【96】梵 超吟

年末年始のお酒どーしようかなと悩みに悩んでド定番をヤケ買いしました。
言わずと知れた超吟です。
精白歩合20%の純米大吟醸を5年熟成させたもの。






おっと熟成酒とは思えない上立香。
トロピカルな果実様の香りが華やかです。

含むとキメが細かくほわほわとしたタッチ。
上品な甘みが強く出てきます。
穏やかな酸が絡まり、仄かに感じる熟成のコク。
ウルトラスムースに喉へと流れる。

おおう、これは流石に美味しい。
値段に負けてない。

常温に近くなってくると意外にもしっかりした旨みが味わえます。
清らかで透き通るような酒質ではなく、上品な甘みとしなやかでコシのある旨みがあと引くタイプ。

一度飲んでみて損はないと思います。



二日目。

今日のほうがいい。
酸がよくてフレッシュに感じる。
昨日ほど甘みを強く感じず、コメの旨みが素晴らしい。
全体のバランスが昨日より良いな〜。
さすがにうまいっす。
抜栓後の変化に興味があるが、当然今日で飲み切りでしょう。
Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback