日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

東洋美人 地帆具 大吟醸 槽垂れ 28BY

 24, 2017 00:37

no.688


これそろそろ飲まないとマズいね、もう2月も終わりだし。
まだ去年のIPPO愛山もあるのになに買ってんだよ問題。

東洋美人です。
東洋美人はブログでは案外やってないなあ。
外では散々飲んでいるんだけどね、それこそベスト3に入るくらい。


去年かな、お店でやったIPPOの槽垂れ、直汲みのほうだったかおりのほうだったか忘れたけど、が抜群の出来で。
それを今年は買おうかと思っていたけど、それもつまらないので同じ槽垂れのこれを。
地帆具もやらなきゃなあと思っていたしね。
最近飲んだ中で比べるとしたらそれこそ師匠の十四代槽垂れあたりになるんでしょうか?

スペックは山田錦40、もちろん本生、酵母は自社培養酵母みたいです。
唯一不安があるとすれば、中吟はいいけど、大吟はそれほど得意な蔵ではないというイメージで。
もとがキレイでスタイリッシュなんで、なんかちょっと違う感じになっちゃうんだよね。
それこそもう本当に何年も前だけど壱番纏も、ちょっとピリッとしたようなところがあってそんなに好みじゃなかった。
だからそれ以降ブログではかなりのブランクがあります。
そういや去年久しぶりに復活した愛山の特吟も去年お店でやったけど、まああれは完全に熟成商品だった。
嫌いじゃなかったけどね。




20170223_232003~01

20170223_232018~01



とりあえずワイングラスかなあ。
もうちょっと勢いがあるようなら、カジュアルな器にかえます。


流石に香るね。
東洋というと最近はブドウからのピーチ、そしてミルキーというイメージなんだけど。
ブドウはあまりなくそれよりもシャキッと少し青いメロンにミルキーさはあるね。
でもってだんだん白桃が出てきます・

んん、どうだ?
まだ俺のほうがアルコールに過敏になってるかなあ?
西の関でコメント貰って安心していたんだけれど。

アルコール感、メントールといってもいい、が目立つんですよね。
それ差っ引いてもモードすぎる様な?
とろっとしたタッチ、口当たりは滑らかで柔らか。
蕩けるような甘味はある。
酸はそれほど表に出てこないが、終始ちゃんと甘みの中に溶けてるというか、薄皮一枚おおってるというか。
クリアーなタッチのなかからミルキーさが出てくるのはらしい。
ここまでたぶん要素としてはいい時と変わらないんだよね。

問題はアルコール感、含んで比較的早い段階から苦みも入って、全体的にソリッドというか、カチッとというか。
ハーブっぽいような、メントールっぽいような感じが。
フィニッシュも雑味が混ざってちょっと嚥下しにくいような感じで、ピリッとというかもはやビリっとアタック。
苦みとアルコールのせいか、甘みもいつもより感じないくらいなんですよねえ、あるんだけどね。


まあ僕の舌が絶賛ぶっ壊れ中なことを加味しても、ちょっとベストな東洋美人ではないと思います。
やはり懸念が当たった形なんですよねえ。
もう5年なんでうかつなこと言えないんですが、壱番纏の時に感じたコレジャナイ感、ピリッと感がまさになんですよね。
具体的な例は思い出せないけど、大吟はヘタ、と思うような他のお酒も飲んでいたと思います、外で。
念のため言うと、通常の東洋美人は好きで、去年の白鶴錦なんかもスペシャルなものでしたけどね。


それと別にちょっと気になるのは、ここ最近の東洋美人はミルキー過ぎない?といこと。
“稲をくぐりぬけた水”感がなくなってきているような?
当然作り手の嗜好の変化がお酒に反映されるのは地酒の楽しいところなんですが。
例えばこの大吟なんか、通常のラインから離れて、もっと淡くてスッキリ、果実水くらいで仕上げても良かったと思うけど。

しかしまあそろそろ前のラインナップに戻してくれんかね。
夏の純吟とか亀治とかはたまた羽州誉、西都の雫とかなつかしいぜ。
そしてかねがね言っている番地シリーズをだな……。
とりあえずそろそろ原点、IPPOの統一シリーズをやめてバリエーションつけてほしいとは思う。
まあ1升だしまた明日ね、グッナイ!
しかしうーん、食べ物の味は違和感感じないんだけどな。



2日目。
とはいえさすがに大吟、昨日はそれなりの量のめましたね。
西の関や福田よりはずっと進みました。

今日もやはり華やかな香り。
ちょっとシャキッとした青さ、バナナ、黄桃…。

大吟醸らしい香り、甘みもあるがやはり硬くてソリッド。
それは質感ってことじゃなくて、タッチとしてはむしろ滑らかで柔らかいんだけど。
やっぱり苦くて嚥下しにくい、それに尽きるかな。

とろっとした大吟らしい甘みは十分にある。
黄桃のように、はっきりと出てきて、ここはすごく魅惑的。
味が出すぎなのかなあ、それが雑味になっているかも。
もしかしたら、ムロゲンで飲むが少し遅くなったことが関係あるかも。
甘みはすっごく良くなってきた、テンション上がるくらい。
なのでこの苦みは残念ですね。
これが平凡な大吟醸にしてしまっています。

黄桃系大吟ってなんとなくどれもこんな感じのような。
はっきりはしてるけどあんまり好みではないような。
大吟のみてーなあってときはハマるかもしれないけど。

ただやっと戻ってきましたよ、僕の感覚。
明日以降安心して飲めそうです。


2017/3/6
もう何日目かわからん。
あー十四代っぽいなww
でも十四代角新大吟よりクリアなだけましか。
黄桃のニュアンスの出方はこれだけ日数たっても秀逸。
ただやっぱり苦みがあって、それが甘みと重なって嫌なニュアンスになってしまう。
ただ今日に関しては十四代よりいいよ。



Tag:東洋美人

COMMENT 10

Fri
2017.02.24
14:28

 #-

URL

初めまして
私は去年地帆紅を飲みましたが同じような印象を受けました
苦味と平らな柔らかさがミスマッチで一升飲みきるのがきつかったです
コンペ用の酒なんですかねぇ

Edit | Reply | 
Fri
2017.02.24
17:11

日誌係 #-

URL

Re:


はじめまして、コメント頂きありがとうございます!
ちょっと自分の味覚に信頼がおけない状況なんで、ありがたいコメントです……。

ちょっと苦いというか辛いというかなんですよねえ。
平らな柔らかさがミスマッチ、という表現はすごく良いですね、参考になります。
まだ初日ですが、僕も1升のみきる自信がありません(汗

なんなんでしょうねえ。
初年度にはせがわで大々的に取り扱って、コンペでも1位をとらせて、だったので僕はその筋の企画商品なのかなと疑ってます(笑
売れ行き好調だったのか去年は全国の特約店にまとまった数だしてましたがね……。
山田錦40の大吟にしては4000円と安いので、人気なんでしょうが。
個人的にはちょっと中途半端かなと思いました。
大吟なら高くていいから、もっととびっきり質の高いお酒が欲しいです。
東洋美人は普通の純吟でもすごく美味しいのでなおさら。

長くなってしまいました。
またぜひいらしてください!!






Edit | Reply | 
Fri
2017.02.24
21:21

日本酒初心者 #-

URL

そっか~

自分は2015.9月のを呑んでます。
その時の呑んだ感想メモを見てみると、かなり好印象のようです。
最初薄く感じたけど、だんだんそれが上品というかエレガントさに
印象が変わったと残してます。2,3日後には酸も出てきてより楽しめたような(変化も含めて)
9月なので1回火入れでしょうが、いいイメージしかありません。
もちろん一升瓶も飲み干しました。
槽垂れ 28BY はモウカンさんは気に入ったみたいですし、好みによるのかもしれないですね~
自分は日誌係さんの影響で東洋美人にハマったので、今回はパスします。
おりがらみ狙いと最初から決めてました(直汲み生も何気に購入済み)

羽州誉とか番地シリーズとか呑んでる日誌係さんが羨ましいですよ。



Edit | Reply | 
Sat
2017.02.25
11:32

りんご酸 #-

URL

同意見

おそらく私も同じ詰めのものを飲んだと思います。ハセガワ酒店のコンペで一位でしたので、その分のハードルを上げてしまったためなのかもしれませんが、私の舌にはすこしばかり合わなかったです。ただ、値段を考えれば素晴らしいお酒だと思いますし、これがよいという人もいるとおもいます。嗜好品だしあたりまえですが。

日誌係さんにおすすめさせてもらいたいお酒あります。
京都の丹後のおさけで、竹野酒造さんがつくっている、「笑顔百薬 純米大吟醸 生酒 F 」これすごくいよかったです。FはFirstの略で最初に出てきた酒ということらしいです。値段はそこそこするのですが、かなり私の舌にあいました。小さい蔵ですので、本数が出ていない(100〜300本)のでなかかな出会えないとは思いますが、ぜひ。

Edit | Reply | 
Sun
2017.02.26
03:08

日誌係 #-

URL

Re: そっか~



この商品、かなり数が出ているようなので、ロットや火入れの有無でかなり評価が変わってきそうな感じはありますね。
僕も今回飲んだ感じだと、火入れがいいのかな~という感じでした。
あとは僕の中で東洋美人の評価が高いのもあるかもしれないですね!

しかしおりと直汲みダブルで購入とは、かなりハマってますね(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2017.02.26
03:15

日誌係 #-

URL

Re: りんご酸さん


おっとこれはまた心強い意見を頂き嬉しいです!
そうなんですよね~値段を考えれば悪いお酒ではないんですよ。
大吟らしさってのはありますし、無濾過生の槽垂れでこの価格ですから。
ただちょっとイマイチでしたね~。

おっと竹野酒造さんですか、弥栄鶴ですよね。
実はさいきん蔵舞の亀の尾をやっていまひとつでしたが、おススメとあればリベンジしたくなりますね!!
ただめちゃめちゃ本数少なそうですね~。
ググってもレギュラーはでてきますが、Fがほぼ出てこないという(笑
機会があったら試してみたいですね!!
貴重な情報感謝です、しかし有名でないお酒もチェックされてておみごとです。

Edit | Reply | 
Wed
2017.03.01
12:28

りんご酸 #-

URL

竹野酒造さんの他のお酒を飲んでらっしゃいましたか。感想を見させていただいたのですが、ちょっとお口にあわなかったようですね。小さな蔵ですので、当たり外れがけっこうあるのかもしれませんが、純米大吟醸 笑顔百薬のほうも少し不安になってきました(私の錯覚??)。。。
最新の投稿で14代をやってらっしゃいますね。家飲みはいまだ達成されてないのですが、居酒屋なんかで飲んでいます。確かに美味しいのですが、いろいろな蔵が技術向上しているからか、とある銘柄のこの年のものの方が美味しい、ということはよくあります。私としては、そういうもの(奇跡の一本と呼んでます。次の年のものは、かなり微妙だったりするので、ビンテージって大切だなあと思ってます。そして14代が基準ではないですが。)を何本か買って熟成させつつ楽しんでます。ただ、14代はどれを飲んでも一定以上のレベルは超えてくるので、作りの安定度なんかを考えると、安心して飲める銘柄ではないかと思っています。ぜひ、日誌係さんがこれは14代を超えるぞ!という銘柄がありましたら、お教えください。

Edit | Reply | 
Wed
2017.03.01
22:36

日誌係 #-

URL

Re: りんご酸さん



いやいや、あれは竹野酒造さんのなかでもスイートに振った変わり種らしく。
あまり参考にならなかったかなと、ちょっと後悔です。
自分は一度イマイチだとなかなか再チャレンジできないので、こういった情報を頂けるのは助かります!!
とくにマイナーな蔵に関しては本当に助かります。


十四代はおっしゃる通りだと思います。
2000石の製造量があって、アベレージは抜群に高いです。
そもそも我々マニアが好むような蔵元は軒並み1000石以下ですから。
またパイオニアとしての権威はおちることはありません。

ただピンポイントで見ると、匹敵するようなお酒は確実に増えてきましたね。
フォロワーの技量も高まり、似たお酒の製造法が確立されてきているかもしれません。

ただ僕も年を取ったのか、もう少し綺麗なお酒を好むようになってきましたね(笑)
好みを加味すれば、これ以上におすすめのお酒はたくさんあります!
また紹介していきますよ、これからもよろしくです!







Edit | Reply | 
Thu
2017.03.02
00:05

りんご酸 #-

URL

なるほど、竹野酒造さんの変わり種だったのですね。

私も、美味しいお酒があればまた報告させていただきたいと思います。
日誌係さんは、綺麗系にいっているのですね。
私は最初、黒龍や磯自慢などのバランス、綺麗系 -> インパクト系 -> 再びバランス、綺麗系に戻ってきています。

最近では燗の世界に少しだけ足を踏み入れています。冷酒であまり美味しくない、とおもった酒をどう処理するか?と考え、料理酒にするのも勿体無いしとおもい、熱燗で飲むようになりました。熱燗にすると逆に冷酒で欠点だと思っていたところが、うまく感じてくるなんてこともよくあり、おもしろいものです。釈迦に説法でしたね。

では、美味しいお酒の報告、よろしくおねがいします。

Edit | Reply | 
Thu
2017.03.02
18:21

日誌係 #-

URL

Re: りんご酸さん



バランス系、キレイ系に戻ってくるというのは分かりますね~。
インパクト系はたまに飲むならいいけど、ちょっとお腹一杯になってきました。

お燗は僕も勉強したいとは思っているのですが、ついその前に冷やでのんじゃうのでなかなか進みません。
道具とか、温度の上げ方で同じお酒でも随分味が変わるので奥が深いです。
加水、燗冷まし、じゃばじゃば振ってみたり、わざと急激に温度をあげてみたり実は色々テクニックがあるらしいですよ!
世界を見ても温めたお酒を日常的に飲む文化ってあまりないので面白いです。

釈迦に説法なんてことは全然ありません!
これからもよろしくです!!

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?