【514】積善 純米 無ろ過生 27BY


長野県の新興銘柄、積善です。
花酵母蔵で、つまりは東農大卒というわけですね。
造り手の飯田一基さんは来福で修業なさったようですよ。
筋金入りの花酵母派なわけです。

しかし全く関係ないのでしょうが、積善というと四万温泉の積善館を思い出しますね。
千と千尋の神隠しのモデルにもなった旅館です。
知人が湯治で長期連泊しやがってうらやましかった記憶があるのです。


今回は純米の無濾過を選びました。
酵母はヒマワリ、リンゴの花。
ひとごこち59。
長野県の蔵は59とか49とか好きですね~なんででしょう。
精米してるとこの関係?


20160306_112421~01

20160306_112439~01


おお、なかなか良いですね。
香りますが、上手く仕立ててあります。
花の蜜のようなイメージの香りでしょうか。
それとも巨峰かな。
うるさくないのが良いですね。
深く濃いですが、さっぱりと。

さらっと優しいタッチの甘みが香りとうまく調和して、気持ちよく広がります。
そこにすっと、凛としたたたずまいの酸が立ち、さっぱりとしたキレへシームレスにつながります。
若い純米らしいしゃきしゃきした旨みも見え隠れしますね。
ちょっと甘じょっぱいようなニュアンスもあるかな。
全般に適度な弾力を感じます。
そして次第にじわじわと濃醇に。

これは結構好きです。
ふつうに純吟でいいじゃんって出来。
すとんと座りの良い感じ。
香りの造りもいいですが、味わいも及第点だと思います。
またいろいろ飲んでみたい。
今日は去年の年末に買ったばかりの器を割ってショックなのでこの辺で。。。


2日目。
うん、やっぱり香り方はいいですね。
香りますが品よくどこかさっぱりとしていて、この辺は上手。
香りが味わいをさらに膨らませているようなイメージがあります。
味わいは甘じょっぱい感じがありますねやっぱり。
旨みにクリーミィなニュアンスがあるからかな?
適度に濃醇なお酒。
ちょっと今日は苦みが出てきているでしょうか。
それも滑らかな口当たりに、甘旨みと程よい酸のバランスで飲ませてくれます。
ほんのり辛みもあってキレも。
今後が楽しみなお酒だと思います。


Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • 通りすがりの酒好き
  • URL

またまたお邪魔いたします(^^)

おぉ、積善ですか!
私は昨年、幻舞を求めて川中島へ行った時に偶然出会いました。

その時は、山田錦ヒマワリとひとごこちオシロイバナの一升瓶を購入した記憶があります。

香り方は花陽浴ににていますかね?それよりも、酸が控え目で独特の苦味を感じました。

とても旨いですが、開栓3日以降はヒネ易くて4合瓶で買うべきだったと後悔しました(;´д`)

Ps.こちらこそ、宜しくお願いします!

  • 日誌係
  • URL
Re: タイトルなし

ようこそいらっしゃいました!

いいですね~長野まで足を運んで、また違う地酒と出会う。
なんだかとっても良い感じです。

香りの出し方は流石にうまいな~という印象を受けましたね。
来福さんで修行されたようですし、花酵母の使い方は心得ていらっしゃるのでしょう。

たしかに僕も2日目はやや苦みを感じました。
足の速いタイプのお酒なのかもしれませんね。
味わいに関してはもっとスイートなタイプなど他にもあるらしいです。
長野は良いお酒が多い県ですが、また一つ楽しみなお酒が出てきたなと思います。


ぜひまたいらしてください!
おすすめのお酒などもご教授いただけばうれしいです!

Leave a Reply










Trackback