【703】虎変 純米吟醸 しぼりたて生源酒 28BY



最近愛知県のお酒をやるたびにちょいちょい言っていた虎変、ようやくの登場です。


愛知県名古屋市の金虎酒造さんのお酒。
現杜氏の木村伸一杜氏は、もともとほしいずみの丸一酒造で名をあげた杜氏です。
丸一酒造入社後、越後辻に師事した叩きあげで、28歳の時に初めて醸した酒で愛知県知事賞。
以降全国新酒鑑評会でも連続金賞と、愛知県では非常に有名な若手の杜氏さんです。

その彼が26BYから、移籍してたのが金虎酒造。
とはいっても別に喧嘩別れではなく、蔵元で同世代の水野善文専務から熱烈な誘いがあったこと。
また木村杜氏自身が名古屋市の出身だそうで、生まれ育った名古屋で酒を造りたいということ。
上記を受けて丸一酒造さんの方でも快く送り出したそうです。
丸一酒造さんのほうでは木村杜氏のもとで修業した神谷杜氏が、味わいを継承しています。
正直今年はイマイチでしたが(笑)、去年などは素晴らしいお酒だったので、そちらも一層の飛躍が楽しみです。

それで金虎酒造の木村杜氏の方に話を戻しますと。
移籍してきていきなり愛知県酒造組合の平成27年清酒きき酒研究会で県知事賞。
2年目の昨年は全国新酒鑑評会で金賞受賞。
相変わらず腕はさえわたっています。
また水野専務と二人三脚で変革を進めているようで。
移籍した年に大吟醸用のタンク、洗米機導入、麹室新設など設備投資にかなり気合を入れたと聞いています。
麹室は、杜氏と専務の2人で県外蔵を一週間かけて周り、完全にオーダーメイド設計にしたんだって。

でその新しい体制の下で、移籍初年度にデビューしたのが虎変という銘柄になります。
ことしで3造り目。
まだまだお世辞にも首都圏に殴り込みをかけるような蔵ではなくて。
取り扱いも県内だけですし、生のお酒は今回のものだけ、本数もかなり少ないと思われます。
以前からの銘柄である金虎にはあるようですけれどね。
名前からして、意気込みが伝わってきます。

期間限定のしぼりたて。
夢山水50の純吟、生原酒です。





20170331_155239~01

20170331_155252~01


さて随分気合の入れた説明だったのですが、いまいちだったらどうしようね。


あーどうだろう、普通?w
含むとふわっと、頭だけカプっぽいような香りが。
あとは少し甘みのある柑橘かな?
ぶわっと華やかに香るタイプではないです。

味わいは、冷えているからでしょうが、きりっと清冽な印象。
クリアーで、また綺麗な湧水を思わせる様な、フレッシュな酸味があります。
甘みは香りとともに、最初の部分でちらっと頭をのぞかせますが。
酸味の流れの中にニュアンスとして溶けて、そのままスパッとフィニッシュへ。
やや苦み、あとはアルコール感があるでしょうか。

基本は果実水系、旨み甘味が控えめで酸もが基調なのは、愛知の食文化に合わせてるのかな。
ほんのりと香りをまとってね。
やや苦いのはマイナス。
柔かすぎず、硬すぎず、ほどよいサラッと感はほしいずみに通じる部分がある。
すこーし甘みが出てきたかな。
あーこれも甘くしたらほしいずみの純吟になりそうな感じはわかるな。
きりっと感じるのはちょっとミネラルっぽいのがあるのと、苦いからかなあ。
やっぱ苦い、その点はダメ。
独特のニュアンスは一歩間違うと田舎酒もっちゃりだけど、藤の花のような?
そういえばほしいずみのときにスミレってのがあったっけ。

どうなんでしょうねえ。
悪くもないんだけど、良くもないです。
少なくとも、首都圏に打って出て最前線で売ってやろうぜ、という気はおそらく無い。
あくまでこれまでう地元に売ってきた、金虎の路線で少し変えていこうというような感じ。
ある意味では、ボトムの、底辺の層から変えていこうというような気持ちも感じられます。
それはお酒の味もだけど、飲み手も。

どちらにしろもうちょっと甘くして、苦みを減らしてくれないと。
それはできる杜氏さんのはずですが。
生原酒で出すことをゴールにしてないというのはあるかもな。
あくまで火入れのお酒を生で売っているというような。
まあまた名前が聞こえてくるのを待ちましょうかね。
これからに期待です。



苦いのはあるけど、温度上がってきてちょっと良くなってきたかな。
香りのほんのりとした香らせ方なんかは流石。
フローラルなニュアンス。
さらっと柔らかく軽さも感じるような酒だけど、きりっとした感じもある。
ザラついた、痩せた苦みはやっぱりマイナスだけど。
いいところをとらえれば、砂糖につけたグレープフルーツのような雰囲気も感じ取れます。

だんだんアリな気がしてきましたね。
香り方。
甘みも出てきました、ボンタンアメ的コク感なニュアンス、でも酸でさっぱりきりっと。
苦みとアルコール感はやっぱりだめだけどね。
辛口的な演出となるとこうなるのかな。
シャキッと旨いというより、クリアーにそぎ落とした辛口って感じだけどね。
うまみはあまり感じられず、ちょっとエキス感あるかなというくらい。

もう少しいろいろなお酒をつくれるように、規模が大きくなるといいなあと思います。







Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback