日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【佐渡周遊編1】 真稜 カップ酒 無糖加

 23, 2016 17:41


帰省のついでに何を思ったか突然思いつきで佐渡に輪行。
自転車でゆっくりぐるっとまわろうかなと。
走るので精一杯なので酒蔵行ったりする暇はなさそう。
試飲したら飲酒運転だし、荷物増えるのやだ!


今日はフェリー乗り場で買ったカップ酒。
先日頂いたの地元銘柄真稜と全く知らない金鶴。
しかしオーシャンビューというのはいいものだ。

普通酒となるようです。
蔵元WEBサイトを見ると原料米が五百万石・加工米となっています。
いちおう五百万石が5割以上、磨きは66%。
1升で2000円を切る、1800円とかそこらのお酒です。
まあ普段だったら絶対飲まないですね。





真稜
軽やかなタッチに、さらっと甘み。
そして、米のあまい旨みが広がる。
やはりこのお酒はうまい。
こんなカップ酒でもいい味してる。
この甘ウマは良いですよ。
もたつきとかなくて、サラッとしてるけど、しっかり甘ウマ。
普段飲む酒でこのレベルなら地元の人はいい思いしてるはず。
熟成感も特になくて、なんだろこの香り。
フルーティてのとは違うけど、ほんのり砂糖菓子みたいな甘い香り?
あとは僅かに樽酒っぽいニュアンス?
ちょっとすっと鼻にぬける清涼感。
この辺はアル添だからってのもあるか。
んーイソアミル系の甘さに柑橘が僅かにとも表現できるか?
いい感じのクリーミィさだなあ。
控えめだけと酸と辛味もあってフィニッシュはさっぱり潔し。


かなりいい線行ってるし疲れてるから今日はこれだけにしとくか。
朝4時に起きて、始発新幹線からのフェリーで輪行はつかれた。
また俺の自転車がクロモリだから重いんだこれ。
しかも背負うの嫌いだからご丁寧にリアキャリアもセット。

いやしかしこの酒はふつーにうまい。
いい酒だ。

フェリー乗り場のお土産屋だけどちゃんと製造年月日新しいのがおいてあるのは良いね。
どっちも今月だ。
北雪はあえて外した。
そのうち東京で買ってやりたいと思う。









蔵元さん。
時間の関係で立ち寄らず……日曜だったしね。
小規模な地酒蔵らしい、いい雰囲気の蔵でした。



Tag: 真稜

COMMENT 0

WHAT'S NEW?