日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

【675】梵 氷酒 純米大吟醸 無濾過生 27BY 熟成ver.

 28, 2017 02:26

です。
なんと超吟しか飲んだことがない。
それもどうなんだということで。


基本は、しぼりたて初雪という、新酒の時期に出る純大です。
それを夏まで少し寝かせて出す商品が、この氷酒(ロックザケ)。
中身一緒です。

でこの初雪なんですが、酒税法上の都合で磨き50の純大となっておりますが。
実は日本の翼クラス(磨き35)8割+吟撰クラス(磨き50)2割という配合のブレンド酒らしいです。
つまり実質ほぼ日本の翼(5400円)。
ところが初雪は1944円。
大変コスパよく、またお味もいいととある筋からかねてよりおすすめされていたので買ってきた次第。

ただしそのままやってもつまらないので、初雪ではなく氷酒のほう。
それも去年リリースのものを熟成したバージョンになります。
ここだけ間違えないで見てください。

ちなみに兵庫県産の特A山田です。
やっぱコスパすげえ!!
ハイスペが飛ぶように売れる蔵ならではのサービス商品ですね。
特A山田錦38なら、熟成酒にチャレンジしたのも納得してもらえるでしょう。
出荷は2016.07です。



20170128_014938~01


そういや言い忘れてたけど、うすにごりです。
初雪というくらいなので。

撹拌して。
だいぶとろっとしてますねえ。

あ、でもさっぱり飲める。
たぶん新酒の時期はかなりサラッと飲めるお酒だったのでは?

無濾過生うすにごりの1年熟成なので、熟成感はあります。
ただしそれほど気にならずに飲めますね。
そしてこの甘みは面白いよ~。
ハチミツレモンだ。
だからコクがあるけどさっぱり。
なるほど、こりゃロックもアリだわなあ。

流石に磨きがいいお酒で、雑味は少ないですね。
香りもわずかに熟成感もありつつ、純大って感じの香りが生きています。
甘旨みは複雑で官能的。
バニラやカスタード、紅茶のようなニュアンスも。
引きのとこなんか、砂糖たっぷりレモンティっぽいんだよね。
超吟にも通じる様なしなやかでコシのある、わりとはっきり目の甘み。
それでも酸味のフレッシュさもあり、滑らかにするっと。
フィニッシュ部で、にごりらしい収斂性が少し。



面白い、つか普通に美味い酒。
1年熟成はまあジョークみたいなもんで、普通に今年の初雪や氷酒飲んでみてください。
おれもなんかやろっかな~、
スッキリがすきっていうならあれだけど、甘いのが好きなら黒龍より全然いいと思う。

本来の商品コンセプトに従って、氷を一つ、ぽちゃんとな。
ふむ、かわらんね。
しっかりしてるからできることかな。
つまり夏にロックにして飲むには良いということだ。
甘みがへたらずにさっぱり!
あーでも氷入れたほうが熟成感とか苦みが出るような気もする。


2日目。
やっぱ熟成のニュアンスが鼻に突く場面はある。
それでもこのはちみつレモンは面白い。
たぶん皆が思うよりあちみつレモン。
わりとゴクゴクいけるのよねえ。
お店で半合だしたらかなり楽しいと思うけど。







Tag:

COMMENT 0

WHAT'S NEW?