【654】英君 純米 愛山ノ山廃 27BY


なんだかバタバタ落ち着かなく忙しい感じですが、とりあえず今日から平常運転。
お酒の方もなんかしっくりくるものがなかったのですが、これを。


英君です。
静岡でも確固たる地位の蔵ですが、家でも店でもあまり縁がないお酒。
ブログでは2回目の登場で、前回はコンディションも良くなかったのでほぼ未体験みたいな感じです。

2015年からのチャレンジ商品。
香り高いお酒は目指していませんが、基本的には静岡吟醸の蔵です。
たしか今年県知事賞とってなかったっけ?
なのに、愛山を初めて使うにあたって何故か山廃。
愛山の山廃をやっている蔵はごく少数なはずです。
そして安価な商品にするために磨きは65。
なかなか変わったスペックのお酒となっています。
酵母は静岡NEW-5、春先に絞ったのを火入れ後に瓶貯蔵して10月出荷。



20161219_210143~01

20161219_210211~01



まずは冷や。

ほお、これはなかなか。
イソアミル系の香りが優しくふわっと。
味わいも同様にソフト、ゆったりと優しく、控えめながら円やかです。

控えめながら、よい感じに練れた甘み。
旨みがありつつ、ちょっと強めの苦みがビター。
うっすらと酸が入って、旨みを感じさせつつスッと切らす感じ。

なかなかいいですよ。
香りも甘みもイソアミルでバナナ系ではあるんですが、すごく繊細。
フローラルであったり、蜜であったりそんなニュアンス感じます。
またそれにソフトなタッチが拍車を。
クリアーってほどでもないですが、造りは綺麗ですね。

問題は苦み渋みをどうとらえるかでしょう。
ソフトな中に良い旨み、と思う瞬間もあればちょっとイマイチと思う瞬間もある。
丁寧にきれいに造って、ゆっくり熟成させてきたなあというお酒で好印象ですけどね。
甘みの感じは本当にうっとり。
逆に旨みはごつっと。
ふわっと優美に広がる繊細な甘みから、急にごつっときてすっとキレる様な。
緩急が面白い。
結構進んでしまいますねえ。


2杯目は燗で行ってみましょうかね。
珍しくぬるめで。
優しいタッチに練れた甘み。
意外とほっこり感あるなあ、もっと熱めでもいいかも。
ナッティな旨みと、ちょっとやっぱりアルコールのアタックに苦み渋みがありますね。
冷やのほうが好きかな。
それか人肌くらいの極ぬるめがいいですかね。



上品で繊細な練れ感は価値あり。
独特の優しいフローラルなようなバニラリーなような香りとミルキーさ。
ここは本当にいいんですよねえ。
ギャップのあるごつっとも面白い。
前半に明るいトーンや抜け感が増す一方で後半はスモーキー。
面白いね、明日どうなるか楽しみです。



2日目。
あれ、すこし熟成香がありますね。
あーこれが独特の香りのニュアンスになってたのか。
でも綺麗に出た熟成香はたまに最上級に芳しい時があります。
ローズとか、紅茶みたいなニュアンスを感じる時があるのよ。
今日は少しはっきりしちゃったけど、コレはこれで。

ソフトさ、すべりの良さ、うっとりするようなバニラ感は健在。
味幅があるタイプではないけど、ふっくらさ、何だろうこの感じ。
そしてアタック感もうまい事マイルドになっています。
旨みを感じさせつつするるると。
なんだろうなあ、ライトで超高級な牛乳??
あんまり美味しくなさそうなたとえだけど、実際そんな感じだから困るw


ポップなお酒ではないけど、独特の世界観はありますね。
このうっとりとくるような質感は、高いお酒でも味わえないものですよ。
価格を凌駕する芸術点。
いや、これ磨いて速醸で甘み出したららどうなるんだ逆に?
最近のモダン山廃はヘルシーな味わいだからなあ。
糖分を残しにくい製法なんだろうねえ。

英君のハイクラスはやっとくべきなのかね。
ったく静岡は高い酒がうまいから困るんだよなあ(笑)


Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • お茶
  • URL

このブログに連チャンでコメントすることになるとは(笑)

志太泉、英君は様々なところで最近評価がうなぎ登りですね~。
英君の社長は営業、新商品開発に力を入れていて、この愛山の山廃や夏酒と思いきやそうで無かったゴクゴク純米、特別純米の袋吊り等面白いものがバンバン出てきます。
(因みに副杜氏は開運現杜氏の実兄)

静岡の蔵もどんどん新しい商品を開発、販売していっているので、地元の人ももっと飲んでほしいところ。(地元の人はほとんど静岡の酒を飲まない…)

  • 日誌係
  • URL
Re: お茶さん

まさかの2連チャン、嬉しいです(笑)

開運、磯自慢と超有名蔵がある中でも存在感を発揮する静岡の蔵の地力はすごいです。
英君なんかジワジワ存在感増してますよね~。

新商品、そして副社長が開運杜氏の兄とは知りませんでした!
静岡酒のことはお茶さんに聞け、といったところでしょうかw
ありそうでない雰囲気のあるお酒なので、今後が楽しみです。


実はこの後、正雪の山田穂と喜久酔しぼりたてが控えていて、年末年始は静岡酒多めです!
しかし地元の人は静岡のお酒は飲まないとは本当でしょうか??
とても信じられません……。



Leave a Reply










Trackback