Post image

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ レ・ヴォークラン1993  ジャン・ショーヴネ

どうも、日本酒通ですがワインはからっきしの人間です。日本酒ブロガーが始める本格ワイン、3本目。前回、前々回はボルドーとブルゴーニュから1本ずつ、高いのを買って飲んでみました。ただブルゴーニュのほうが若い物だったので、ブルゴーニュでそれなりに古いものをやろうと思いました。というわけで、ワインにお詳しい読者様にお願いしておすすめ頂いたのがこちらです。ありがとうございます。またお願いします。コート・ド・ニ...

Post image

【714】木戸泉 AFS オールドリザーブ

ウチのブログでは登場回数多めの木戸泉です。10年来の知人が近所に住んでいて、なんかね。いや味わいも好きなんですよ。初めての人は白玉香から入るといいと思います。個人的には変わり種の古酒に注目していてます。今回はついにAFS、のオールドリザーブ。この深いアンバーな色が素晴らしいですね。梅酒ではないですよ!AFSはこの蔵お得意の高温山廃仕込みの、多酸、強烈な甘酸っぱ系なお酒です。いまでこそそういったお酒も増えま...

Post image

高尾、ふたたび

去年登山を始めて、備忘録代わりに記事にしていたのですが。もはや誰もおぼえていないでしょうね。去年の10月に男体山に登って以来、お休みしておりました。冬山やるのはアホでしょ。やってもいいけど死んでもいいって人じゃないとね。低山だってちょっとふらっとして崖から落ちれば死んだっておかしくない。そういうものだと思って行ってますよ自分は。特にソロだしね。栃木で山岳部が雪崩に……って事故がありましたが。そもそも子...

Post image

【713】黒澤 きもと純米酒 直汲生原酒 Type-7 28BY

モウカンさんとこで話題になってたお酒。僕のツイッターのほうでも流している人がいたりして。ほんと皆さんよく見つけてくるね~。終わりなき新規発掘のたびにいささかお疲れ気味の僕です。この黒澤もまったく知りませんでした。同じ長野の瀧澤(鼎のとこ)と混同しちゃったくらい。美山錦65の生もと、協会7号で直汲み。長野っていうとあんまり山廃・生もとの蔵って多くないイメージで。それこそ美山錦を長野酵母で華やかに、みた...

Post image

【712】亀甲花菱 純米吟醸 山田錦 生原酒 28BY

亀甲花菱もずいぶん久しぶりですね。4年ちかくやってませんでした。たぶんあんまり美味しくなかったんでしょうね。見てみると8月に生原酒をやってるのでその辺もあったのかもしれません。中川さんの別誂え、赤ラベルです。いくつか種類がありましたが、久しぶりなので王道の山田錦50を選びました。そういえば最近、とくに新しい銘柄試したいなってのもそんなにないんですが。すっかり忘れていたのが豊明。これはだいぶ前からやろう...

Post image

【711】風の森 純米しぼり華 愛山 28BY

ワインは知らないことを学ぶ楽しみがあって、少し続けていこうと思いますが。日本酒もちゃんとやりますよ。風の森の愛山です。去年からの新商品だったと記憶しております。去年はうっかりやりそびれてしまいました。寝かせようかなとも思ったのですが、なんとなく気分だったのであけてみます。愛山80ですね。当然無濾過生で、酵母は協会7号系です。まあイマドキ風の森を飲んだことがないなんて日本酒フリークもいないと思うので。...

Post image

エシェゾー2014 ブシャール・ペール・エ・フィス

そもそもタイトルからしてこの表記で良いんですかね?前回に引き続き、ワインです。ボルドーはほぼシャトー=生産地=生産者なのでまだわかりやすいんですが。ブルゴーニュは畑×生産者でそれぞれあるのでさっぱりわかりません。でもある意味日本酒に近いのかな?蔵元が、播州山田、赤磐雄町、南砺五百万石と違う畑のお米でそれぞれお酒を造っているようなものでしょうか。このワインについていえば、特級畑エシェゾーのブドウで、...

Post image

シャトー・トロタノワ 1999

とある百貨店にて、1本5万ボルドー今飲めるやつという条件で出てきたのがこのワインです。正確には5万程度でというつもりだったのですが、5万までととられたのか、税込みで4万ほどのようです。以下うんちくの受け売り。ボルドー右岸、ポムロールの代表的シャトーなんだって。右岸だからメドックの格付けには入ってないんだけど、評価は高いんだよー。それはシャトー・ペトリュスと似てるからなんだって。シャトー・ペトリュスと同...

Post image

日本酒ブロガーがはじめる本格ワイン:前日譚

ぶっちゃけ日本酒もだいぶやり切ったなという考えが頭をよぎります。わかりやすく言うと飽きてきた。美味しいお酒飲んでもあまり驚かないんだよね(笑あー、こっち系ね!いいじゃんいいじゃん良くできてるよ!的な。何様だよという感じですが。それで他の酒類もいいもの飲んで浮気していこうかなーと。そのなかでもワイン。自分も30すぎていい歳になり、そろそろワインの一つも語れるようにならないと恥ずかしいなと。ちょっと勉強...

Post image

【710】まんさくの花 うまからまんさく 番外品 特別純米生原酒 28BY

秋田県、まんさくの花。このうまからまんさくは昨年とある漫画で取り上げれてそれも第1話だったこともあってバカ売れした商品。それに味をしめた、というと表現が悪いですが。少々リニューアル、季節によってバリエーションをつけていくようです。僕としてはこれまであまり守備範囲のジャンルではなかったのですが。最近すこし好みが変わってきたのと、寒北斗shi-bi-enの辛口純米酒が結構よくてね。よくできた旨い辛口はアリという...