えー、新潟に行ったついでにぽんしゅ館にいってきました。
これは新潟の酒蔵全93蔵、すべての蔵の酒を利き酒できるという施設なんです。
もともと越後湯沢にあったんですが、新潟駅にもできたということで寄ってみました。







500円で5種の試飲ができるというシステムです。
5枚コインがもらえます。
好きなお酒を選んで、貸してもらった小さいおちょこをセット。
コインを入れてボタンを押すと、適量ちゃんと冷えたお酒が出てきます。
無駄にハイテクですね。

どういったお酒を出すか、については蔵元にゆだねられているようです。
基本的には地元向けの地味なスペックのお酒でしたね。
山間、村祐、謙信など都内で見かける蔵もそんな感じ。
たまに変わり種というかを出している蔵もありました。

2セット、10種試飲しましたがはっきりいってお酒の内容があまりよくない。
これでは従来の新潟酒のイメージはあまり変わらないんでないかなと思います。
せっかくお金払ってきてくれる客に飲んでもらうんだから特約店に出すようなお酒を増やしてほしかった。
このきき酒コーナーのほかに販売スペースもあるわけですが、そちらも良いお酒が少ないんですよね。
せっかくこんな施設を造っても、なんだか旧態依然としたものを感じてしまいます。
酒の陣のブースで出すようなもの並べりゃいいのにね。






そんな中で気になったものを2種。

まずは大洋盛、村上のお酒です。
村上といえば〆張鶴なんですがこちらもなかなか。
味はすっきりでイマイチでしたが、香りのふくらみが良かった。
他のものだったら期待できるかもなあという感じ。

もうひとつが嘉山。
この中では珍しく現代的な芳醇甘口系のお酒。
スイート&ドライな酒で甘いんですが辛みもあり面白い酒でした。
とおもったらそれもそのはずで、これ小山商店の喜八さんが世話したお酒でした。
なるほどねえ、そりゃ納得。
しかし喜八さんの仕事ぷりには恐れ入ります。


まあそんなわけで厳しい意見も書きましたが面白い施設ではあります。
近くに行く機会のある方、是非行ってみてください!!

しかし新潟駅とはいえ、微妙に離れてるんだよなあ。
駅直結商業施設の一番端っこにあるんです、わかりにくいし。
そのへんもまたもうちょっと頑張れよという……。




これが北雪とタクドラの間に飲んだお酒。
実家であけました。

松乃井という新潟県十日町市のお酒です。
たぶん地元以外で知る方はほとんどいらっしゃらないかと。
僕も知りませんでした。

商品は酒の陣なんかでも好評という、スーパー本醸造なるもの。
本醸造でそこまで大吟醸に迫れるかチャレンジしたお酒だそうです。
五百万石・こしいぶき58%。
500ミリで1080円。
3月分までは生らしい。



20160426_170301~01



でこれ詳細は完全に忘れましたが、かなり美味しかったです。

カプエチ系の華やかな香りに濃い甘み、という流行り路線ど真ん中のお酒でした。
かなり甘口に振ってましたが、僕の嫌いなぺちゃっと潰れたタイプではなかったです。
ピーチっぽいニュアンスもあったりして、そうだな結のガス感ないver.が近いかなと思いました。
良いエキス感のあるお酒ですね、度数は18度とやや高めでした。

500ミリで1080円だとまあ普通の純吟なんかと同じレベルの価格。
4合にすれば1512円ですか。
それでも十分おすすめできるお酒なんですが。
なんか1升だと税込みで2640円らしいんですね。
それだとすげーお得感あるよ!ってちょっとびっくりしました。
都内特約店で出しても間違いなく人気酒になると思うんだけど。

モノ好きな方はぜひお取り寄せしてみてください。
損はしないと思います。





20160426_165117~01


ついでに飲んだ地ビールです。
胎内高原ワイナリーもちょいちょい紹介してますが、完全に僕の地元のお酒です。
ワイナリーのほうと同じく、珍しい市営の醸造所なんですね。
またワイナリーは多方面で注目されていますが、ビールの方はどうもイマイチみたい。
いまクラフトビール流行りで、すごく数多いですからね。
あんまり東京でも見かけないので地元で買いました。


レギュラー商品としてヴァイツェンピルスナーアルトがありますが今回はアルト。
でまたこれが、ひいき目なしに美味しい。
ややフルーティさがあり、すこしすっきりめ。
瑞々しくスイスイ飲めますが、ホップの程よい苦みが非常に良いアクセントに。
ちょいちょい機会を見つけてはクラフトビールも飲んでいますが、想像以上で驚きました。
こちらもモノ好きな方はぜひ。




Tag:おススメ 松乃井


かえってきました。
佐渡・新潟編はまた加筆修正や、記事にしていないものもあげます。
お土産もあるし。

さて、きょうはこのお酒。
タクシードライバーです。
なんだかよくわからない商品名にラベルで人気のお酒。
新宿とか行くとやたらおいてある店が多い。
まあ正直この手の酒は嫌いです。

27BYの仕込み四合は6号酵母を使ったようです。
たしか通常は岩手県のゆうこの想いとかジョバンニの調べだったはずです。
お米はタクドラすべてかけはしというこれまた岩手の酒米で55%磨きです。




20160427_223351~01

20160427_223406~01



いただきます。
さいしょに感じる香りは6号ですね。
白ブドウとでもいうか、酸由来の香りにほのかに甘み。
そこにすセメダイン系のバナナのような香りもあるでしょうか。

ややとろみがあるかな。
はじめはバニラリーな甘みがわずかに。
そこから少し土っぽいようなニュアンスを孕んで、ざらついた苦み渋み、そしてそのあとに辛い!!
かなり辛いなあ。
がつっと辛みが広がってフェイドアウトする裏にはちゃんと旨みもあり、余韻として残ります。
すこしまたカタいというか粉っぽくふくらみがある旨みではないですが。。
全体としてクセのある味わいですが、後を引く感じです。
終始、酸はほどほどにあります。
燗もつけてみるか。



また今回は6号ということで、6号らしい香りとこの旨みというのは面白いですね。
強めに冷やさないで少し温度が上がってきたとこがいいかな。
甘みとが程よく出て、なかなか楽しめます。

もちろん個人的には好みの酒ではありません。
でも好きな人がいるのもわからんでもない。
今回は6号酵母でしたが、他のはどうなんだろね。



2日目。
ぬるめで燗をつけてみる。
ほっこりとした旨そうな香りがたつ。
含むと、旨いんだが酸と辛みがこれまたビシッと。
ううん、燗はイマイチかな。

冷やは昨日よりイイかも。
香りが秀逸ですね。
また穏やかな甘みから、米味あふれる旨みへの流れ。
一方で旨みとざらついた辛みとの対決は相変わらず。
ちょっとやはり辛みがいきすぎな気も。








Tag:喜久盛


結局買ってるやん。
北雪です。
まあ佐渡の酒といえばこれでしょう。
4000石ほどもつくっているという大きな蔵です。


そして北雪といえばこのお酒。
YK35、業界の俗語をそのまま商品名にしてしまった看板商品。
YK35とは山田錦、協会9号、35%磨きのことですね。
ちなみに300ミリ瓶ですが2160円します。
火入れ常温保管、ただし今年4月詰めです。







さすがにそこそこ美味。

デリシャスリンゴ。
リンゴからのメロン。
さすがに大吟らしく香ります。
明るいトーンで豊かな広がり。
メロンでもりんごメロンとばななメロンがあるけどこれは前者。




とろり、なめらかで程よく練れた口当たり。
この手の昔からある?大吟にしてはかなり味幅がある。
というか、35にしてはすごく濃醇じゃないかな。
香りに乗った甘みを引き継いで、しなやかな山田錦の高精白らしい旨みがあります。
甘みはどうでしょう、旨みと5:5くらいか?
酸もありますが酸度は低いでしょうねえ。

で辛いです。
かなりビシッと辛い。
辛みでビシッと切らします。


うん、どうでしょう。
美味しいけど、価格考えたら普通?
マイナス評価ではないですよ。
ちゃんと美味しいです。


9号でもはっきり香りだすのはさすが。
ミルキーな旨みもいいね。
かなり辛いけど、味幅もあるからその辺のバランスをとった設計なのかな。


うん、これくらいの量を飲むならいいかな。
一升で買うようなお酒ではないと思うけど。
歴史的銘品?的なカテゴリとして試しに飲むには楽しめるお酒。






北雪の蔵元さん。
やはり大きいですね。
佐渡南部の赤泊という漁港近くにあります。
蔵の目の前は道路を挟んで海!
時間の関係で寄れはしませんでしたが……。


Tag:北雪



ぜんぜんピントがあってないし相変わらず時間早いけど飲むよ。
昨日から持ち越した金鶴ね。
真稜は常温だったけど、今日はちょい冷で。

飲んだ後にすこししらべた。
佐渡には5蔵ある。
天領盃、北雪、真野鶴、真稜、金鶴
でかいのが前者3つ。
でも金鶴金鶴で800石もつくってるらしい。
大きくはないけどそこそこだ。
たぶん佐渡以外では全く知られてないのでは?
金賞とはいかずとも、昨年は鑑評会で入賞もしてるね。


本醸造らしいです。
原料米が五百万石・その他。
精米歩合は60%麹の65%掛。
これも2000円切ってくるお酒です。







ほんのりセメダイン的な香り。
ふわっと軽快に、このクラスとしては好印象かな。
ほんのり柑橘っぽさも。
すこし明るいイメージ。


きもち酸高めでさらっとライトな仕上がり。
すっきりめですが柔らかいタッチです。
ゆっくり味わえば甘ウマがちゃんとあるね。
ほどよいコクはちょいビター。
もたつきもないし、熟成感も無いよ。
やや辛み、アタック感でスカッとキレよし。


これも悪くないんだよね、旨いよ。
これで手軽に変えて300円とかならさ、悪くはないよね。
カップ酒も馬鹿にならんなあ。
諏訪で飲んだ御湖鶴なんかもそうだったけど。


まだまだ地方には知らないお酒ある。
はやりの酒質じゃないとなかなか首都圏の酒屋にはおいてもらえないだろうけど。
酒屋も、真面目な地方のクラシック酒ひとつふたつくらい置いても面白そうだけどね。
育ててもいいし。
他の店と同じ酒扱うよりはおもしろいのに。

Tag:金鶴



帰省のついでに何を思ったか突然思いつきで佐渡に輪行。
自転車でゆっくりぐるっとまわろうかなと。
走るので精一杯なので酒蔵行ったりする暇はなさそう。
試飲したら飲酒運転だし、荷物増えるのやだ!


今日はフェリー乗り場で買ったカップ酒。
先日頂いたの地元銘柄真稜と全く知らない金鶴。
しかしオーシャンビューというのはいいものだ。

普通酒となるようです。
蔵元WEBサイトを見ると原料米が五百万石・加工米となっています。
いちおう五百万石が5割以上、磨きは66%。
1升で2000円を切る、1800円とかそこらのお酒です。
まあ普段だったら絶対飲まないですね。





真稜
軽やかなタッチに、さらっと甘み。
そして、米のあまい旨みが広がる。
やはりこのお酒はうまい。
こんなカップ酒でもいい味してる。
この甘ウマは良いですよ。
もたつきとかなくて、サラッとしてるけど、しっかり甘ウマ。
普段飲む酒でこのレベルなら地元の人はいい思いしてるはず。
熟成感も特になくて、なんだろこの香り。
フルーティてのとは違うけど、ほんのり砂糖菓子みたいな甘い香り?
あとは僅かに樽酒っぽいニュアンス?
ちょっとすっと鼻にぬける清涼感。
この辺はアル添だからってのもあるか。
んーイソアミル系の甘さに柑橘が僅かにとも表現できるか?
いい感じのクリーミィさだなあ。
控えめだけと酸と辛味もあってフィニッシュはさっぱり潔し。


かなりいい線行ってるし疲れてるから今日はこれだけにしとくか。
朝4時に起きて、始発新幹線からのフェリーで輪行はつかれた。
また俺の自転車がクロモリだから重いんだこれ。
しかも背負うの嫌いだからご丁寧にリアキャリアもセット。

いやしかしこの酒はふつーにうまい。
いい酒だ。

フェリー乗り場のお土産屋だけどちゃんと製造年月日新しいのがおいてあるのは良いね。
どっちも今月だ。
北雪はあえて外した。
そのうち東京で買ってやりたいと思う。









蔵元さん。
時間の関係で立ち寄らず……日曜だったしね。
小規模な地酒蔵らしい、いい雰囲気の蔵でした。



Tag: 真稜


而今の雄町です。
いやいやいや、お前あんなに

而今はもういいかな……(´ー`)┌フッ』
『どうも最近の而今はイマイチだな……ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ』

とか痛々しいこと言ってたのによくもまあ!などと突っ込まれるのもいたし方ありません。
自分でも恥ずかしいです。
最近悪くはないんですが、バシッと決まるお酒がなくて。
嬉々として飛びついてしまいました。
去年而今の生はほぼ網羅したんですが、そういえば雄町は飲まなかったし、とか言い訳して。
雄町は24BY以来かなあ。



そうそう、もう一つ。
画像にうつしたのは日本酒界で話題沸騰のマンガ、『いっぽん!!』です。
またミーハーな話題もってきたなあオイ!という声は甘んじて受け入れましょう(笑
数日前に1巻の単行本が出たので読みました。
目指すは神の雫の日本酒ver.でしょうか。
1話に出てきたうまからまんさくは渋いチョイスだなと思いましたけどね。
早速売り切れてたみたいで、漫画掲載→品薄は勘弁してほしいなと思いますね。
単行本でる前から漫画で話題!とか酒屋にポスター張ってあったしな。
どうなんやそのへん。
かんべんしてや。


ちなみに1巻で出てきた銘柄は

・まんさくの花 うまからまんさく
・仙禽 かぶとむし
・山法師 純吟
・貴 純米
・村祐 常盤
・北雪 鬼夜叉
・丹沢山 麗峰
・新政 No.6 S-type

そのあと連載が

・百十郎 黒面
・澤姫 山廃純米

と続くようです。
なんか話題性の酒、渋い酒、仕掛けっぽい酒とうまく分かれてる気はします。
けっこう蔵に行ってるらしい内容ですが、その編は何かのコネなのか編集部が動いているのか。
業界に詳しい方はその辺裏事情がわかるのかもしれませんね。
また穿った見方をしてしまいました。
マニアとはそういうものなんです。



20160422_045604~01

20160422_045633~01



長くなりました。
お酒のほう行きましょう。


おっ、ええやんけ。
これは良い而今

おなじみの穏やかな完熟フルーツにちょっと穀物というかガスなのかな、を感じるようなあの香りが鼻に抜けます。
いろいろあるけど総じていえばマスカットかなあ。
時間がたつとベリーが強まりますね。
しゅわっと軽く微発泡。
濃いけどくどくない、上質な甘み。
旨みがきれいに調和して支え、キラッキラの酸が表に浮くことなく溶けています。
結果、質の良い甘みが素晴らしいジューシーさでフィニッシュまで気持ちよく駆け抜けます。

ああ、でもこれは本当に久しぶりに抜群の出来だと思いますよ。
今年に入って飲んだ純大も美味しいは美味しいけど、そこまでって感じだったんですよね。
去年が悪くて、今年はいいのかな。
居酒屋で何種類か飲んでますが、今年は総じて良いような気もします。

うるおいがあって、クリアーさと滑らかさもあります。
味わいとしては濃醇よりのミディアムというか。
しっかり味わいが出ているほうだと思います。
その分変に軽くなくて、全般に見事なバランスでしょう。
このナチュラルなガス感と、いい抜け感のジューシーさがまたらしいですなあ。


味わいとしてはかなりしっかりしているので、お酒単体で行けるタイプ。
うすーうコンソメでカブとささみのスープを作ったんですが、ほんとにこれくらいでいいかもね。
オリーブオイルを垂らすのがいいですね。


2日目。
あまいけど、ちょっとだけドライな感じが最高。
ふんわり軽やかに広がって、さくっと流れる。
これは最高でしょう。
久しぶりに手放しで絶賛できる而今



Tag:而今


個人的に待望していた大治郎です。
25BYにほぼ同じスペックのものを飲んで、非常に美味しかった記憶があります。
今回は同じスペックの袋吊りver.
かつその時は半年たった状態だったんですが、今回は蔵出し直後でいきます。


ちなみにこの大治郎をつくる畑酒造さんで間借りしてつくっていた一博。
ことしからついに自蔵で、となったそうですよ。
随分費用も掛かったみたいですが、笑四季さんや喜楽長の喜多酒造の支援もあったそうです。
いいはなしですね。


20160419_023325~01

20160419_023334~01


含みます。
ほんのりリンゴのようなフルーティさもある含み香。
そこにバニラやカカオ、ナッティなニュアンスも、複雑。
時間がたってくると完熟フルーツ、ちょい南国系。
肌理の細かい滑らかな舌触り、深い味わいがあいまって、なにより気品にうっとりしますね。
味のあるお酒ですが、その佇まいはまさにエレガントです。


穏やかながらしっかりと甘みも感じることができます。
まだ若さのある酸がビシッと。
そして旨みがじわりじわりと染み出して膨らみます。
もりもり湧いてきます。
この旨みの押し出しはたまりませんね。
ところがフルーティな香りが鼻に抜けて、綺麗なラインですが力強く、酸がすっと立ったりする。
しかしうっとりするタッチだ。
まさにベルベット。

深いなあ、味わいが。
時間がたってくると、とろり。
いや、くにゃっと蕩ける味わいが。
より甘みが。
酸はプラムのような雰囲気も。
透明感のなかに凝縮感のある旨み。
度数のためか、すっと気持ちの良い清涼感。
こーれはウマい、いいぞ。



うーん素晴らしくポテンシャルの高いお酒です。
思いのほかフルーティさが出てくるのでそれも楽しいですが。
山田錦の高精白のお酒は、寝かすことでグングン育つものがあります。
まさにこのお酒もそんなお酒だと思います。

ぜひね、今買って夏越しいや年末まで寝かす。
現時点でもいいんですけど。
これもお勧めしたい。
この時期飲むなら45の純大じゃなくて55の純吟のほうがいいのかな。
あー久々にこっち系の酒のみたくなってきた。
寝かせてるの開けるか、王禄でも買ってこようか。






Tag:大治郎


青煌です。
山梨県北杜市、家族経営の小さな蔵元です。
なにげに山梨のお酒てこのブログ初登場じゃないかな。
七賢さんとか笹一さんとか良いんですけどね、なんかタイミングがね。


山田錦の磨き50。
酵母は花酵母、つるばら酵母です。
花酵母研究会によると、リンゴや洋ナシの香りに、力強い味わいらしいですよ。


20160415_224156~01

20160415_224215~01


ほお。
含み香は軽やかに膨らむ感じ。
膨らむんですがくどい感じではなく、好感が持てます。
なんでしょうねえ、あまーいリンゴをさっぱりと、という感じ?
やはり独特の芳しさ、フローラル感がありますね。


芳しい香りに乗って、程よい甘み。
可愛らしいイメージ。
うっすらと酸。
そこにこれまた山田錦らしい、あのぎゅっとつまった密な旨み。

フレッシュで可憐な全体像に、程よく旨みが乗っている感じですね。
佳酒だとおもいます。

やや生っぽいザラツキ。
渋みが気になるかな。
その飲み応えがありつつすっと酸が溶けて流れるフィニッシュ。
余韻はちょっとビターさがあって、結構いいね。


まあまあ。
もう新酒という時期でもないですが、しぼりたての酒としては及第点ではないでしょうか。
花酵母らしい香味を楽しめつつ、しっかり旨みもありますよね。
どちらかというと旨口で、甘みなんかはきもちスリムです。
良く練れたような柔らかさもありますね。
味があるんだけと、すっと静かにキレるようなところもある。

良いんじゃないですか。
もっと個性があるとなおよしですね。
火入れの技術があるなら、火入れも旨くなりそうなお酒だと思いました。
比較的味の濃いものと合わせても大丈夫そうな印象ですね。


2日目。
ふむ、まあいいね。
派手ではないが楽しい香り、色んな表情が出ますね。
程よい酸はさっぱりと、食にもフォーカスさせてくれる。
そして円やかな旨み。
滑らかな舌触り。
昨日より硬さがなく、とろっといい感じ。
味幅はあって生なのでやや引っかかるとこもあるんですけど、まあまあまあ。
悪くないよ、バランスいいお酒じゃないかな。










Tag:青煌


こちらブログ初登場。
居酒屋では何度か。
忠臣蔵です。
花邑がイマイチだったので並行して。

その名の通り、兵庫県(とはいっても播磨)赤穂市のお酒になります。
岡山との県境ですね。
その名の通り、かの有名な忠臣蔵の赤穂藩です。

あのへん、最近は牡蠣が有名ですよね。
蔵のある赤穂市坂越(さこし)地区、お隣の相生、さらに隣の室津。
ほんとは生ガキでも食べながらいただきたいお酒です。
蔵も海からほど近いようで、グーグルマップなんか見ると風情あるかっこいい建物ですね。


前置き長くなりました。
お酒です。
今回選んだのはキャトルセット。
フランス語で47という意味らしく、赤穂浪士47士にちなんだ磨き47%のお酒。
ラベルは洗練された高級感のある感じ、白にゴールド、明朝がいいですね。
ステキ、好きです。

これが特A山田錦47の吊るし斗瓶囲い生なんですね。
申し分ないゴージャスなスペック。
袋吊り、雫酒というやつです。
基本はガツンとパンチのある酒質を志向する蔵なんですが。
このスペックだと綺麗めになってくると思うのでその辺のバランスに注目。



20160414_214019~01

20160414_214028~01


頂きます。

やはり味わい重視タイプですね。
香りはどうでしょう、青リンゴのみずみずしさにバナナやバニラ系の官能的なニュアンス。

ファーストインプレッションは瑞々しい甘みでしょうか。
酸もあありますが、薄くというよりは旨み寄りの酸かな。
それでも生っぽさは出ています。
綺麗な透き通ったイメージとシルキーなタッチ。
清涼感もあり。

そこからじわじわと旨み、酸が広がります。
いかにも特Aの山田錦で、これくらいの中程度の磨きっぽい味わいだなあ。
ぎゅっと細かい粒が密に詰まっているような旨み。
それがじわじわとほどけ、力強い旨みが顔を出します。
それを酸がサポート。
乳酸、コハク酸、どっちも出てそう。

旨さと同時にフレッシュな余韻も残す、きもち辛いかというフィニッシュはするりと。



僕的にはすごく想像した通りのお酒。
旨みの力強さのとこなんかまさに。
骨太ですが、しなやかでフルーティさも。
そこに斗瓶取りのエレガントさですよね。
またフレッシュさ、綺麗さやタッチの部分でも斗瓶取りのクオリティがいかんなく。
なかなかの旨さです。

地味ですが、悪くないですよ。
旨口ながら、いい瑞々しさ。
エレガントな佇まい。
絶賛されるタイプでもありませんが、お酒の好きな方に味わっていただきたい。
まだ伸びそうな気がしますね。
生で夏越しくらいまで寝かせて熟感でても面白そうな雰囲気。
明日あたり、ぬる燗も試してみようかな。



2日目。
うん、いいですね。
生っぽく、質の高い瑞々しさ。
それでも崩れない綺麗さと味わいの両立。
やはり味わいはグッときますね、力強い。
昨日より纏まってきたか。

ああでも滑らかなタッチとか細かいとこが袋吊りですね。
すっと溶けるような感じがあっていい。
でもぐっと残る感じもあるんですね(笑
面白いかも。
そのまますっと溶けたらもっと好きだったけどね(笑




3日目。
青煌との飲みくらべになっているんですが。ぱっと明るくフレッシュなリンゴ様の香りがありますよね。
これはインパクトありです。。
青煌なんだろう、もうちょいフローラルというか官能的というか。

そして奥にわずかにバニラがあるわけです。
しっとりした口あたりは、粒子がいささかつまりすぎな気もしますけどね。
それでもエレガントでリッチなタッチです。
そう、リッチなエキス感ですよね。
フレッシュさの中に程よく旨みが乗ってくるし。
そんない甘くはない大人感。
良いお酒ですよ。
新酒の時期も終わって、ある意味このようなスタンダードなお酒が増えてくる時期か。
ガスとかにごりとかじゃないという意味で。
まあ夏酒は出てくるけど。
日数経っても落ちないし、味残しながらふわっとしたフィニッシュ。
いいんじゃない?
いいよこれ。



Tag:忠臣蔵

WHAT'S NEW?