【669】Takachiyo59 ipponjime 2017



たかちよの新シリーズですね。
かなり気合の入った展開なので注目度も高いと思います。
詳細は各自検索!

基本的に自分のためにやっているブログでサービス精神は著しく低いのですが。
たまには日本酒ブロガーとしての責務を果たすべく、新商品に真っ先にチャレンジしてみました。
本当は第2弾の愛山、第3弾の愛山×雄町が良かったのだが(笑
ちょうどほかのお酒買うついでに。
4合が無くて500ミリなんで飲みやすいし。

スペックは、今回は大得意の一本〆米。
シリーズのお約束として、18号酵母に、扁平精米59。
つかこれ火入れなんかなー、火入れなんだろうな。


20170119_013847~01

20170119_013903~01



どうしよう、ワイングラスにしようか。


うん、基本的にいつものシロップぽい甘い香りです。
はじめちょっと青いリンゴ、桃?
あとこれまたいつも通りなんですが、苦みっぽいのが少しあるんだよなあ。
時間がたつとパイナップルがくるなあ。
苦みも消えてきて立ち香は良いです。
ガンガンではなくて、程よく香る感じに仕上げてあります。



ふくみましょう。
ああ、たかちよの火入れを飲んだことがないので、普段どんな感じなのか不明だけど。
エレガントな酒質、いつもより味わいは抑え目。

さらっとした入り。
たかちよとしてはやや控えめ甘み。
酸はそれなりに高めで綺麗に入ってジューシーを出してます。
ここは火入れなんできっちり意図して出していかないといけない部分ですよね~。
それでもやっぱり甘みが出るか。
そこにちょっと粒子感のある旨みが乗ってきてやや甘じょっぱいような感じ。

流れはスムースで、やはりエレガントな雰囲気です。
スピード感は小気味よく、含んでから後半へのふくらみは気持ちの良い抑揚。
香りは18号にしては流石に火入れだから少し穏やか、桃かなあ。
だんだんメロンっぽく感じるか。
するっと消えるフィニッシュの感じは良好です。


ただし!
大問題はやっぱり苦いことですね。
フィニッシュがかなり苦い。
いや入りから苦みはあるけどね。
とにかく苦い。
ひとくち目はまだいいが、その直後にふたくち目いくと、もうとても飲めたもんじゃない。
ちょっとここまで苦い酒は最近では記憶にないくらい。
あとは先に粒子感といったけど、ややスムージーなザラツキ。
これが全体のエレガントさと相いれない。
まあ全般に綺麗だし、とろみとのバランスもあるのでそこは大目に見るけどこの苦みはNG。


辛辣に言うと、気合入ってる割に造りド下手。
それともあえてドライなフィニッシュを意識してるのか?
なんとなく透明感もあるし、するっとしたフィニッシュ、程よい果実感はいいが、この苦みはねえわ。
嚥下するのが嫌になりますね。
アフターでもぐーっと残るし。

まだ1本目だけど、これだけシリーズとして作りこんできて、それも3シリーズ目でしょ。
ひらがなたかちよ、漢字高千代に次いで。
そんでもって1発目がこりゃねーよ。
もうちょいマシなのだそうや。


なんか評価に困る蔵なんだよねえ。
いいなって思う瞬間もあったんだけど。
基本的にたかちよは重過ぎる、俺には。
だから25BYは2本やったけど、番外を除けば26BY27BYはやってないです。
このお酒はその点少し変えてきたけど、まだそっちに寄り過ぎよ。
つか新人でもねーしこの設計でこの苦みはないだろう。
まして全体がいつもよりはエレガントでクリアな設計なんだから。
こりゃだめよ。
狙ってコレなの?
素人は騙せるけど、最近の日本酒飲みなれてる人からすると、まがいものって感じですね。


500ミリってのはなんででしょう。
なんとなくパッケージとか味わいとか見ると、ちょっとカジュアルなフレンチあたりでボトルで出してほしいみたいな?
どちらにしろ飲み切りって感じだろうけど、それにしちゃ火入れってのが解せないような?
それこそ500ミリなら生でガスがあるようなの出せばいいのに。
そう思ってしまう僕は直汲み教に毒されすぎかな?
とりあえずエレガントな雰囲気とパッケージでだますぜってとこでしょうか。

まあ甘く見ればシリーズ1本目でおいおいですね。
だれか2本目3本目とやって報告してくれるでしょう。
いや俺はちょっとしばらくこの蔵飲む気ないけれどさ。
信者、っていうと嫌な言い方だけど好きな人もいるみたいなんで、その評判まちかね。



なお2日目もダメでした。
あ、3日目はだいぶいいわ。
前に飲んでたお酒とのギャップもあるんでしょうが。
まずマスクメロンというよりは、爽やかな少しフレッシュなメロンが鮮やか。
でもってクリアー。
やや苦みはありますが、だいぶ軽減されています。
香りやクリアーさ、勢いもあって今日は結構気持ちよく飲めますね。
手のひら返して申し訳ないが、今日はアリ!!
平仮名たかちよシリーズとちょっとキャラが違う爽やかさがあって。
これなら楽しみな感じはありますね。
正直ことし飲む必要はないと思いますが。
ちょっと面白さの片りんも感じたので、評判を観ながら、気が向いたら来年も。






Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • お茶
  • URL

このローマ字takachiyoはネットで見る限り、評判良くないですね〜。
発泡感、ミネラル感が伴わない苦味は私も苦手ですね〜。
近くに取扱店も無いので、わざわざネット通販してまで人柱になる気はありません…

たかちよも一気に販売店が増えた印象があるのですが。(赤武ほどではないですが)
こういうのは蔵の営業が頑張っているのか、酒問屋、酒屋のネットワークが次はこれを推そうと決めているのか…

  • 日誌係
  • URL
Re: タイトルなし


いや~さすがにこのお酒は評判良くないでしょうねえ!
僕はあまりネットの他の評価をチェックしないので、安心しました。
酒屋は基本良いことしか言わないので論外ですし。
これを美味しいと言っている人がいたらビギナーか、ちょっとかわいそうな人ですよ。

18号酵母は苦みが出やすいと言われますが、その分対策の指導が県のセンターや教会からされてるはずなんですけどね。
18号を使ったシリーズを、ってことで力入れて一発目がこれって致命傷ですよ。
完全に失敗作で、ちょっと僕なら恥ずかしくて出せないですけどね。
少なくとも今年は飲まないで良いと思います。


酒屋が営業掛けるときに、大手卸問屋が都内の有力な酒屋さんを紹介するケースが多いみたいですよ。
でそこを造りが休みの夏場にまわるというのがすごく多いらしいです。
流石に全くダメなお酒は酒屋も相手にしないでしょうが。
たかちよが一気に来た2、3年前はインパクトのある甘いお酒が流行りましたからね~。
射美とか。
やっと少し落ち着いてきましたが、今でもやはりその手のお酒は売れるのでしょう。






Leave a Reply










Trackback