新潟県糸魚川市から月不見の池です。
こちらはAUNさんからのSP酒。

たかね錦の特別本醸造規格。
中取り直汲みおりがらみで当然無濾過生。
手間のかかりそうな特別仕様です。


20160129_175932~01

20160129_175951~01


おりは少なめで、臼濁りぐらいかな。
撹拌していただきます。

含む。
んん~良いですね。

ほんのり白ブドウ、マスカット、わずかにイチゴのような香り。
しだいにバニラ。
穏やかですが香りの広がり、透明感などすばらしい。
ゆらっと心地よく香ります。

しゅわっと舌先にガス感。
控えめな甘みからカチッと少しドライなジューシー感。
そこに旨みが綺麗に乗ってきます。
しゃきしゃきした気持ちの良い普段飲みにぴったりな旨みに、ほんのりオリのミルキーテイスト、妖艶さ。
酸は全体に綺麗になじんで、さっぱり気持ちよく飲めます。
さくっとほどけて、するりと流れる。
フィニッシュまで気持ち良い。

いいっすね~。
謙信のVirginBeatは甘めに振ってましたが、逆にこっちは少しドライ。
ガスと旨みの程よい飲み応えでスイスイ飲めてしまいます。
これは食にあうし、飲み疲れないでぐいぐい行くタイプ。
甘みだったり、香り、酸、旨みそれぞれの要素が控えめだけど行き届いた質感。
じっくり味わってもそれぞれ楽しませてくれます。
とくにおりのミルキーさが、控えめな甘みをいい具合に補ってベストバランス!
そこにさっぱりとした香りと酸。
そして何といってもガスからこの心地よい旨みへのつながり。

これはハイスタって企画の趣旨がすごくわかるお酒ですね。
吟醸系のハレの日に飲むという雰囲気よりは日常に寄り添う味。
それでもその質の高さはハイクラスという。
これは腹減ったなあって時におかずをかきこみながらグイグイやってほしいお酒かも。


うおっ、こなれてくると少しみずみずしい甘みが。
鳥肌立つようなうまさだ。
月不見の池、良いですねえ。
変化も楽しみ。
これくらいのスタート位置で甘み出てきたらまたそれは素晴らしい。


3日目。
すこーしガスは抜けてきたけど、味わいは崩れない。
ダレもしないし、抜けもしない。
月不見の池やっぱり良いです。
また飲まなければ。


4日目。
健在、むしろ良い!
静かに深いブドウ。
ドライと甘み。
クリアだけどクリーミィ。


Tag:イチオシ 月不見の池


もうすっかりおなじみの五十嵐
今回はうえもさんの五周年記念SP酒。


純米吟醸の直汲みです。
ただし詳細は不明。
どの辺がSPなのかもよくわかりません。
もしかしてラベルだけか??
中取りとかなのかな?

20160127_183634~01

20160127_183459~01


含みます。
おや、ちょっと綺麗め上品な感じ?
これは違いますね。

ふんわりとした柔らかなタッチ。
ガスは控えめ。
仄かに甘い香りがふわりと。
青リンゴやラムネっぽいかな、通常より香り控えめだと思います。

また甘みも控えめです。
ミルキーなニュアンスの旨みに、苦みがやや強めに。
しゃきっとキレよくスピーディなフィニッシュ。
酸は柔らかに、少し控えめに適度なフレッシュさを。


んーちょっとイマイチかなあ。
僕の五十嵐のイメージとちょっと違いますね。
甘さ控えめ。
一方で柔らかでリッチな風合いは予想外の質感。

当初は苦みが気になりましたがだいぶ落ち着いてきました。
やはり甘みはすこし控えめ。
そしてそれよりも口当たりが少しまったりしてるかな。
このまったり感はおりがらみっぽいんですが、おりは超ごくわずかに底が濁っている程度なんだよなあ。
でも結局フルーティでさっぱりのめます。
少し不思議な感じ。

普段のを甘さ控えめ、タッチ上品にした感じか。
これはこれで結構いけるな。















Tag:五十嵐


以前、日誌係、下赤塚に行くというタイトルで針金屋さんといっしょにやりました。
下赤塚駅すぐ近くの豊島屋酒店さん。
下赤塚駅出て南下すればすぐ、川越街道沿いです。
再訪して、お店の方ともお話しできたので再掲載です。





ラインナップは出羽桜、酒屋八兵衛、長陽福娘、梅津の生酛、天隠、日置桜など。
あー天遊林なんかも。

で聞いてきました、営業時間。
だいたい15時くらい~、月曜定休。
夕方行けばやってるみたいです。
どうも立地が良くて、ビルのオーナーやってるので結構適当っぽいという噂。

お店の方はすごくフレンドリーで話しかければ色々お話できます。
梅津の生もとを買ったのですが、だいじょぶですかと声をかけてもらいました。
ちょっと入りにくいですけどね(笑
でも酒屋八兵衛、長陽福娘を扱いつつ、梅津の生酛、天隠に行ってたりなかなか渋いです。
針金屋さんと一緒に行けばよいと思います。





ひさびさ会津中将
なんとなく手が伸びない間にとある賞を受賞して人気もうなぎ上りだとか。
もともと造りのレベル高いですからねえ。

今回は限定品です。
生純米原酒無濾過生初しぼりのにごりバージョン。
本来は蔵元直売店でしか発売していないSP酒です。
なお通常版も蔵元完売ですって。
人気あるのねー!

活性にごりらしく、注意書き付き。
スペック的には会津産五百万石60だそうです。


20160124_181325~01

20160124_182840~02


久しぶりに上澄みからいきましょか。
噴く感じではありませんでした。

含むと爽やかな青りんご系のフレーバー。
とろりとやや滑らかな舌触り、透明感。
極ほんのりガス感。

含むとしゃきっとしたこの時期らしい少し硬めの旨み。
しかし長く味わうと、とろりとした甘みも出てくる。
イキイキとした酸が瑞々しさを。
こちらも転がせば蕩けてきます。
するりと滑らかなフィニッシュ。

この時期らしいよくできたバランスの良い純米酒。
冷やもいいけど、これ燗も旨いんじゃないかなあ。
まずは撹拌しましょう。


おお、これはいい!
おりまぜたほうが良いですよ。
クリーミィさ、甘みがぐっと出ます。
酸も柔らかく溶けこみますね。
青りんごや桃のような香りが程よく。
やはり極々わずかに微発泡。
あくまで適度なシャープさもあり、すいっすいいけます。
普通に売ればいいのに。


これはかなり良いんじゃないでしょうか。
にごりスキーな人なら必ず満足できると思います。


2日目。
昨日と変わらず良し。
香りのトーンが明るい。
爽やかな甘みに、にごりらしい味わい。
これはいいですよ。

燗をつけてみた。
いつもよりぬるめ。
器に注ぐとしゅわ~っと、さすがに活性にごり。
ほっこりと燗酒のいい匂い。
含めばクリーミィさと乳酸っぽい酸がまったりと。
いやあ~寒いと燗酒うまいねえ。
燗の世界は奥深いのでいっぺんじっくりやらなきゃなあ。


やっぱり燗は優しくて飲みやすいよねえ。
普段まるの燗ばっか飲んでるようなうちのオヤジが〆張鶴のしぼりたて飲んだら悪酔いしたとか騒いでたけど。
そりゃあれ20度近くあるし当たり前やろと。
甘くて、冷で口当たり良くて美味しいしオーバーペースだっただけやろと。
でも同じことは他の人にもありえるわけで、そらほろよいなんてチューハイがヒットするくらいですから。
初心者の入り口に燗ってのもありかなあ。
フルーティ燗とかどうだろ。
吟醸酒にうまくぬる燗つけたらできると思うけど。


追記。
会津中将のしぼりたて、やっぱり売れてるみたいですねえ。
ほかの酒屋さんいっても、よく出るという話をしていました。
でもにごりver.のほうが絶対美味しいよ!

Tag:おススメ 会津中将


初のみ。
鳥取県から梅津の生酛
そのまんまですね。
もともとの銘柄は冨玲。
18BYからは全量純米蔵だそうですが、そんな蔵のきもと造りのシリーズ。
生酛は19BYから取り組んでいるそうです。
そのまんまですね。

あまりに寒すぎて燗酒のみたくなったんです。
ほんとは梅津の生酛か天隠のにごり系を飲みたかったのですが(最近にごり燗に興味があるんです)。
無かったので鳥取県産山田錦80の無濾過生原酒。
しかし生もとで80って造るの難しそうだなあ。
生もとなのでもちろん酵母無添加ということになります。

古いヴィンテージのものも出したりする蔵なので、26BYはまあ新しいというかスタンダードな部類でしょう。



20160123_105055~01

20160123_105139~01

えーまずは常温で。
常温といってもこの時期なので冷え冷えですが。

立ち香は旨そうな感じ。
含みます。

おおっと!
思ったより上品な感じです。
ほんのり香るのはなんでしょうねえ。
セメダインが少しあるんでしょうか。
ほんのり甘くちょっとだけフルーティ?
土っぽいようなチーズに近いニュアンスとかも?

タッチは柔かく、比較的軽やかな印象すら。
ほんのり甘み、そしてクリーミィなエキス感。
まだ硬くビシビシとくるアタックもありますが。
そしてまた酸がビシッとキマりますが、この酸は生もとらしく乳酸系で蕩けてきそうです。

全般にもたつくことなくスピーディに駆け抜ける。
キレも良し。
辛いというより、スムースに流れてさっぱりとした余韻が心地よい。

ここまで飲んで数値を見ると驚愕。
度数21度、日本酒度+20、酸度1.9。
とてもそんな感じには思えない飲みやすさ、柔らかさです。
こんだけ度数あったらそりゃ多少のアタック感はあるわな。
次第に枯れたような旨みもじわじわ出てきてイイ感じ。
けっこう旨いぞ、クセになる。


さて、それでは本番の燗へ。
燗酒もいろいろテクニックがあるんですが、なかなか面倒で。
家でリラックスして飲む分にはもういきなり熱湯につけて熱燗、冷めていくとこを味わうというスタイルです。
かろうじてレンジでチンでないので許してほしい。

ん、やっぱりバナナ系というか乳酸系というか、良いお燗の香り。
含むとうまーい!かるーい!
柔かくスイスイ飲める。
クリーミィな優しい甘み、旨みが出てほっこり。
ほっこりだけどスルスル。
これいいね。

燗酒には、ほっこりウマウマ系とさっぱりスルスル系があると思っているんですが。
その間でさっぱりスルスル寄りかな?
少し冷めてくると酸がでてきて、ちょっと梅っぽかったり。
ほんのり土っぽいというかスモーキー?
ああ~いいねえ。
でもやっぱり熱々で。


しかし2015年の5月詰めのムロゲンですが熟成感があんまりない。
この辺の強さはきもとだからなのでしょうか?
クセあんまりないので入門にもいいかも。
それにしても変態スペックだけどね。


2日目。
んっ?
今日はほっこり気味なような?
いいっすね~。
燗にしては今日は力強いような気もします。
ほんのり苦み、スモーキーさ?
チェリーのような印象も。
でもこれ絶対チーズにあう!
あとちょっと加水したりじゃばじゃばしたりしてもよさそう。



Tag:梅津の生酛


奈良県から篠峯です。
ここはコンセプト色の強い櫛羅をやったことがあると思います。
ラインナップの広い蔵なのでなかなか追い切れず……。
もうちょい整理したほうが売りやすいんじゃないかな、とも思います。
余計なお世話ですが。
とにかくやっと篠峯をやることができました。


今回は五百万石50に明利系酵母の純吟。
中取り生です。
たしかこのピンクのラベルの純吟中取り生は去年からのリリースだったと思います。
去年は雄山錦だったような。



20160122_174742~01

香りは穏やかなようで、魅惑的に香ります。
僕は味わいと合わせて、イチゴのようなニュアンスを感じました。

含むとしゅわっと軽いガスが心地よい。
クリアーですが滑らかなタッチ。
この辺の品の良さは流石5割という感じでしょうか。
甘みは控えめでナチュラルなもの、さわやかで香りのアシストも大きいかな。
やや硬質というか、ミネラリーな旨みがあって、さらに篠峯らしいジューシーな酸。
五百万石らしい苦みを湛えつつしゃきっとシャープに流れ落ちます。
ただし辛いというわけではなくその様はあくまで柔らか。
口どけもグッドです。


好印象ですね。
最初はもっと甘いほうが好みだな~とおもったんですが。
なかなかどうして絶妙なバランス。
全般に軽快な飲み口で、お酒だけでスイスイ。
食に合わせても何でも行けると思う。
すごく良い!
これは複数銘柄のみくらべたら地味かもだが、これだけ飲むとどんどん良くなるぞ。


ナチュラルな甘みとシャープな旨み、張りのある酸という構想。
これ一歩間違うと物足りない……ってなるんだけど、そうはさせないこの表現力。
香り方がいいね。
そしてガス感あるのにベルベットのような滑らかさ。
一見硬いようでクリーミィな旨みも出ている。
クリアーかつ柔らかな余韻……。
いろんな飲み口、表情が楽しく、かつ一つの作品として完成度が高く魅せてくれます。
蔵元の実力を見せつけられるお酒でした。

奈良も日本酒的には熱いですよね。
風の森、篠峯、大倉……先日やったみむろ杉。
花巴や睡龍といったところもあるし、あー梅乃宿もあるか。
百楽門とかもやりたいんだけど。
個人的には祖父や母はゆかりのあった土地のようで。
ちょいちょい旅行の際に寄ってるんですが、今度はじっくり行きたいな。


2日目。
いい、いいですね!
崩れなし。
一歩半引いた香りと甘みは可憐で少し艶っぽさ。
しゅわりと気持ちの良いガス。
しゃっきっとミネラリーながら、クリーミィなエキス感も。
それらが口どけよく、スムースにストンと落ちます。
程よいタイトさで次の1杯、一口を誘う。
これは大満足。







Tag:おススメ 篠峯 櫛羅


福島3連発。
去年飲んで、なかなか良かった廣戸川

今回は2造り目となるにごりを選んでみました。
夢の香60にうつくしま煌酵母901-A113という地元を大事に的なレシピ。
おりは指2本分くらいのちょうどよい量。



20160119_145523~01

20160119_145533~01


撹拌していただきます。
含むとぱっと香りが散ります。
リンゴにブドウ。
落ち着いてくるとイソアミル系の香りも感じますね。
カプエチと両方出すタイプかな。
ガス感はほぼ感じないレベル。

さらりと、そして程よく滑らかなオリのタッチに、可憐でチャーミングな甘み。
甘みのイメージは白桃。
軽くてクリアー。
明るくジューシー。
これは美味しい。

やや硬めですが、程よい旨み。
よく言えばクリーミィ、悪く言えば粉っぽいおりがらみらしさも。
酸は甘みに見事に溶けている(←ここ大事!!)
やや苦み、アタック感があるのはしょうがないのかな。
引きはもたつきゼロ。
にごりですが、カチッとさっぱりキレます。


良いにごりです。
而今にごりの代用にどうかな?
かなりいい線いってると思うけど。


甘口でさらににごりですが、クリアーなお酒です。
蔵元の考えもそこにあるんでないかな。
僕は基本的に日本酒は甘いものだと思っているので、クリアーさとの両立というは最高です
これでもうちょい苦みが無くなれば完璧ですね。
去年の記事を見返すと、今年感じたことと全く同じことを感じています。

・程よい甘みにクリアー感が秀逸
・その分やや苦みが目立つ
・他の米使ってみない?

とにかく夢の香オンリーな蔵なので、山田錦や雄町使ってみたら全く違ってくると思うんだけどなあ。
とはいえ、まだまだこれからの蔵元。
ラインナップもようやく固まりつつあるような蔵元さんです。
おそらくは福島のニュースターから全国区になるでしょう。
楽しみです。


2日目。
昨日とさほど変わりはないか。
生ですので落ちてないだけでもプラスポイントです。
ああでもこの白桃っぽい甘みはやはり秀逸ですね。
フルーティかつクリーミィな甘旨みは少し澄ましたような顔か。
相変わらず苦みがあるが、なんだろ和の少し変わった品種の柑橘のような風味。
ん~そしてマスカットっぽい芳香もありますね。
嫌いじゃないですね、今日のこの苦みは。
やっぱり美味しいと思います。
今後とも注目です。










Tag:おススメ 廣戸川


福島のお酒が続きます。
山の井、ひさびさですね。
たしか前は雄町50であまずっぱ系のちょっと変わったお酒だった気がします。

今回は五百万石60のにごり。
もちろん本生。
感じるままに飲んでください、だそうです。



20160117_111223~01

20160117_111027~01


撹拌していただきます。
おりは程々で、それほど多いタイプのにごりではありません。

含みます。
軽いですねぇ、そしてとにかくやさしい。
スーパーソフト。
柔かい、丸い。
アルコール度数を15度に抑えていることも功を奏しているのでしょう。
極々わずかに舌先にガス感じるかなあ?
フレッシュさもちゃんとあります。

甘いナシのような含み香が穏やかに。
やはり鮮やかな果実様の酸がありますね、この蔵の特徴でしょうか。
そして優しい優しいミルキーな甘みがさらぁっとほどけて、するんと流れる。
極々わずかに心地よい渋み。

いいっすね。
変わったお酒ですがこれは美味しいですよ。
絶対好きな人いると思う。


とにかく軽くて優しいです。
するするさらさら飲めます。
優しくてほんとにミルキーな甘みと、果実っぽい酸が見事に共存。
これは可愛らしくて美味しい。
強く冷やすと酸がたつので、やや冷えくらいがいいですね。

軽いんですがしっかり旨みも出ているので、薄っぺらくて浮くような嫌な甘酸っぱさは皆無。
むしろコクのある甘みがは、巨峰っぽい感じあるかな。
そこに酸で絶妙の明るさ。

これは気に入りました。
素晴らしい。
これは確かに飲めばわかると思います。
可愛い女の子に飲ませてあげたい。
でもオッサンだって優しさがほしい時もあるよね。
むしろ優しい美少女に癒してほしいね。
そんな時はこのお酒を飲もう!

あーでも時間なのか温度なのか、相応の飲み応えが出てきて柔らかさはあまり感じず。
明日どうだろう。


2日目。
ソフトさ、軽さは健在。
やさしい甘酸っぱさに、ほんのりほろ苦さ、渋みが加わってジューシーです。
やはり良いですね。
すこし外したオリジナリティのある酒質で面白いと思います。
それでいてクオリティも高い。

3日目。
ふつーにうまいけどソフトさ軽さはだいぶ落ちたか。
ムロゲンらしい飲み応えといべきか。
まだまだフルーティで、ジューシーな味わい。
強い酒質なのかもしれません。
ニュアンスとしてはチェリー?
チョコのようなスイーツ的ニュアンスもあるが、まだ酸は元気です。
面白いお酒ですね。













Tag:山の井


天明は昨年、限定の純大斗瓶取りを頂いてすこぶる良かった記憶があります。
それにも近いスペックなんですが4年に一度しかリリースされないこちらのお酒。
中取りシリーズの閏号です。

なんと山田錦30!!で1升5000円ほどのサービス価格。
酵母は自社酵母Nに協会1801。
どうも酵母をブレンドしてるんじゃなくて酒をブレンドしてるらしい噂を聞きましたがほんとはどうなんでしょう。
無濾過生もうれしい。
しっかし写真撮るのが難しいギラギララベル。




20160116_140639~01

20160116_140653~01


品のある深く甘い香りが漂います。
いただきましょう。

ん、やはり18号のベリーっぽい香りがあります。
香りますが、ガンガンに粗くという感じではなく、あくまでもたおやかにというのは流石です。
タッチは軽い、滑らか、透き通る。
コクのある甘みですが一歩引いた奥ゆかしさ、さっぱりすっきりと飲めるタイプ。
穏やかですがミルキーな旨みがしっかりとあり、調和して最高。
そして明るく澄んだ柑橘のような酸が、天明らしくやや鋭く溌剌と。
これもこなれてくると素晴らしい一体感を見せてくれます。
全般にとにかく軽やかなお酒で、スムースに、舌の上でさぁっと溶けます。


このスペックですがら当然といえばそうですが、全く文句なしです。
価格が異常ですね、ほんとにサービス価格でしょう。
飲まなきゃ損です。
この蔵がほとんど使わない18号の味わいをしっかり出しつつも、天明らしい煌めきとハリのある綺麗さでまとめています。
ムロゲンでほどよく飲み応えがあるのもうれしいです。
ややミネラリーで僅かに心地よいざらつき、極々仄かな苦みがあるでしょうか(あくまでもこの磨きという意味で)。
ワインでいうタンニンのような、気持ちの良いアクセントです。


次第に甘みが強まってきました。
リンゴの蜜を少しだけ薄めてミルキーにしたような。
んでもって柔らかさも出てくるから。
なにこれー!最高ですね。
もう2本くらい買ってこようかな。
1本は1年後、1本は4年後とか。
そんなことしてたら冷蔵庫が足りないけどねw


2日目。
あ、撹拌するとにごってますね。
うわ、うっめぇ!
瑞々しい、様々なフルーツの明るい芳香。
深く濃い甘み。
それがとろりと、蕩けます。
でも透明なんですよね。
やっぱ買ってこようかなw
つか倍でいいから毎年だそうよ。


3日目、ラスト。
黄桃のような味わいに、透き通るクリアーさ。
おりを混ぜると今日は雑味が多くなっちゃうかな。
その分シルキー&ミルキーですが。
それにしてもうまかった。
わかりやすく、これぞハイクラスのお酒。






Tag:イチオシ 天明



今年もうっかり手に入ってしまいました。
今年は4合瓶ですが。

三重県産山田錦100%。
もちろん火入れですが、無濾過だそうです。


20160113_072926~01

20160113_072932~01


フルーツ様の立ち香。
頂きましょう。

而今の味わいですね。
非常に好ましい種々の甘やかなフルーツの香り。
極ほんのりガスが溶けているのかな~という感じ。
とろりと滑らかな舌触りに花の蜜のようで優しい濃密な甘み。
ミルキーで仄かに穀物のニュアンスを感じるような旨み。
きらっきらの酸。
全てがきれいに溶けあって、さらりとした口どけ。
まさしくフルーティです。
甘みは濃いですが、さっぱりすっきりと飲めます。


はじめ、ちょっとアルコールがたつような感じがあるかなあ。
最初よりそれほど気にならなくなりましたね。
まあ無濾過なんで軽く素濾過したほうが、という方もいるかもしれません。

ギリギリのとこでカチッと佇まいを崩さないところが流石です。
口どけにはほわほわとした軽やかさが出はじめ、うっとり。


五味のバランス、佇まい、質感。
最高峰です。








Tag:而今

WHAT'S NEW?