【741】川中島幻舞 純米吟醸 雄町 無濾過生 28BY

川中島幻舞も大吟j純大と、あとバリエーション違いを除けばこれでようやくコンプかな。
といっても看板的な美山錦の純吟に、山田錦の特純、愛山に今回の雄町くらいしかないんだけど。
去年の特純は良かったねえ。

というわけで雄町です。
何年か前からちょこちょこ見かけてましたがようやくレギュラーと言えるくらいに量が増えてきたのかな?
雄町55の純吟、無濾過生。
酵母はおそらく長野系の香りの出るものでしょう。
あまり雄町だからと言って濃くしてほしくないのと、雑味が少ないことを希望いたします。



20170627_044507~0120170627_044520~01


当然ですが香ります。
フルーツというよりフローラルですね。


うーんこれはイマイチ。
苦み、出ていますねえ。
雄町ということであえて濃いめに、ブヨつく感じの仕立て、というのも恐れていたのですが。
それはそんなになくて、ちょっと酸高めで飲ませてくれます。
ふわっと軽やかに柔らかく、また滑らかなタッチで優美な伸びやかさ。
この辺は秀逸なんですけどね。

問題は苦みがハッキリ出ていることで、そんなに甘くないな、と感じるくらい甘みが苦みに塗りつぶされます。
酸高めで比較的さっぱりしていることもあるんだけどね。
チェリー、和柑橘なニュアンス。
あとはこの蔵らしいミンティさ。
酸+甘み+香りの表情の豊かさや、質感なんかは良いんですけどね。

いかんせん苦い。
幻舞も今年は苦戦のようです。
去年の特純はよかったなあ、あれ山田錦だっけ。
あー直汲み中取りだったのか。
この銘柄は断然それですね。
愛山、雄町はお勧めしないです。
珍しいからと言って手に取らないように。
以上。





Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback