【569】あべ SPICA 27BY


今年もっとも面白かったお酒、あべ
そのチャレンジ商品です。

VEGAとSPICAの2種。
VEGAは低アル。
SPICAはドライなライスワインらしいですよ。
でも星シリーズはいいね、星座シリーズとかもアリだな。
そうなってくるとなんかボトラーズのウイスキーみたい。

詳細スペックは不明です。
こっちも十分低アルな14度。
地元の柏崎でつくったお米みたいです。
精白歩合は五百万石55と越淡麗47と書いてあります。
ブレンド比率はわかりませんが、普通に考えれば越淡麗が掛米か?
酸度2.8。
推奨シーン(マリアージュ)として洋食、フルーツとなっています。
フルーツをあてに日本酒、というの実は僕も好きだったりしますが。
蔵が積極的に推奨しているお酒というのは珍しいですね。



20160622_175641~01

20160622_175705~01


ライスワイン、にゃーんて言うくらいだぁからワイングラスで。

おっといい感じの立ち香ですね。
新政系統です。
酸があって白ブドウ系。
あーでもそれだけじゃなくて赤いブドウのニュアンスもありますね。
またうっすらと瑞々しいフルーツの甘やかさがあります。


おーあー、なるほど。
面白いね、この蔵は本当に。

薄いガラス、透き通った透明感。
味幅は控えめでスリム、そして確かにドライ。
繊細なタイプですね。

角の取れた口当たりから、うすーく瑞々しい甘み。
酸は確かに強いがトゲトゲシイものではなくて、また旨みに繋がる。
奥に極めて控えめにお米の旨みもありつつ、本当にワイン的なニュアンス。
酸は白っぽいんですが、ニュアンスとしては白より赤もあるんですよね。
品種の違いとかは詳しくないからわからないけど。
自然な流れ、軽やかにふわりと、そしてさっぱりと消えゆくのと同時に、仄かな甘い芳香、そして適度な渋みとミネラル感がまさにタンニン。
ここは通常のあべとも通じる部分があるのかなあ。
余韻として残るのは本当にワインらしいような酸とタンニンぽさに、極わずかな甘い風味。


本当にワインぽいんですけど、日本酒らしい味わいもある。
そして普通に美味い。
美しいお酒。

ワイン酵母のお酒もいくつか飲んだこともあります。
それよりは甘酸っぱ!!って感じじゃないですね。
それよかスムース&ドライに、品よく仕上げています。
それでも味もあるし、香りもある。
香りは赤、いや少しフローラルなのかな。
そう感じるだけでしょうが、ちょっとウッディさもあるかなあ。

んーこれは売れるわい。
完成度高し。
日本酒だめーワインすきーって人もいけるし。
ワインだめー日本酒すきーって人もいける。
料理人は店に置いたら面白いと思うんじゃないの?
とにかくふつーに旨い。
コレ、ワインに詳しい人が飲んだらどうなるんだろうね。
もう少しワインの勉強もしなきゃだめだね。





ここで、先日の直汲みを残しておいたものと比較。
あっれぇ??


               , -――- 、
              /       ヽ
              | ノ  ー    |   これってあんまり変わんなくねぇ?
              |(・) (・)   |
              |  (      |
              ヽ O    人
               >ー-― ´   ̄ ̄\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /              |
     くメ) _ノ  |  |  |        |   |
       (/  |  | /  |        |   |
          |  |/  /|        |   |
          |  ト  / |        |   |
          ヽ__/ |        |   |


苦みはかなりなくなっていますね。
いやなくなっているというより、今回のSPICAに通じる渋み、タンニンっぽさとして感じます。
違うのはより甘やかで、はっきりとトロピカルな風味でしょうか。
あとクリアーさでは劣るけど、滑らかだね。
うっすらおりが絡んでいる、というのもあるし。
でもそれでもきれいだな。
はっきり鮮やか、爽やかな酸もあって、味わいはかなり近いですね。
あーこれが目指す酒質なのか。

ワインっぽくライトにしただけで、本質は変わらんやん。
ワインver.も好きだけど、やっぱ俺はオリジナルがいいな。
ああ~この蔵はちょっと大成するかもしれません。
少なくともオリジナルな路線で一旗あげることは間違いないでしょう。
面白いお酒、蔵ですね。
応援させていただきます。
頑張ってください。




2日目。
今日はちょっとマスクメロンとかバナナなニュアンスを昨日よりも感じる。
これを昨日は赤っぽく感じてたのかな。
味わいはどうだろう、渋みが少し強く感じるかなあ。
酸もすこしエッジィ(そんな言い方あるのか?w)になってきて。
より白ワインぽい感じはあるかなあ。
それでも香りの甘さと、軽い飲みごこちは好印象。

渋みは苦みと言い換えてもいいと思いますけれども。
スモーキーでちょっとシガーっぽいような?
やっぱあくまでドライですよね。
舌に残る細かいザラツキ、他でないような面白い感じだよね。
これが設計なのか、意図せずしてこうなっちゃうのかはわからない。
蔵元さんに聞いてみたいけどね。
ただアリな感じではあるんだよね。

料理、何だろう。
まあなんでも合いそうな感じですが、肉、野菜、フルーツ、ううん。
ちょっとシッカリめのソースな白身魚のカルパッチョとか?
バルサミコにニンニクとかあわせたソースなんかいかがでしょう?
でもほんとに赤っぽいニュアンスもあるんよねえ。







Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback

本日の家飲み あべ 「SPICA」 27BY     新潟県柏崎市のお酒です。  家飲み、外飲み含め初めていただきます。  はっきり書いてしまいますと、このお酒をセレクトした理由は、日本酒ブログ「日本酒感想日誌」さんのオススメ銘柄だったからです。  「日誌係Awards2016」ニューカマー賞ということで断然推されてますからね…、ここまでハッキリ書かれると買わないわけに...