日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【550】月不見の池 High-Standard 一意専心-label Recipe2 27BY

 17, 2016 22:38

5.14レマコム冷凍事変、つづいての犠牲者がこちらのお酒です。


1月にやって絶賛したコレとセットだったんですね。
おそらくこれもガスがあったためか、少々漏れがあったようです。
幸いにして漏れがあったのは天明と月不見の2本だけでした。
1升瓶ガスありは絶対凍らせちゃだめよ。
4合瓶はできる子ですが。

えーっと先の藤ラベルは特別本醸造(磨き6割以下のアル添)でした。
こちらは本醸造(磨き7割以下のアル添)ですね。
お米は同じたかね錦。
レシピ2だから中取り、直汲み、無濾過生、おりがらみですね。
これはAUNさんの符丁です。



20160517_212519~01

20160517_212546~01



栓がちょっと上がってたので、本来はあったであろうガスはだいぶ抜けておㇽと思われます。
それでも極々微量のガスが溶けていますね。
注げばぱちぱちと大ぶりの泡。
まあしかし相変わらず美味しい。

ふっくら、丸みのある柔らかなタッチですが、ひっかかりなくウルトラスムースにしゅぱっと駆け抜けます。
この清々しい捌けの良さ、さっくり。
採点競技なら満点のフィニッシュですね。

瑞々しさ、クリアーさと絶妙なバランスの甘さはやはりブドウの甘やかさ。
そこにうっすらと酸が溶けて、本当に気持ち良いですね。
旨み絶妙に寄り添います。
ちょっと甘じょっぱいような、そんな感じ。
オリの柔らかなミルキーさと、フレッシュな純米酒にあるようなシャキッと感が両方ある。
香りはふんわりとブドウ、イチゴ、マスカット。

あえて挙げるとすれば、少しドライなんです。
抜けたとはいえまだガスもありますし。
でまあ本醸造なんですこーしアルコール感があるかなあという感じ。
その分キレはスパッと音速ですね。

またわずかに渋み、細かいザラツキがあるんですが、それがブドウのニュアンスとジャストフィット。
心地よいタンニンっぽい感じ。
僅かに収斂性あるかなーくらいの。

限定品ということを差っ引いても素晴らしすぎるお酒です。
これ本醸造なんで税込2592円。
あまりいうと買いにくくなっちゃうからあれだけど、まあありえないですね。
ブドウ系(って勝手に僕が言ってるだけですが)が好きな人はたまらないと思います。




なお現杜氏の佐藤良一氏は御年76才。
76でよくこんなモダンな酒つくるよなあ。
大変失礼な話ではありますが、飲めるときに飲んでおきたいお酒だと思います。
新潟はね酒どころといいつつ現状大変ショボいんですよ。
その中にあって気を吐いているのが糸魚川勢なんですね。
謙信、根知男山、月不見の池……雪鶴も結構いいよ。
ちなみに雪鶴は全量袋しぼりという、ありえない蔵です。
本醸造だろうが純米だろうが袋搾り、アホかと(笑

つか糸井川には5蔵しかないけど。
加賀の井さんはごめんなさい、飲んだことないです。
本当に販売店も少ないですが、いいお酒ですよ月不見の池
ぜひぜひ。


2日目。
あーいいですねえ。
昨日よりガスあるかな。
甘み、やわらかさとドライ感のバランスが秀逸。
穏やかに香るフルーツの香り。
すばらしい。

3日目4日目くらいかな。
少し落ち着いてきました。
ふっくらとしたタッチは相変わらず。
枯れたようなお米の旨みが目立つようになり、これはこれでグッドですね。
それにしても口当たりも滑らかだし、フレッシュさも健在。
口開け後、味わいを維持できる強い酒質ですよね。
無名でも小さくてもこんあお酒が増えて、楽しめる環境があればいいなと思います。










Tag:月不見の池

COMMENT 2

Fri
2016.05.20
01:09

やまあつ #-

URL

うちこれ月見は20年前ぐらいは定番メニューでしたよ。           当時の酒質はもろ新潟酒。水みたいな酒を目指してたんでしょうね。      十四代、廣木が世に出てきたころで、おもろなくてメニューから外した記憶があります。今現在、日誌係さんの評価から、まるで別の酒になっているようですね。 一度20年ぶりに飲んでみたくなりました。
いつも勉強させて頂いてます。有難うございます。

Edit | Reply | 
Fri
2016.05.20
05:27

日誌係 #-

URL

Re: タイトルなし

やまあつさん、お久しぶりです!
お仕事の方はいかがでしょうか。


20年前とは……私のような若輩には想像もできないヒストリーですね。
ものすごく興味深いです。
変化を恐れずチャレンジしてきた蔵元なのかもしれません。
新潟では、端麗辛口にあぐらをかいた蔵が多いので、その意味では素晴らしい蔵だともいます。
いまの味わいはレギュラー品でも芳醇で良い感じですよ!

こちらこそいつも貴重なお話ありがとうございます。
またよろしくお願いします!


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?