Post image

【323】五十嵐 純米吟醸 直汲み 25BY

ずっと飲みたかった五十嵐。1升瓶ということもあってタイミングが合いませんでしたがついに!!埼玉県飯能市の五十嵐酒造さん。メインの銘柄は天覧山。だいぶ前に古流純米を飲んでこれはと思って以来気になっていました。五十嵐は女性蔵人の吉野暁子さんによる責任仕込み、チャレンジ酒。基本的に直汲みで、本醸造、純米などがあり非常にコスパも意識した価格設定。今回純米吟醸の直汲みをチョイス。個人的にはかなり期待度高いで...

Post image

【322】若波 純米吟醸 壽限無 25BY

若波です。九州の蔵は近年勢いを感じるとこが多いですがその中の一つ。レギュラーの純吟はこちら。壽限無は平成24年に登録されたばかりの新しい福岡県の酒造好適米。山田錦と夢一献を交配したものだそう。このお酒は2造り目。磨きは55、酵母は1401号。春先に瓶燗一度火入、-5度で貯蔵。余談ですが個々の蔵のラベルは結構好き。爽やかな立ち香。白ブドウ系か。優しく軽快な酸を感じる中に、ほのかに酢酸イソアミル系の優...

Post image

【321】獺祭 磨き三割九分 発泡にごり酒 スパークリング

これは25BYでいいんですかね?久しぶりに獺祭でも……というわけで獺祭。ここ最近は本当に有名になっちゃって。獺祭が入手困難とか聞くとほんとに本末転倒というか首をかしげたくなりますが。もう日本酒がどうこうというより、ビジネス的な取り上げ方をされることが多くなりました。三割九分のスパークリングです。レギュラーのほうは二割三分より三割九分のほうが好きだったりしますが。シャンパンを気取った感じの栓。さくっとあき...

Post image

【320】ゆきの美人 秋仕込みしぼりたて 純米吟醸 生酒 26BY

はやくも26BY、新酒になります。マンション蔵で四季醸造可能なゆきの美人さん。この早い時期の新酒は真骨頂でしょう。毎月しぼりたてを出せるのがこの蔵の魅力。一方で半年くらい寝かせると熟れ熟れで美味しかったりもする蔵です。来年はそんな感じで一本飲みたいと思っています。スペックですが麹米山田錦、掛米あきたこまちでともに磨きは55。酵母は14号ですか。酸度1,8、日本酒度+8といった数字は高めになっています。...

Post image

【休肝日】よなよなエール&インドの青鬼

飲んでるなら休肝日じゃねえだろ!というツッコミはさておき。今日は珍しくビールです。わたくし基本的にビールがダメなんですね。飲めないことはないけど、入っていかないというか受け付けない。ビールをゴクゴクのむなんて夢のまた夢。ではあるんですが。ごくたまーにビールを飲みたくなる時もありまして。そんな時はクラフトビールをちょいちょいつまむことにしております。ここ最近、クラフトビールもちょっと流行ってるんです...

Post image

【319】志太泉 純米吟醸 愛山 22BY

静岡県藤枝市から志太泉。ブログ初登場ですか。王道の静岡吟醸というようなイメージですね。かつては現磯自慢杜氏の多田信男氏が杜氏を務めておられました。その後平成6年より、黒龍酒造の高橋貞實杜氏が着任。静岡吟醸をベースに南部杜氏のエッセンスも取り入れつつ、というような所でしょうか。現在は天保正一氏に師事した西原光志氏(能登杜氏)が杜氏を務めておられます。超軟水の仕込み水の素晴らしさも有名かな。余談が長く...

Post image

【318】雨後の月 純米大吟醸 愛山 25BY

白い稲妻と一緒に買った雨後の月、愛山。ほんとうはもうちょい寝かす予定でしたが。冷蔵庫の在庫が思ったより少なく、このタイミングになりました。味のってるといいなあ。愛山50の9号酵母。たのしみです。黒瓶にブラックのラベルかっこいい。うごつきにしては甘く香りますね。爽やかさがあって、あまいブドウのような。かなり期待が高まります。含むと、まずはらしい透き通るタッチ。そこから甘→酸ときてわずかにほろ苦さ。スムー...

Post image

【317】旭興 純米吟醸 生原酒 無加圧斗瓶取り 25BY

去年全く同じものを飲んでいますね。忘れてた……。去年の俺、えらい絶賛してるけど……。去年はリリース直後に飲みましたが、今年は半年寝かせています。その辺がどうでるか。またブレンドしたものなので、BYの違いがどうでるかも興味深い。数値みるとちょこっと酸度が高いのかな今年は。カプエチ系の香り。ガンガンに香るのではなく、ほどよい。コクのある上質な甘みを想像させる。含むと……最高やね。寝かせたからか、とろりとなめら...

Post image

【316】百春 純米21号 雄山錦 直汲み 25BY

岐阜県美濃市から百春。岐阜県も若手(?)酒蔵の台頭著しい県です。津島屋、房島屋、鯨波、射美、日本泉、小左衛門。個性的できらりと光るものがある蔵ばかり。こうやって並べてみると近年勢いを感じる蔵ばかりですね。百春。造る小坂酒造店は1722年創業と歴史のある蔵。重要伝統的建造物群保存地区の指定も受けています。今回は雄山錦60の直汲み。飲む機会の多い米ではないですが、コクがでてややもっちゃりするようなイメージ。や...

Post image

【315】君盃 特別純米 誉富士 袋吊り生 25BY

まったくの初のみ。静岡から君盃。製造量は150石ほどの小さな蔵。静岡にしては珍しく静岡酵母を一切使わない蔵なんだそう。一匹オオカミですね。お酒も個性派なのでしょうか?誉富士は静岡県の酒造好適米です。山田錦の突然変異種。今回は60%、袋吊りというスペック。ややもちゃっとした甘い香。うーん黄桃やダークチェリー?熟れたメロンというよりなんだろう。ややスモーキーな感じ?含むととろみがありつつも、さらりと軽やか...