日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【480】小鼓 純米吟醸 初手思慕里 無濾過生 27BY

 17, 2015 19:12

京都県でも丹波のお酒。
福知山のあたりですね。
小鼓です。


おしゃれなラベルで、高額路線。
デパートあたりではよく見るけど、酒屋ではあまり見ないんですよねえ。
路上有花のシリーズが有名かなと思います。

今回は季節限定の新酒です。
初手思慕里(しょてしぼり)と読みます。
五百万石58の純吟。



20151217_183232~01

20151217_183244~01


ちょっと酸があるような、白ブドウ系の香りがそこそこ立ちます。

含む。
やはり酸が基調ですね。
さっぱりとした鮮やかな酸。
酸に旨みも感じます。
白ブドウや柑橘、プラムなどを思わせるフレッシュな香り。

酸の奥にほんのり品の良い小ぶりな甘み。
そのあとはじわじわと苦み渋みが広がります。
酸と新酒らしい粗さのハーモニーが力強く広がった後は、思いのほかさらりと上品な口どけで流れる。
軽やかで繊細な酒質を志向する造りが見て取れる、のかも。



ちょっと苦渋・アタック感が強い。
こなれてくると、さらっと軽やかに柔かさもあるだけにもったいない。
ジューシーなだけでなく優雅さもある。
とろりと白桃のような甘みや繊細かつ旨み、コクといったところが程よく感じられる。
口開け後よくなるタイプのお酒ですね。
もしかしたら2日目以降もよくなるかもしれません。
それでもやっぱ苦いし渋いけどね。


悪くはないかな。
あんまりこの手のお酒を造り慣れていないような?
純吟にも新酒にも。
この造りなら高精白のお酒は外さなそうです。
高額の商品も飲んでみたい蔵です。



2日目。
うーんやはりアタック感が気になる。
もったいない。


Tag:小鼓

COMMENT 0

WHAT'S NEW?