【706】本金 純米吟醸 美山錦 27BY



長野の酒だから美山かな、とかいって適当に買ってきたら失敗しましたね。
これ生じゃないし、そもそも27BY?
出荷は1月だけどね。
素直に雄町のムロゲンか、美山39の純大かってくればよかったか。
コレは美山錦の純吟55、1回火入れ、18号と14号をブレンドです。

まあいいや。
本金です。
去年蔵元も訪問してきました。
上諏訪五蔵のなかでもとりわけ小さく家族経営の蔵ですが、良い酒つくってます。
イベントのときなんか大変だろうなあと思います。

さらに大変なことに九代目蔵元で杜氏の宮坂恒太朗さんは大変な難病と闘っておられます。
ALS(筋委縮性側索硬化症)、あのアイスバケツチャレンジのやつですね。
いまは彼の目指すお酒を、奥さんと右腕の蔵人今井氏がサポートしながら造っているという話は聞いております。
頭が下がる想いです。




20170405_230553~01

20170405_230606~01




ミニマムにカプエチ系。
派手派手ではございません、ちょうどいい塩梅でしょう。

いいですね。
きりっとクリアー。

うっすらとリンゴかメロンかという含み香。
綺麗な酸がパリッと。
ほのかに甘みがあってジューシー系。
最近はやりの日本酒の味わいを踏襲しつつも、普段飲みできる佳酒です。

柔かい滑らかなタッチ。
きりっと爽やかで、少しミネラルのシャープ感。
熟成感、まではいかないですがすこし落ち着いた旨みの雰囲気がわずかに。
ミルキーなニュアンスもちょこっと流れてます。
やっぱり27BYな気がしますね。
でもその辺、意識する必要がない味わいです。

何回か飲んだことありますが結構いいんですよねえ。
ちょっと地味なんだけど。
流行り系の味わいをうまくさっぱり仕上げてますよ。
つぎは生を。





さてこちらも数日あきましたが。
媛一会、飛露喜、琥泉ときてこのお酒。
やはりやや熟成感が出ていますね、まちがいなく27BY。
それでもリンゴ梨系の香りとさっぱりとした明るいトーンの酒質はこの蔵らしいですね。
滑らかさは熟成感、ほんの少しミルキー差、最後に熟成のニュアンス。
ここは結構いいですよ。
生をぜひどうぞ。






Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback