【721】長陽福娘 山廃特別純米 無濾過生 直汲み 28BY


長陽福娘の山廃の直汲みです。

あんまりワインだウイスキーだばっかりいってると、なんだよアイツと言われちゃうのでね。アクセス数も下がって行っちゃうしさ。
ただ最近はそんなにお酒自体を毎日飲まなくてもいいかなという気がしてきて。
まー昔は家かえって酒飲まないと寝れないし、何したらいいかわかんないよなんて言ってましたけどね。
ほどほどに、飲みたい気分のとびっきり良い酒を飲むというのが良いですね、たぶん。
寝たい時は寝ればいいし、腹が減った時は飲まないで食べればいいんだ、うん。
今日は久しぶりなので饒舌です。

珍しく昨日は東京の東側に行く用事があったので、ふくはら酒店など行ってまいりました。
ふくはら行ったのはこの間ふと思い出した杉勇がほしくてね~。
まあもうリーチインも夏酒まっしぐらというかんじで、昔は5月に夏酒なんて馬鹿めなんて物知り顔でいってたけどさ。
ここ数日暑いというより梅雨のような蒸す感じで、やっぱこの時期夏酒もいいよね、なんてね。
すっきり薄いというより、シャキッと旨口、みたいのが飲みたい気分ですね。

1升で買う気はしないけど4合でちゃんと直汲みがあったので長陽の山廃です。
今期3本やろうかなと言っていたノルマをこれで達成。
純米はグッド、吟醸酵母は良くも悪くもらしくなく、1勝1敗で迎える山廃。
日本酒度+6.5でドライな感じ、旨み感ですかね。
となると甘みの出方と、酸の表情あたりが勝敗を分けるでしょう。


20170517_181619~0120170517_181627~01


どれさーどれどれ。

うーんパーフェクトに予想通りのお酒ですね。
甘み、香りとも極小です。
ガス感はやや強め、極めて細かいミクロの泡感と口どけでグッド。

今日の気分にジャストフィットな夏酒。
夏酒じゃないけどさ。

香りというほど香りませんが、極々薄く薄いリンゴやラムネ。
クリアーにシャキッと旨口でだけど、旨みも自然な流れで、辛口とうたった商品のようにごつっと出すわけはないです。
旨みの中から自然な甘みが顔を出して、酸はほどほど。
厚くでるわけでもく、ビビッドでもなく。
いい意味で薄味で、旨み感といいバランスです。
ほろ苦さが旨いですね。
日本酒としてはやっぱりミネラリーで今日なんかは篠峯とか風の森クラスにミネラル感じます。
それでもワインに比べたらかわいいもんですが。

だからこれ、ガスがないミネラルがないとなると、この手の商品としてはちょっと柔いはんなりした酒質で、例えばもっと酸を鋭くしたりとか辛くしたりとかが必要なんだけど。
パシッとミネラル感で芯を通してますね。

派手ではないのでつまんねーと思う人もいるかもしれませんが。
夏のはしりの乾杯の1杯にいいですよ。
ガスが抜けても楽しめそうだけどその場合はぬるめにお燗つけたら面白いかもな。
夏のぬる燗親善大使なんですよ、自分。
冬だってそんなにお燗つけないくせにね。
夏のぬる燗は本当に良いので、みなさん今年の夏は一度はどうぞ。

評価はA、やりたいことができている。
ただし、初めてのかたはやっぱり純米60からどうぞ。
最近は本流になりつつある、雑味の少ないシャープ系の山廃です。



3日目です。
あーいいですね、これはなかなかいいですよ!!
甘やかさがよりはっきりと出てきました。
バニラ系を強めに感じ、思いのほか濃厚さも感じさせます。
そこに薄くさっぱりとブドウやリンゴの果実フレイバー、ほろ苦さ。
ニュアンスとしてなんですが、すこしだけ百春につうじるような所も感じました。
あそこまで甘くないしサッパリ酸があるけれど、あえて言えば口どけとかクリーミィさ。


ガス感は弱くはなっていますが、細かくて、上質な口どけ感は健在。
これはいいですわ。
清涼感のある甘さ。
数値的には甘くないはずですが、数字以上に感じる瞬間があります。
それを酸とミネラルがきりっと締めてね。
ほろ苦さととともに旨みも感じる。
たぶん1升で1週間たのしめるお酒。



Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback