【576】あぶくま 大吟醸(金賞受賞酒) 無濾過原酒 27BY


いや~今日はあれにしようこれにしよう迷いましたね。
その日なに飲むかってだいたいは前日になんとなく決まっているんですが。
今日は朝から迷いましたね~。
昼を過ぎても迷い迷い。
一日中酒のことばっかり考えているなよアル中!という感じですが。

というわけで、あぶくまの大吟醸、金賞受賞酒です。
2年連続だったですかね、金賞は。
応援していて好きな蔵ですが、決して華やかなお酒というイメージの蔵ではないのでそこは一抹の不安。
山田錦40の無濾過原酒(生ではない)です。



20160706_200216~01


メロンや桃にイチゴなど、綺麗にカプエチ系の香りが出てますね。
洗練された、出品酒としては決して派手ではない立ち香でしょか。

綺麗で滑らかな口当たりで、ややとろみのあるテクスチャー。
ぎゅっと密に詰まったしなやかな筋肉のイメージも。
さらっとしたパウダリーなほどよい甘みと、薄く入った酸の影響か、静かながらキラリとやや明るいクリアーさ。
チャーミングな甘い含み香。
総合的には黄桃っぽいか?
そしてしっかり旨みが出ています。
果実味の中にほどよい穀物味があるというか。
この感じは而今なんかで感じるイメージでしょうか。

するっと滑りつつ、キレは比較的シャープ。
ちょっとピリッと辛みがあるタイプですね。
余韻は香りではなくて甘旨い味の余韻。


うん、まあこんなもんでしょうね。
当然美味しいですが、価格なりという感じでしょうか。
火入れなんですが原酒のせいか、比較的味のあって飲み応えのある大吟醸。
この辛みをどうとるかで細かい採点は変わってくるでしょうね。
やっぱりやや辛いんですよ。
というか結構辛くてズバッと。
そしてわずかに渋み。
あんまり舌でゆっくり転がすというよりもゴクゴク行った方が良いのかもしれん。

去年か?
鈴傳の厳選槽場汲み、ありゃ良かったなあ。
そのあとにひやおろし。
見返してみると通じる部分もあるな。
絶妙なバランスのお酒なので、実はピーキーだったり?
順位付けすると367458≧今回のになってしまうと思う。

雄町があるんだよね。
BY的な問題なのか、銘柄を通しての設計なのか。
今年試すか、一拍おいて来季か迷うね。



2日目。
やはり大吟、それも出品酒らしい濃密な香りと甘み・味わい。
やっぱりちと辛いなあ。
良くも悪くも。




Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback