Post image

【387】花陽浴 純米吟醸 八反錦 無濾過生 26BY

花陽浴ウィーク3本目。個人的には花陽浴といえばやはりコレなイメージ。八反錦の純米吟醸です。磨きはやっぱり55。こちらは12月のリリースになりますので少し寝かせたという形になります。立ち香は変わりなし。恐らく18号か何か。カプエチ系の酵母なのでしょうね。含むと、はっきりいって他の酒米と比べ大きな違いは感じない。僕の舌がその程度ということもあります。とろりとした滑らかな舌触りは健在。ワンランク上の質感ですね...

Post image

【386】花陽浴 純米吟醸 山田錦 無濾過生 26BY

花陽浴ウィーク第2回。今日は山田錦です。雄町は3月詰めでしたが山田錦は2月詰めですね。磨きも同じ55。立ち香は全く雄町と同じですね。お手本のようなカプエチ系。やはり南国系の明るいトーン。含むと、ふむむ。滑らかなタッチは変わらずですが、とろみが強いでしょうか。そして酸はきもち控えめな気がします。甘みと旨みの一体感が非常にある。というか味わい全体の渾然一体感がすごく感じますね。甘いとか酸っぱいとかじゃなく...

Post image

【385】花陽浴 純米吟醸 雄町 無濾過生26BY

生酒もそろそろひとしきり出そろってくる季節。というわけで今週は勝手に花陽浴ウィーク。意図的というわけではないんですが、ぼーっと酒買ってたらなぜか冷蔵庫に揃っていた花陽浴。八反錦、美山錦、山田錦、雄町と4種類。それも奇遇なことに、ぜんぶ純吟のおりがらみじゃない方。いい機会なので、お米による違いなどリポートできれば。あーでも美山錦は1升瓶なので開けないかもしれません。去年もやってるし。今日は雄町。リリー...

Post image

酒器: 新見麻紗子/杯 『東風(はるかぜ)』

桜の季節です。今回はこの時期にぴったりの酒器で一献。新見麻紗子/杯 『東風(はるかぜ)』優美で女性的な立ち姿。ですがこの作品の本領はフォルムではありません。とにかく釉薬の使い方が美しい作家さんで。写真ではわかりにくいですが、ほんのり桜色。ただピンクなだけじゃなくて、すこし青みもあって。何とも言えない色みが本当に美しい。本当に春の空気のにおいを感じさせるような作品です。そとの夜桜を見ながらやると、本...

Post image

【384】七田 純米七割五分磨き 愛山 無濾過生 26BY

えーちょっと間が空いてしまいました。飲みにいったり、あとは昨日今日と体調が思わしくなく。ほんとは今週はかってに花陽浴ウィークの予定だったんですが。そんな裏話はともかく。今回は久しぶりの七田。前からこの七割五分シリーズが気になっていて。こんかい愛山を選んでみました。あえて削らないことでお米の良さ、そして品種による違いを感じてほしい、というようなシリーズらしいです。愛山の75。どうも酵母は9号系らしい。...

Post image

日誌係、針金屋加藤酒店+αに行く

(2016年1月改題)酒屋探訪シリーズ、今回ははしごです。東武東上線、下赤塚駅。あるいは東京メトロ有楽町線・副都心線の地下鉄赤塚駅。その周辺。針金屋加藤酒店、豊島屋酒店。加えて余談でさかい珈琲。夕暮れの訪問で写真の移りがいまいちなのは申し訳ない。まずは針金屋加藤酒店。下赤塚駅から北に少し行ったところ。取扱銘柄は鍋島、写楽、屋守、雄東正宗、流輝古伊万里、澤屋まつもとなど。焼酎も品ぞろえ充実。こぎれいな内...

Post image

【383】百十郎 純米大吟醸 黒面 26BY

いま日本酒的にはかなりアツい岐阜県。その岐阜から新進気鋭のお酒。百十郎です。5代目蔵元、林里榮子社長が2012年に立ち上げたブランド。東農大醸造科卒の女性蔵元、といういかにも今時らしい蔵元さんです。見かける機会がずいぶん増えました。売りは頑張ってるみたいですが味はどうでしょう。ブランド名・ラベルは林本店の地元、各務原出身の歌舞伎役者市川百十郎をモチーフにしたものだそう。今回は純大の黒面。麹米に山田錦、...

Post image

【382】飛露喜 特別純米 生詰 26BY

今年は新規銘柄を多くやりたいとはなんだったのか……。ド鉄板銘柄が続いて申し訳ない。飛露喜です。飛露喜の中でも最も定番的な商品になるでしょうか。特純の生詰です。たしか昔は麹米に山田錦で、掛米に五百万石だったような。最近はよくわかりません。磨きは55のようです。立ち香は抑え目。白ブドウとかそんな感じのすがすがしい香り。酸の主張が強いというか。ちょっとドライというか、そんな味わいを予感させます。含むとおお、...

Post image

日誌係、中川商店に行く

酒屋探訪シリーズ。今回は大好きなお店、中川商店さん。武蔵境から徒歩5分くらいでしょうか。夜の訪問です。ここのお店のラインナップは本当に好きですね。風の森、根知男山、作、黒牛、マツコト、うごつき、亀甲花菱などなど。どれも実力派のお酒ばかり。他にもたくさんありますが、むやみに取り扱いを増やすお店ではないです。その分蔵元との付き合いは深く、オリジナル商品なんかも多いです。そしてなんといっても個性的な店主...

Post image

【381】而今 純米吟醸 八反錦 生 26BY

今年は何とも而今運のある年でして。タイミングよく手に入っています。あると買ってしまうお酒。せっかくなので今年はちょっと集中的に追ってみるのも良いと思っています。いまの日本酒界をリードする銘柄ですし。とそんなわけで八反錦。なにげに家でじっくりやるのは初めてかな?八反錦55の生。リリースは1月だったのでちょい寝かせ。頂きましょう。いつもの而今の香り。穏やかながらあまーい果実香で、ややフローラルか。やや穀...