりもします。造ってるのはすべて純米吟醸以上のクラス。私としては鉄板の一本ですが、意外と東京で見ないんですよね。茨城じゃスーパーでも売ってるのに。何とも言えないフローラルな立ち香。コクがあってチェリーやバニラ、ナッツのようなイ...

Post image

【250】一品 特別純米 生酒 25BY

お待たせしました、茨城酒ラッシュ。1本目は一品です。大学の時飲んでましたね~もちろん好印象があります。この特純は杜氏の名を前面に押し出してますが、蔵元が杜氏の好きに作ってもらったお酒らしいですよ。山田の55です。ちょっと今日も鼻が利かないのであしからず。やや控えめの立ち香。リンゴやブドウにバニラなども感じる香り。落ち着きあるノーマルな立ち香です。含むと非常に軽やか!めっちゃ軽いですね~うまく加水し...