日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

バカと煙は:第5座目 大山

 09, 2016 20:41

中三日で登山にいく男、日誌係です。
もうこれはプロ登山家といっても過言ではないでしょう。
もはや何のブログなんだかよくわかりませんが、バカと煙は何とやらなのでしょうがないです。

冗談はさておき。
今日は今年一番の暑さのなか、およそ一か月前に登頂を断念した大山にリベンジをしに行ってきました。
もちろんケーブルカーは使わずに、完全登頂を目指します。






〈参照:http://www.ooyama-cable.co.jp/cource.html〉

予定ルートは、まずバス停からこま参道、女坂で阿夫利神社下社へ。
その後は本坂から山頂へ、下りは雪ノ峰尾根を下って下社に再び戻ってきます。
ヤビツ峠からのルートとか、日向薬師に抜けるとかもありますが、そこはまだ初心者ですので。
コースタイムは登り2時間半、くだり2時間くらいの想定で行きます。













今日はちゃんと朝早くに起きて行きましたよ。
8時30分、バス停からスタートです。
まずはこま参道を抜けてケーブルカー駅へ。
ここで左手に抜け、登山道に入ります。
すぐに男坂と女坂の分岐がありますが、登りは左手の女坂へ。
女坂といってもそれなりの勾配があります。

明らかに筑波山の時よりも調子が良い。
まだ午前中で涼しいし、ちゃんと寝てきたからか?
脚の筋肉がついてきたのもあると思う。
それでもまだウォーミングアップなので、なるべくゆっくり登ります。
膝に負担をかけないよう、慎重に足の置き場を選んでゆっくりと。
ちょうど1時間で9時30分、今日は快晴の阿夫利神社下社に到着。
少し休憩をとりましょう。













神社左のえげつない階段を登り、本坂へと入ります。
岩がゴロゴロ、急な登りでなかなかしんどいんですんよね~これが。
ちなみに大山では○合目、ではなくて○丁目で行程を表現します。
本坂のスタートが1丁目といことになっているみたいで、山頂が28丁目になります。
ちなみに前回は13丁目で引き返しました。

45分ほど登ると、16丁目、ここが少し開けて休憩スポットになっているので休憩。
今日はまだまだ元気なので、休憩は短めにしてさらに上へ。
急に視界が開けて、20丁目、富士見台。
写真だとちょっとわかりにくいですが、富士山がバッチリ。

あとは黙々と登るのみ。
ヤビツ分岐の25丁目から先はさすがにペースダウンしてきてしんどかったですね。
そんなこんなでこれまたちょうど90分で山頂に。
1251.7メートル、ついに1000メートルオーバーです。
バス停が300メートルちょいなんで、800メートル登ったことになります。

これまた写真だとみにくいんですが、江の島、三浦半島までみえて、奥にぼんやり房総半島?
反対側はぼんやり伊豆半島が見えるね~って感じでした。
相模湾一望の頂上はやっぱり気持ち良かったです。














11時15分くらいかな、見晴台方面に下山開始です。
見晴台まではおおむね木の階段が整備され歩きやすいです。
またところどころ眺望が開け、相模湾を見下ろし向かって下っていく感じで、非常に気持ちが良いですよ。
膝に気をつけつつサクサク下り、55分で大きくひらけた見晴台。

少し休憩して、さらに下山。
見晴台以降は、道が細く、片側が崖になっているような道が続きます。
傾斜はそれほど厳しくはないですが、バランスを崩さないように。
なにせソロ登山なのでケガをしないように細心の注意を払わなければなりません。

途中、二重の滝というなかなか良い滝が。
滝つぼまでおりることもできますよ。
ここを過ぎると平坦な道で、阿夫利神社下社の下に出て合流します。
ここで12時50分くらい。
滝でゆっくりしたので、休憩抜いたら1時間半かかんないくらいですね。









最後もケーブルカーを使わずに、バス停まで。
帰りは男坂を通ったんですが、写真のようなばかじゃねーの?という階段が33も続きます。
ずっと階段なんで面白くもないし、登りで男坂をつかうヤツはただのドMです。
きつそうな割に、そこまで時間が変わるわけでもないし。
下りでもトレッキングポールが無かったら絶対嫌ですね。
普通に女坂のほうがいいですよ。
下るのに25分くらいかかって、ようやくケーブルカー駅にもどってきまして。
こま参道をぬけて、バス停にゴール!

バス停着が13時30分。
下りはちょっと時間かかっちゃったかなあ。
だいぶ慎重におりましたからね。
少し膝にダメージはありますが、筋肉のダメージはそれほどでもなかったです。
それでもおおむね予定通り、ちょうど5時間の行程でした。
暑さはそれほど気にならなかったけど、だいう日焼けしちゃったなあ。


個人的にはそれほどきつくもなく、体力ついてきたなという感じがします。
そろそろ初心者を卒業して、レベルアップしても良いかもしれません。
1200メートルくらいの山だと、何も知らない初心者からすると、結構満足感があります。
結局、バカなので高いところに行きたいんですよ。


なお、バスで伊勢原駅に戻った後は、ひとつ先の鶴巻温泉駅へ。
なので、都内から小田急で行くなら、大山フリー切符が良いですよ!
弘法の里湯という温泉施設があります。
カルシウム・ナトリウム-塩化物泉というしょっぱいお湯でした。
水風呂はぬるくてクソだったけど、温泉は気持ちよかったです。






COMMENT 0

WHAT'S NEW?