日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【564】天の戸 ランド・オブ・ウォーター 純米吟醸 生酒 27BY

 11, 2016 20:35

あけたいときは欲望に逆らわずあけましょう。
秋田県から天の戸です。
ほんとに秋田は日本酒天国ですなあ。

そして今季初の夏酒です。
特別惹かれることはないですが、年に1、2本くらいは飲むようにしています。
まあ美味しけりゃ何でもよいですよ。


蔵の敷地内に湧き出る“琵琶沼寒泉”をイメージしたお酒だそう。
地元産特別栽培の美山錦55を協会10号で。

20160611_201013~01

20160611_201023~01


ほんのりと生酒っぽい甘い香りが。
いただきます。


ううーん。
結構あまみがあります。
例の古い日本酒にありがちな、もったりしたニュアンスの甘み。
それ以外のバランス感は好きだけど、それに尽きるかな。

程よい酸ときらりと光るミネラル感。
その辺のバランスはすごく良くて気持ちいい。
香りは吟醸香という感じではなく、ほんのり甘い香りが漂う程度。
フィニッシュもすーっと流れる感じでいいんですけどね。
メンソールとかハーブ、アルコールまでは感じない清涼感で良いですよ。
穏やかな渋みがあるかな。



例のごとく淡麗、とかすっきりなんて書いてある酒屋が多いですが。
結構しっかり甘いですよ。
酸との絡まりかた、初夏の日光に光る水面のようなきらめき。
あーだいぶ良くなってきた?
いや、やっぱり旨みのニュアンスがね。
ちょっと古いんですよねえ。
おしい!!!
厳しめ採点ですが、これはこれで全然ありですよ。
たとえばお店なんかで飲んだら印象変わると思う。
お刺身なんかとあわせてみると、この旨みも悪くないかなと思う。
全体の流れとして透明感や輪郭があるだけに、甘みが魅力的に見えてくるような。
フィニッシュも美しいですし、程よい渋みやミネラル感がいいですね。






Tag:天の戸

COMMENT 0

WHAT'S NEW?