日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【518】真稜 至 純米吟醸 生酒 27BY

 14, 2016 14:24

(いたる)です。
新潟は佐渡の逸見酒造さん、基本の銘柄は真稜です。
昨年だったかな、某ジャニーズの人がここの純米をTVで紹介して話題になりましたね。

スペックです。
去年までは山田錦だったみたいですが、今年は越淡麗らしいです。
磨きは55。
生で、無濾過みたいですね。
酵母はわからん。
去年は協会1801号+新潟G-9だったみたい。


20160314_134513~01


頂きます。

おやこれは。
独特のお酒ですね。

ファーストタッチはさらりと軽く柔らかく。
肌理も細やかです。
香りは控えめで、穏やかにリンゴや梨のような含み香が漂います。
梨も和と洋どっちの雰囲気もありますね。


うるおいのある、ナチュラルな優しい甘みと酸。
ここのイメージは白桃かな。
そこから綺麗な繋がりで、独特のコクのある旨みがじわっと広がります。
すこしビターようなニュアンスで、しゃっきとでもないし、ほっこりでもない感じ。
旨みを残しつつ、さらっと美しく消えていきます。


これは良いですね。
とにかく口当たりがよく、するするといってしまいます。
穏やかな甘み、酸もどこまでも優しく滑らか。
旨みを残しつつ、淡雪のように美しく消えていきます。
穏やかながら気持ちの良い香り。
綺麗でうるおいたっぷりの瑞々しさ。
フレッシュなイメージはありますが、抵抗は皆無です。

ほお~これは素晴らしい。
レベル高いです。
とにかく飲みすぎ注意。
ジューシーなお酒をゴクゴクいくのとはまた違って、するすると入り自然に手が伸びる。
ナチュラルな甘みと酸、フルーティさが適度で絶妙。
それでいて旨く、細部までいきわたった質感。
これが生なのかという引っかかりのなさ。


これはびっくりした。
ジャニーズもバカにできへんわ。
新潟酒に新たなスターの誕生ですね。


2日目。
うん、今日も良いです。
穏やかなフルーティさと、それに寄り添う旨みがタマリマセン。
ぬる燗もたぶん良いと思うんですよね。

3日目。
燗をつけてみました。
やはり予想通り、ほっこりといい塩梅の旨さ。
まったりとよく練れており、ちょいビターな風味。
思いのほかこってりとした味わいが楽しめます。
チーズとかあいそう。
内に秘めた力強さ。
面白いお酒。







Tag:おススメ 真稜

COMMENT 2

Tue
2016.03.15
20:42

日本酒初心者 #-

URL

買うべきか?!!

このレヴューは悩ましい!
いつも行く酒店にあるようで、たぶん買ってしまう(笑)
しかし、ちえびじんの特純の八反おりも気になり(同じ店に取扱いあり)、冷蔵庫の空きの関係もありで悩んでしまいます。
前から至は呑んだことないし気にはなってて(^_^;)
他にも、[もう肝臓は無駄に~]さんのおススメの【508】萩の鶴 純米吟醸 別撰 27BY の取扱いもしてて、これも呑みたいし、他にもレマコム渋滞してるし、金銭的なものもありますし。
たぶん、全部買っちゃうんだけど、悩むのも楽しいもんですよね?

長陽福娘の五百万石を今日呑んでみました。感想としては、めちゃシュワシュワ~です。直汲みか?ってくらい(笑)甘さは控えめですが、旨みあり。美味しいですが、ちょっと癖あるかもです。これが五百万石なのかな?とか思いつつも、純米直汲み山田錦が最高過ぎて、あの感動には届かないかな~と思います。数日後はわかりませんが(^_^;)

ちなみに天明も冷蔵庫にあります。今週、知人とあけるつもりですので、また感想を送らせていただきます。
いつも、楽しくためになるレヴューありがとうございます。




Edit | Reply | 
Wed
2016.03.16
13:42

日誌係 #-

URL

Re:

迷ったら買うべきでしょ!!



などと煽ってみました(笑
至はほんとに良いお酒だと思ったので機会があったらぜひ。
ちえびじんも萩の鶴も良いので捨てがたいんですよね~。
冷蔵庫のスペースも金銭的にも、そして肝機能的にも困ってしまいます。
酒屋やらネットやらであれこれ悩むのは至福の時間ですね。


長陽福娘の五百万石気になってたんですよね~レポありがとうございます!
そんなシュワシュワでしたか!
あんまり直汲みとか関係ないのかなぁ?
山田の純吟の直汲みを近日やる予定なのでお楽しみに!


天明は他の方からも良いお話が届いておるので、期待していてよいと思います。
それではまた、感想なども楽しみに待っております(^^♪




Edit | Reply | 

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  真稜(しんりょう)「純米吟醸」至
  •  昨晩は新潟県の逸見酒造株式会社さんが醸す、真稜(しんりょう)「純米吟醸」至(いたる)をいただきました。いつみと読んでしまいそうですが、へんみしゅぞうさんだそうです。  下部のリンクにて紹介しておりますが、自分が良く寄る日本酒ブログでも、ここのところ見るようになってきた銘柄です。調べてみると2015年の正月に「嵐にしやがれ」(元日は嵐旅館開店SP)でV6のリーダー坂本昌行さんが、気に入ってい...
  • 2016.11.08 (Tue) 11:04 | 日本酒ブログ(由紀の酒)

WHAT'S NEW?