【642】宮寒梅 純米吟醸45 おりがらみ 28BY


宮城県は宮寒梅の新酒です。
わかりやすい酒質で、これ流行るんじゃね?などと思っていたのですがあまりそんなこともない。
僕もご無沙汰だったので久しぶりに取り寄せてみました。

しかしこれ、めんどいから通販で4合瓶注文したんだけど、1升で来たんですよ。
いや価格がそのままならいいんだけど、どうしたんだろう(笑)
なんだかすいません鍵やさん。

スペックは美山錦45のおりがらみ。
オリはそんなに多くないね。
撹拌したらうすにごり程度だともう。




20161123_230309~01

20161123_230325~01

20161123_230342~01



面倒だから最初から撹拌します。
ごめんなさい。

頂きます。
すこーしガスがある。
口当たりはソフトで軽やか、とろっとしてるけど表面はつるっと感。
エアリーにするっと流れていきます。
質感はグッド。

香りは予想より控えめ。
派手というよりも、新種のフレッシュさが素直に香るな、特に含み香。
リンゴ、ブドウかな。
ちょっと青い感じのニュアンスが抜けて清々しい。


柔かくもあるけど、溌剌としたジューシーさのある酸がベース。
スッと切れていく過程で、これまたジューシー、きもち小ぶりな甘みが染み出します。
うまみもあってちょっと出汁感あり。

あんまりじっくり味わうよりゴクゴク行きたいタイプだね。
もっとはっきり甘いタイプかと思っていたけど、これはこれで。
普通に優秀なお酒です。
つか美味いっす。

ふわっと軽い+酸やガスのジューシー感+スムースなフィニッシュ。
まあ旨いわな。
もっと売れてもいいと思うけどどうなんだろう。
流行り系は飽和状態なのかなあ。
たしかに優秀だけど、天才だ!とはならない気もするな。



2日目。
昨日とはずいぶん面影が異なる。
かなり甘みがはっきりと。
ガスは極わずか。
甘みがとろっと流れていく感じで、酸は引っ込みましたね。
ただし表面はきれいです。
少し重めのミディアム、って重量感。
おりがらみらしいミルキーさ。
果実の甘さと青さが同居したような含み香。
やや気になるのはアルコール感がかなあ。
並の新酒よりはいいよ。
甘くもないし旨くもない新酒にあたると最悪だからなあこの時期は。
香りはメロンつーよりバナナブドウだな。

ああ、適温になってきて、いい感じのバランス。
この時期は、注ぎたて冷えすぎ問題があるからねえ。
とろけるフルーツ&ミルキーな甘みに、ガスやミネラルの粒立ち。
ここでようやく少し感じる辛みが調和して、なかなか良いです。
進みますよ。

今日は観測史上初の11月に東京で雪。
というわけで燗を。
やっぱ明らかにガスあるね。
やっぱ辛みがたつなあ。
その分甘みとミルキーさも膨らむけど。
つまりそのまま。
ちょっとバナナを感じますね、冷やより。
香りはいろんなフルーツ要素ありですね、やっぱり。
でもここの手の酒の燗も意外とチャーミングでいいね。
特に寒い日は。
しかしこの時期の美山で45なのに味あるよなあ。
硬くもないし、そう粗が目立つわけでもないし。







Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback