日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【70】大那 夏越し純米吟醸 仕込十九号 無濾過生詰

 15, 2012 22:42
栃木の大那
初呑みきりで一番評価が高かった仕込みだそうです。
一回火入れ低温瓶囲い。

余談ですがケータイを変えたので今回から画像サイズが変わっております。





かすかに甘さと熟成香。
綺麗なタッチから仄かに甘み。
居住まいを正すようなしゅっとした酸が素晴らしい。
優しく穏やかな旨みがふっと広がり、甘い余韻が心地よいです。

温度が上がってくると甘みと酸味、旨みがまろやかに調和し非常に良くなります。
均整の取れた味わいはレベルが高い。旨いです。
ものすごくソフトで優しい口当たりに、ふ~っと綺麗に切れるのもナイスです。
料理との相性は良いでしょう。


が、どーしても熟成香が気になる。
23BYでこれはどうなんだろう?
なんか美山錦らしいコクが熟成香と相性がいいような気もしてくるけど気のせいのような気もする。


つーか去年のや一昨年の商品紹介を見ても19号が初呑みきりで一番の評価だったって書いてあるんだけど……。
これは黒龍の吟十八号的なあれか?デキが良いものを十九号としているのか?


旨いのは間違いないのですが、ちょっと色々すっきりしないお酒ではあります。
ひと足早い冷やおろし的味わいなので、この季節和食屋とかでは重宝するのかも。

採点は割愛。
他の酒で検証の余地ありですが、はじめて飲んだのがコレなもんでちょっと手が伸びにくいかも。













Tag:大那

COMMENT 0

WHAT'S NEW?