【601】阿武の鶴 純米吟醸 ~en 27BY


全くのニューカマー、今年からのお酒です。
山口県の阿武の鶴

休蔵してたのを30年ぶりに復活、というお酒だそうです。
ひと造り目の今期は、東洋美人の澄川さんのところを間借りしての仕込み。
実は生もあったみたいですが、さすがにそちらは出遅れてしまいました。

レトロなラベルがいいですね。
裏ラベルが三角ってのもかっこいいな。
山田錦50、火入れです。



20160824_215618~01

20160824_215642~01


おおお、結構いけるじゃん!

サラッとした口当たりで、とろみもすこーしあるかなあ。
まずこのテクスチャーが良いですね。
そしてまた程よい吟醸香も良いですね。
バナナ系だけど、ちょっとパインとか洋ナシ的な雰囲気もあるかも。
火入れなんでワントーン落としてますが、生は華やかなフルーティさもかなりあったのでは?

香りと一体感のあるほど良い甘み。
モダンさを演出するすこし高い酸。
クリーミィさもありつつ、爽やかにするりとフィニッシュ。
余韻とともにじんわり辛みがあるかなあ。
またそれとともに少しドライな旨みがじんわり。


コレふつーに美味しいわ。
へ~非の打ちどころといったものが特段見当たらない。
良くできたお酒だと思います。
きっちりモダンだけど落ち着きあって、ちゃんと旨い。
火入れにありがちな物足りなさもない。
またひとつ、今後が楽しみなお酒が増えました。

日本酒1種類しか置いてないよ、みたいなお店でこの手のお酒があると嬉しいんだよな。
火入れなんだけど、冷やのんでもちゃんと美味しいし、合わせる幅も広そう。
常温とか燗もいけると思うし。
前の2つが良くて、あまり期待してなかったけど、のういうお酒が当たると嬉しいね。


2日目。
さいしょ、すごく良かったの。
で昨日の後半からうすうす感じてきたんだけど。
すこし味が飛びぎみですな。
そして輪郭にちょっと苦みが出ている。
落ちるの早すぎでしょ(笑
でもまあ今後も楽しみなことには変わりないよ。

お燗。
これも悪くないが物足りないな。
もうちょっとほっこりしてくれるといいんだが、やはり味が……。
フルーツ&クリーミィ、甘さは僅かで、ややドライで枯れたお米。
そんな感じ。
これこれでアリかなとは思いますが。
初日の前半は本当に良かったので。


6日目。
もうひとチャレンジ。
まずは冷や。

やはり味は極端に薄いですね。
薄すぎる。
しかし熟れた香味はいい。
そしてややドライなアタック感。
アタックというよりじわっと。

お燗。
冷やと同じ。
ドライな感じが強いかな。





Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • ろっく
  • URL
No title

こんばんわ~ろっくです。

あべもかなり気になってますが、阿武の鶴は更に気になるお酒ですね。
んで、更にそれの2日目とお燗。火入れでそうですか。ふうむ。
無濾過生原ならどうなんだろうとか、つくづく日本酒は難しいと感じました。

ゆきの美人1998ですね~。いま迷ってます。
3年前ですね、僕は1999を冷酒で飲み干してしまって、正直かなり心残りなんです。
冷酒では少し老ねを感じました。個人的にですが。当時は未熟ながら冷酒で飲み干してしまったのが恥ずかしい限りです。
迷ってるうちに無くなりますね1998・・・


H.森本はご存知ですか?
今月の初めに静岡行ったときに見つけて迷っていたのですが、やっぱり買ってみました。面白そうです。
これは早めに飲んでみようかと思います。

  •  日誌係
  • URL
Re: ろっくさん

ろっくさん、どうもです!


阿武の鶴はたぶん来年から本格始動なのかな?
センスは良さそうだな~とおもいましたよ!


あら、さすがろっくさん。
ゆきの美人1999飲んでらっしゃいましたか!!
あれだけの熟成なんで多少のヒネ感はしょうがないですが、あの綺麗なスイートさは僕は感動しましたねえ。
1998も本数限定みたいなんで、よかったらぜひ。
ちょっと高いのがアレですが……。
そのうちブログの方でヤリマス。


いつもろっくさんのブログも拝見しております。
お酒の記事も楽しみですが、三保の松原回とポテサラ海に興味津々でした(笑


H.森本はじめて知りました!!
かなり面白そうなお酒ばかり。
ネーミングまたw
取扱店見ても静岡限定ですね~。
こんなお酒が隠れているのは流石静岡らしい。
楽しみにしております!









Leave a Reply










Trackback