【732】白老 純米吟醸 夢吟香 槽場直汲み生原酒 FOR SURVIVOR 28BY


白老、夢吟香の純吟直汲みの限定ラベルバージョンということらしいです。
世知辛い現代社会を生き抜く為、日々闘っている方へ白老を飲んで明日に向かってリラックスして頂いて貰いたい。
といことでFor Survivorらしいです。

個人的にかなり押している白老
ドライでもないし、特別モダンでもないけど、なんでしょうね。
いい造りしている旨口酒って感じかなあ。
夏酒もあったんですが、コレをチョイスしました。
自然栽培米(雄町)の直汲みなんてのも売ってんな~そっちも気になる。

スペックは夢吟香55、酵母は不明だけどこの蔵なのでヒトケタ酵母でしょうね。
年始にやったこっちと裏書をくらべると、やや辛口の仕上がりなんでしょうか。
酸度は低く、アミノ酸も低く、スリムな感じ?
まあ飲んでみましょうね。



20170607_010441~0120170607_010506~01



立ち香は軽くバナナ、イソアミルですね。
ガラスの杯だと細かい気泡がつくくらいにはガスがあるようです。

いいね~いやあ秀逸なセンスだこの辛口感は。

かるーく細かいガスがしゅわっと。
強くガスがはじけるタイプじゃなく、細かく軽く。
ふっくらナチュラルに、優しい甘みとなんとも言えない風合いの酸。
フルーティでもないし、ぱきっとクリアーでもなく、エッジで輪郭をってわけでもなく。
全体にどちらかというとふにゃっと柔らかいタイプですね。
あーその辺がリラックスしてほしい、というところに繋がるのか。
癒し系で、ガスものにはこういう雰囲気は貴重です。
でもそこにわずかにミネラル感。

甘みは逆にいつもよりもあるくらい。
リンゴとバナナが少しずつな含み香かなあ。
ちょっとだけブドウっぽく、バニラも香ります。

そこからフィニッシュに向けての流れが最高。
まずクリーミィさがあって、その中で旨みを漂わせるような感じ。
サクッとした口どけで、たしかに辛み的な演出はあるんだけど、苦いとか、アルコールのアタック感がという感じではない。
僅かに辛い、旨辛といった体で、立体感、味わいの縦の幅をつけています。
それとのふくよかさナチュラルさとのバランス。
わずかなガス感。
ここらへんで不思議な程よいフルーティさと、あとは気持ち良い旨辛の余韻。


なかなか表現に困るお酒なのですが、とにかく旨いし気持ち良い。
食事にあうし、それがただの物足りないお酒の良いわけじゃなくて、お酒だけでも飲めます。
たぶんぬる燗つけても行けるでしょうね。
いいなあ、いいんだよコレ。
昨今のカプエチ馬鹿にわかるかねえこの仕立ての良さ、センス。
素晴らしい。







Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

  • やまあつ
  • URL

おーー!澤田酒造六代目、これ見たら泣いて喜ぶね~。

実は私、昨日飲んでましたー(◎_◎;)

  • 日誌係
  • URL
Re: やまあつさん


まさかのシンクロですね(笑)

いや~いいお酒つくるんで応援してますよ。
派手ではないですけど、センスいいなあと思うし、目指す味わいがはっきりしてますよね。
あえて言えば、もう少し香りのあるものとかバリエーションつけたら売れるとは思いますけどね。
ぜひ、機会があったら応援してる人がいるって伝えておいてください!!

Leave a Reply










Trackback

本日の家飲み 白老 夢吟香 純米吟醸 槽場直汲み生原酒 「For Suvivor Vol.2」     愛知県常滑市のお酒です。  ブログでの登場は初めてですね、外飲み経験は結構前に(確か)一度あります。  こちらもブログ「日本酒感想日誌」さん推し銘柄ということで、素直にセレクトしました。  丁度同スペックの記事も上げられているので、銘柄情報とかはそちらを是非ご参照くだ...