Post image

【429】土佐しらぎく 微発泡酒 純米吟醸 26BY

家に帰ってきました。ちゃんと日本酒ネタも仕込んできました。でも夏本番ということで、まずは我慢していたこのお酒。土佐しらぎくの微発泡酒です。去年のんで素晴らしかったお酒。今年は一升瓶で。吟の夢55×7号酵母。よく冷やしてあれば、普通にあけられます。それほど活性が強いタイプではありません。でも泡は上ってくるので注意してね。含む。うまい!かるーく細かいガス感。マスクメロン、ラムネ、グレープフルーツ、白ブドウ...

Post image

【428】腰古井 純米大吟醸 生

腰古井です。千葉南部のお酒としては知名度が高いのではないでしょうか。500ミリ瓶。磨き40の純大生。怖いのはBYがわからん。製造年月日のとこに書いてない。かわりに、腰古井と書いてあるところの下に2013とハンコが。2013、押し間違いですよね?とりあえず飲んでみましょう。立ち香はだいじょぶそう。ほんのり香ります。ちょいはやりの系統の吟醸香?含む。やはりフルーティめな香りが漂います。カプエチ系の酵母っぼいなあ。や...

Post image

【427】寿萬亀 カップ酒

旅行中です。房総半島の南部をサイクリング。道の駅で買ったカップ酒。寿萬亀、千葉県鴨川市のお酒。全く聞いた事ありませんでした。ムロゲンとか色々売ってたんで今度調べてみます。今回はアル添本醸造のカップ酒。【後日追記】260年ほどの歴史ある蔵だそうで。今年まで四年連続で金賞受賞という。これはこれは全く知らなんでごめんなさい。さらに明治神宮新嘗祭の御神酒奉納蔵で。愛子様ご誕生記念や紀宮様ご成婚記念の振る舞い...

Post image

【426】酔鯨 吟麗 純米吟醸 生原酒 KA-4ver. 26BY

高知県から酔鯨です。どうも辛口のイメージで敬遠しがちですが。それだけではないと思っております。今回は定番商品の吟麗の特別バージョン。通常はKA-1のところKA-4酵母を使用。含み香高く、より軽やかな味わいだとか。お米は松山三井50。生原酒です。数値的にはやっぱりすっきり辛口系。含むと酸っぱい!香といい酸といい、かなり柑橘系の味わいです。フレッシュ、躍動感。9号系らしいブドウの香りも香りますね。さらりとしたタ...

Post image

【425】睡龍 生もとのどぶ 割り水瓶燗火入れ 26BY

夏のお燗に生もとのどぶを選びました。睡龍をつくる奈良県宇陀市の久保本家さんからです。きもとのにごり、それも燗酒推奨のお酒です。にごりのお燗というのも珍しいですよね。いくつかバリエーションがありますがもっともスタンダードな割水火入れ。お米は五百万石とアキツホで65。純米酒になります。まずはちょこっとだけ冷やで行きましょう。おや、ほんのり爽やかな香り。バナナ系の香りです。含むとすっきりしており、ほんのり...

Post image

馨和 KAGUA Blanc

ベルギーで生産されている日本のビール。ゆずと山椒を使っているとか。コンセプトは和食に合うビールだとか。ほんのり柑橘系、含むとちょいスパイシー。ゆずと山椒。言われなきゃわからない。けど、なるほどと思わなくもない。味わいはペルジャンホワイトらしい。ホップの感じは余りなく、ほんのりモルティ、そして酸味。軽やかで細かい泡。ゆずっぽくはないがやはり鼻に抜ける爽やかな柑橘のフレーバー。甘みもある。うん、いいん...

Post image

【424】豊潤 純米吟醸 雄町 生酒 26BY

はじめてですね。大分県宇佐市から豊潤。豊前長洲駅の北にあり、海からほど近い蔵元。休業していた蔵を平成20年に、20年ぶりに復活させてそうです。大分というとどうしても焼酎の方をイメージしますが。ちえびじんと並んで大分の日本酒を広めていく新興勢力です。今回は試験醸造となる雄町60生を選びました。雄町は今期はじめての造りで、限定400本だそうです。セメダイン、バナナ系の香りが適度に。バニラのような甘やかさ荷も感...

Post image

【423】九郎左衛門(雅山流) 大吟醸 金賞受賞酒 あらばしり 26BY

この時期ですので金賞受賞酒を1本。そのなかでもお面白そうだったのがこちら。九郎左衛門、雅山流をつくる新藤酒造さんです。金賞受賞酒と同じもろみの、あらばしり斗瓶になります。ある意味普通の受賞酒よりレア。ほんとは中取りと飲み比べしようと思ったけどさすがに断念しました。山田錦35、生詰めなのがもったいないなあ。できれば生生で出してほしかった。含む。ああ~さすがに良いですね。淡くふんわり、でもボリューミー。...

Post image

【422】とどろき酒店×東洋美人 co2 + 今宵堂 酒コップ

九州の雄?福岡県の有名酒店、とどろき酒店の企画シリーズ『微発泡ニホンシュco2』。条件はアルコール度数12-13度、微発泡、米と水だけ造った日本酒。東洋美人、三井の寿、庭のうぐいす、土佐しらぎくの4蔵が参加しています。その中から今回は東洋美人のものを選びました。何気に東洋美人の発泡タイプって珍しいよね。土佐しらぎくは発泡系が家にありますので。ミイコトは店で良く飲むからパス、ここは変わり種定評あるしちゃんと...

Post image

酒器: 井上美樹/揺おちょこ

久しぶりの酒器シリーズ。夏はやはりガラス。井上美樹/揺おちょこあまり平杯は好きではないのですが。ほんとうに平べったいのありますからね。こんなチビチビ飲めるかよ、こぼれそーだし!みたいの。これは少し高さもあって取り回しもよく、何より映える。その名の通り、絶妙に揺らいだフォルムが美しい。まるで水がそのまま宙に浮かんでいるような、そんな立ち姿。写真にはありませんが底面から見ても大変エレガントなフォルム。...