Post image

【335】大治郎 純米大吟醸 生酒 山田錦 25BY

泉川が3日であきそうな勢いだったので並行で別なお酒を。滋賀県東近江市、畑酒造から大治郎。かの有名な焼酎、大五郎とは関係ありません。創業者の名前であり、かつ次期蔵元である畑大治郎さんの名前でもあるそうです。もともとは喜量能(きりょうよし)という銘柄をやっていたそうで、いわゆる責任仕込みみたいなイメージの銘柄になるのでしょうか。ずっと気になっていたお酒でようやくいただく機会に恵まれました。今回は契約栽...

Post image

【334】泉川 純米吟醸 ふな口本生 25BY

休肝日を挟んで休養十分。泉川です。いわずとしれた飛露喜の蔵の地元流通商品。私個人でいえば、この蔵でも一番好きなお酒かもしれません。毎年いきつけの居酒屋さんでのんでいましたが、今年はタイミングよく入手。いつも売り時を忘れちゃうんですよねこのお酒は。このお酒を家でたっぷり飲めるのはうれしい限りです。スペック的には五百万石の55.うすにごりになります。このお酒は最初からおりを絡めて。立ち香は控えめ。バナナ...

Post image

【333】澤の花 純米大吟醸 雄町 中取り 25BY

澤の花、です。先日ミッシェルをやりました。ことし良い評判を頻繁に聞いた蔵の一つですね。じわじわ来ているのではないでしょうか。今回は雄町の純大。長野勢で雄町ってのはちょっと珍しいかもしれません。磨きは45で酵母は9号系。火入れ。てきどな立ち香。酸のあるブドウ系の香りでしょうか。乳酸飲料っぽいというか、ライトな甘酸っぱさ。時間がたつとエレガントな甘さも。含むと、静かなお酒ですね。これは時間をかけて飲んだ...

Post image

日誌係、ヤマザキヤに行く

京王井の頭線、永福町駅。永福町というと大宮八幡のイメージ。駅を出て井の頭通りを左手に。5分もしないところにあるヤマザキヤさん。オサレな外観は姉妹店?的なイタリアンのお店が併設されているから。なので日本酒だけじゃなくてワインも力を入れているようです。酒売り場は店に入ってすぐの階段を降りた地下になります。一見さんはちょっと入りにくいかもしれません。取扱いは結構幅広いラインナップ。まず目に付くのは鍋島、...

Post image

【332】風が吹く 山廃純米吟醸 生酒 しずく採り25BY

福島県会津美里町は白井酒造店さんから風が吹く。だいぶ前にお店でちょこっと飲んだきり。ブログ初登場。白井酒造店の主力銘柄は萬代芳(ばんだいほう)。風が吹くは山廃の生酒に特化したシリーズ。珍しい商品展開ですよね。お米は地元産有機栽培五百万石100%。今回はいわゆる金ラベルという商品。緑ラベルのしずく採りですね。スペック的には五百万石50。酵母はM310。酵母ひとつとってみても、日本酒をかじった人が山廃に抱きが...

Post image

日本酒用冷蔵庫、レマコムRRS-100NFの話

更新の合間に今年買ったレマコムの話でも。僕は現在1人暮らし、もともと2人暮らし用くらいの冷蔵庫があって、中身はスカスカ。というわけでこれまではそこまで必要性を感じなかった日本酒用冷蔵庫。でも自家熟成も手出してみたいな~と思って今年ついに買ってしまったの本種用冷蔵庫のレマコムです。そうはいってもやっぱり1升瓶たくさんは買いづらいしね、家庭用冷蔵庫だと。日本酒用としてよく語られるレマコムの冷蔵庫には2種...

Post image

【331】生道井 特別純米 衣が浦若水 あらばしり 槽口直取り25BY

愛知県の知多半島から生道井(衣が浦若水)になります。24BYに純吟のんでますね。知多半島というのは江戸時代は非常に酒づくりが盛んな地域だったそうで。当時は200蔵もあったそうなんですが、今は6蔵になってしまったそうです。銘柄でいえば、ほしいずみ、白老、そしてこの生道井など。私としては地味に注目している地域だったりします。そてはさておき。今回のお酒は荒走りの熟成ですね。お米は愛知県の若水で、このお米にはかな...

Post image

【330】華一風 特別純米酒 しぼりたて そのまんま生 

500ミリ瓶です。出品酒なんかではよく見る瓶ですが、レギュラー商品には珍しい。つい買ってしまいました。青森の華一風です。新酒の低圧しぼりという商品を24BYは絶賛し、25BYはいまいちと評しました。今回はほぼ同じスペックなんですが、特純のレギュラー商品になるのでしょうか。9月出荷でしぼりたて生なんですね。あまーい黄桃のような香り。わかりやすいカプエチ系です。含んでも甘い!(笑)濃い甘みがじわっと。しかし、全体と...

Post image

【329】日本泉 純米吟醸 無濾過生原酒 ふなくちとり 26BY

岐阜県から日本泉。いま日本酒の世界でもっとも勢いのある県では?と勝手に思っている岐阜県。そのなかでも気になっていたお酒です。蔵は岐阜駅のすぐ目の前のビルの地下にあります。四季醸造できる設備なんですが、そこで木槽しぼり、というのが面白い。蔵元の跡取り兄弟2人で造っているそうで、製造量は年間300石ほど。今回のお酒、スペックは磨き60の純米吟醸。この時期ですのでとうぜんムロゲンです。米や酵母の情報は非公開で...

Post image

【328】あたごのまつ 限定純米吟醸 おりがらみ 本生 26BY

26BY、そろそろ各蔵新酒がぞくぞくと。そんななかこの時期定番の1本。新澤醸造店さんからあたごのまつ。いつも伯楽星の純大おりがらみをこのブログではプッシュしてるんですが。今回はこちらにしました。いづれにせよ綺麗めな造りの蔵元ですので、ついおりがらみを選んでしまいます。お米は富山産五百万石一等米55。酵母は宮城酵母。撹拌していただきます。粗めのおりが瓶底にかすかに、うすにごりといったところでしょうか。香り...