【63】而今 大吟醸 火入れ 23BY

もうね、気が気じゃないんですよ冷蔵庫に酒があると。
飲み頃を外したらどうするんだと。
減酒なんてしったこっちゃない。
これを飲んでから減酒します。

一升瓶を買うのはかなり久しぶり。
くどき上手を昨年に買った以来かな。





香りはいたって而今らしい。
若干穀物のニュアンスを感じるような甘酸っぱいフルーツ香。
状態の変化で色々なニュアンスが楽しめます。
メロン、マスカット、桃、柑橘……。
ガンガンにというわけではなく、いつもの純吟と同レベルかその延長線上。

含み香はいたって穏やかでエレガント。
メロンやマスカットのような華やかな香りがふんわりと広がります。

ほんとの最初、舌先で感じるのは水?という感想。
そんな綺麗なタッチから見事な調和の甘酸。
い~い甘み。はあ~。
綺麗さと柔らかさが高次元で同居。
程よい旨みを感じさせつつあっという間に流れ落ちる。

うん、音速のキレ味って言われるのが大吟醸を飲んで良くわかった。
ウルトラスムースでつぅ~っと滑り込みます。
何とも言えない旨みと仄かなフルーツ香で極上の余韻。

いつもの而今と比べるとやはり上品。
甘みはキメが細かく、雑味は少なく。
しかしゆっくり味わうと甘みをともなった良い苦味・渋みもいる。
透明なだけじゃなく程よい旨み。
本当に最上級の一品です。

而今だけじゃあないけど、本当に好きな蔵元ってぶれない。
どの米でつくっても、どんなスペックでも而今而今

温度が上がり開いてくると一級の大吟醸らしい極上の甘みがとろーん、じわわっと。
而今らしさをより味わえるようになってきます。
絶妙の苦渋旨ですーっと流れ、じわわっと。

少し年上の可愛くてきれいなおねーさんにすべてをゆだねるような。
そんな素敵な味わい。
もう多くは語らじ。

こんな美酒を飲める幸運に感謝しつつ。
1週間じっくり味わいます。
















Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • もぐもぐモグラ
  • URL

はじめまして、もぐらと申します。

いつも読み逃げ(?)させていただいております。

関西方面にお住まいかと思ってたのですが、関東だったのですね。

どうぞお身体ご自愛ください。

まずは挨拶まで。

失礼いたします。

  • 日誌係
  • URL
コメントありがとうございます

いつもご覧いただいてありがとうございます。
声をかけてくださってうれしいです。
私ももぐらさんのブログちょくちょくのぞきに行かせていただきます。
これからも宜しくお願いします!

Leave a Reply










Trackback