Post image

【689】菊鷹 雄飛 純米吟醸 おりがらみ 28BY

菊鷹です。ここまで4本やって、2勝1負1引き分けというところでしょうか。山廃純吟静岡酵母>若水純米>山廃純米8号>山廃純吟熊本酵母、の順です。詳しくはタグ使って昔の記事見てください。26BY の雄飛(静岡酵母)が好きだったんですが、コロコロ変える造り手なんですよ。去年は山廃純吟は9号と熊本酵母の発売で、静岡酵母はなくなってしまいました。でこれまで純吟は山廃でだしてたのを、今回雄飛を速醸にしました。ニューアイ...

Post image

【688】東洋美人 地帆具 大吟醸 槽垂れ 28BY

これそろそろ飲まないとマズいね、もう2月も終わりだし。まだ去年のIPPO愛山もあるのになに買ってんだよ問題。東洋美人です。東洋美人はブログでは案外やってないなあ。外では散々飲んでいるんだけどね、それこそベスト3に入るくらい。去年かな、お店でやったIPPOの槽垂れ、直汲みのほうだったかおりのほうだったか忘れたけど、が抜群の出来で。それを今年は買おうかと思っていたけど、それもつまらないので同じ槽垂れのこれを。地...

Post image

【687】福田 純米吟醸 無ろ過生原酒 28BY

no.687福田、長崎の新勢力?です。長崎も結構酒蔵あるんですね。壱岐の焼酎蔵の横山五十はやったし、あとやっときたいのは六十餘洲くらいかな。古くから貿易港として栄えた平戸のお酒。歴史は古く元禄元年(西暦1688)創業。福田は21BYからの新ブランドで、蔵元さまの息子兄弟が中心となって作っているとか。お兄さんは農大卒、もはやお決まりのパターンですね。麹山田錦、掛レイホウで磨き55。純吟無濾過生です。香りは控えめかな...

Post image

【686】西の関 First Flower 限定直汲 中汲み 特別純米生原酒 28BY

no.68616日に親知らずを抜いたんですが、これが難儀してましてね。もう6日もたつのにまだジンジン痛いし、まだちょっと腫れてるし。ご飯も食べにくいのですが、さすがにそろそろお酒を飲んでいかないと在庫がね。前日から飲んでないのでもうまるまる1週間飲んでいないし。調べてみるとこんなに飲んでいないのは、1年半前に扁桃炎になって以来。しかしそれ以来風邪ひいてないんですね~体がそんなに強くなくて毎年一回くらいは寝込...

Post image

【685】根知男山 プレミアム雪見酒 純米吟醸生 28BY

no.685今年は、ほんとにここ数年で良かったお酒をきっちり再確認していこうかなと。で、26BYかな、良かった根知男山のプレミアム雪見酒です。基本的に静かな旨口で、それも熟成をやる蔵ですが。これは例外的にジューシーな味わいの商品です。2年前はそのギャップと質感にやられましたが今年はどうでしょうか。根知谷産五百万石一等米55、無濾過生です。含むとふわっと軽く、またサラッとしたタッチ。すべすべ美肌に、スイートな甘...

Post image

【684】三連星 純米 直汲み 28BY

no.684あーやっとできましたねこのお酒。本来であれば何年もまえにやるべきでした。お世話になってるうえも酒店さんで、むかしかなり大規模なブラインド試飲会をやっていたんですよ。参加者が点数つけて、それをきちんと集計して発表までするという。何回か参加しました。その中で他の人が良い点つけるけど、自分はイマイチだったのがくどき上手。逆に、自分は結構いい点つけて、他の人よりも評価高いかな?と思っていたのが三連星...

Post image

【683】町田酒造 ましだやコレクション 28BY

no.683全く本編と関係ないんだけど、今月発売のdancyuみたよ。相変わらずクソの役にも立たないセンスない特集だったな。だいたい巻頭記事が『日本酒を相撲にたとえたら。』ってもう意味がわかんねーよ。。いったいどの層を想定しているのか、何がしたいのか、ばっかじゃないのかね。挙がってる銘柄も記事内容も全く持ってセンスなかった。でも世の中上には上がいて、年末にでてたサライの日本酒特集はまさにキングオブうんこ。『筋...

Post image

【682】松の司 純米吟醸 あらばしり 28BY

no.682なんかピントが合ってないな。でも良いじゃないですか銀の袋、遮光的な意味でも実利あるし。何回も言ってるけど、馬鹿の一つ覚えみたくカラフルな箔押ししてる蔵より全然いい。袋を取ってもちょっとアースカラーっぽいような配色に“生”の緑の文字がいいじゃないですか。センスのいい蔵ですよね。えー前置きが長くなりました。昨年末にブラックアゾラを飲んで素晴らしく良かった松の司です。基本的には寝かせの蔵なので、この...

Post image

【681】十四代 純米吟醸 槽垂れ おりからみ28BY

no.68130になったことですし(全く関係ないけど)、ここらで十四代の復習でも。前も言いましたが、十四代は基本お店飲み。双虹龍月とか七垂二十貫なんかのほうが飲んだこと多くて。ミドルクラスをあまり飲んだ頃が無いんですよね。で新酒の時期ってことで、基本は火入れの多い蔵元ですが、生の酒を2本手配しております。今回の槽垂れおりと、角新大吟の2本です。まずは槽垂れのおりからみ。おりがらみじゃなくて、おりからみなのは...

Post image

【680】桂川 亀口 無濾過生原酒 28BY

no.680昨年末に行ってきた、新前橋の高橋与商店で買ってきたお酒。すっかり飲むのが遅くなってしまいました。うひょなんやこれぇ、ぜったい未飲の銘柄やろ!しかも甘口やて!!ってテンションで喜び勇んで買ってきたんだけど。家でよくよく調べてみると、柳澤酒造って結人の蔵元でした。ラベルにおっきく書いてあるのが銘柄名に違いないと思っていたら、ただ亀口!!!と書いてあるだけでした。銘柄としては地元むけの桂川だそうで...