日誌係、にしむら酒店にいく


旅行ならそこまで酒屋にいかなきゃってこともなく、軽くのぞくくらいなんだけど。
1か月いるとなると酒屋のチェックは必須。

タキモトに続き多く名のあがっていた、にしむら酒店さん。
左京区北白川、銀閣寺の近くです。
やや遠いのですが、中心部からバス1本で行けるのでその点は楽。



20170629_142725~01


店内は中程度の広さでリーチインも十分。
雰囲気としては大森の酒屋たなかやに似てるかな?
それより一回りおおきいかな。

まずは普通のリーチイン。
風の森なんかはフルラインナップだね。
玉川、白木九、澤屋まつもと、伊根満開、蒼空など京都の銘柄は十分。
笑四季、一博、喜楽長、大治郎など滋賀勢もたっぷり。

他地域もちゃんとカバーしてて新政をはじめ秋田は一通り。
長野は勢正宗や北安大国などこだまみたいな渋いチョイス。
西のほうだと亀泉や寒北斗もある。
たかちよはたくさんあったな。

これも挙げだすとキリがないですが素晴らしいラインナップですね。
王道から売れ筋、マイナーなとこまで十二分です。



さらに情報をいただいていた、店内右奥の氷温冷蔵庫にお店の人に頼んで入れてもらう。
マチダヤのよりはひろいな、四谷鈴傳の地下の一室って感じかな。
そしてそこに、28BYにまざり、デットストックなのかバックヴィンテージなのか貴重なお酒がちらほら。
レギュラー商品だけでなく、出品酒レベルの大吟なんかもあり、酒好きにとっては宝物殿ですね。

満寿泉の大吟H7BY、風の森純大山田H22BYなど拾ってきました。
そのうちやります。
開運の無濾過26BY とかもほしかったんだけどなあ。
ほかにも探せばありそうなので、少なくとももう1回くらいは行きたいです。
観光客があんまり刈るとご迷惑なのでほどほどに。
読者の方々、素晴らしいお店の紹介ありがとうございました。






おまけ。
銀閣寺。
足利幕府歴代でもトップクラスのダメ将軍、足利義政の趣味の館。
とはいっても政治的な話で、文化人としては一級だったようですが。
凝りに凝りまくった庭なんかはすごいんですが趣味全開って感じで、雰囲気とかはその前によった南禅寺のほうが好き。
平日にもかかわらずかなり混んでました、休みの日はすごいんだろな。
土日に出かけるのにちょっとしり込みします。

20170629_133617~01




Comment

  • しょうじ
  • URL

奥のスペースは専用冷蔵庫など持ち合わせない当方もたいへんお世話になっていますし、日誌係さんにならきっと面白がってもらえるだろうと思っていました。
満寿泉良かったようで何よりです。
脅すわけじゃありませんが、風の森は私が試した中には栓の関係か中には3年でもガスが消滅してムレ感が強くなったのもあったのでちょっと心配…全部じゃないし山田錦は強いと思いますけど。

銀閣寺は寺の北側から送り火で知られる大文字に登ってみるのも良いかと思います(このシーズン暑いけど)

  • 日誌係
  • URL
Re: しょうじさん



いやあ、素晴らしいお店でしたね!
あれだけの氷温冷蔵庫で、普通にバックヴィンテージを並べているお店はなかなかないですよ。
古酒までいかなくても、半年前くらいのお酒を安心して買えるのは良いですね~。
たしかにレマコムいらずです。

風の森は覚悟しています(笑)
まえに1年ほどの自家熟成をのんだこととがありますが、かなり熟していたので。
ただ22BYだともう6年前で、そのクラスの風の森の古酒ってなかなかないので好奇心が勝ってしまいました(笑)
その意味では満寿泉が本命だったので、期待に応える美味しさでほっとしました。

あの山、普通に登れるんですね!
行く機会があったら考えてみます、暑くてきついですがw


Leave a Reply










Trackback