日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

サントリー山崎蒸留所

 01, 2017 09:28


せっかく京都まできたのでここは外せない。

山崎蒸留所。
京都と大阪の間、天王山の戦いの舞台でもある交通の要衝にあります。
電車や高速などが密集するところなので、こんなところに蒸留所があるのは変な気もしますが。
宇治川、木曽川、桂川の三川が合流して淀川になるあたりで、湿度の高さがウイスキー造りにプラスになるらしいですよ。
ちょうど有料ツアーの予約が取れたので行ってきました。




20170630_115558~01

20170630_124322~01

20170630_124936~01


まあ詳細はほかのところでいくらでもあるのでダイジェストで。
ショップと有料試飲はあとにして、製造の見学。

甘酒のような香りの漂う仕込み、醸造スペースを抜けるとポットスチルが並んだ蒸留のスペースへ。
そういえばステンレスだけでなく木桶で発酵してるのは驚きましたね。
ポットスチル部屋はほぼフル稼働中でさすがに洋酒の高アルコールの香りがたつのと、クッソ暑かったです。
形の違うポットスチルか複数ならぶ姿は山崎ならではで圧巻。
この部屋は10基ほどでしたが他にも部屋があり計16基もあるそうですよ。

貯蔵庫はややかび臭いというか、古いワインのコルクのようなにおい。
またかすかにアルコール感のある香りの漂う中で、新旧、また形の違う樽が並んでいます。
この雰囲気はウイスキー飲みにはたまらないですよね。



20170630_130940~01

ツアーの最後はティスティング。
左のホワイトオーク原酒は12年ほどの熟成らしくかなりイケました。
やたら加水を進められるのですがこれに加水なんてもったいない。
ワインカスクはそれよりは若いようですが、まずまずの仕上がり。
右二つはノンエイジの製品で、有料試飲が控えているのでほどほどに。

ツアーはこれで終了、80分ほどでしたがあっという間でした。




20170630_135123~01


ツアー後は有料試飲、これが本番。
山崎25年、白州25年、響30年などがほぼ原価で飲めるほか、蒸留所限定の12年物の原酒が飲めます。
山崎シェリー12、山崎ミズナラ12、山崎25年とチョイスし、さらにそのはと白州25年も行きました。
ミズナラはキャラメルののようなニュアンスと、甘みの出方、かなり良かったですね。
個性なのか、どれもスパイシーなどはあまりなく、甘みがストレートに出るなあという感じ。
またそれもトロピカルとかそういう感じでもないんだよね。
そして山崎25年はさすがの味わいでカラメルココアのニュアンスに、フルーツ系の鮮烈な華やかさジューシーがあり、オリエンタルな高貴なニュアンスも漂うというさすがの出来でした。
もっと飲みたかったのですがべろんべろんで帰れなくなると困るので、ここまで。
ショップと有料試飲はツアー不参加の方でも楽しめるそうです。
でもポットスチルや貯蔵庫をみれるのは貴重な体験でした。


COMMENT 2

Sun
2017.07.09
20:00

お茶 #8fjeFLhA

URL

大阪に用事があったので、ついでに寄ってみました。

貯蔵庫のニオイは堪りませんでしたね〜。1979年の樽を見つけ、担当の人に聞いたところ、多分これがこの貯蔵庫では一番古いのでは無いかと言ってました。
恐らく、樽の四分の一も入ってないようなので、そりゃ長熟が高額になるのも仕方ないなぁと改めて感じましたよ。

山崎25年飲みましたが、大分ボトルが減って底のほうだったせいか、横に広がる酸味を強く感じました。それでもこの纏まり具合は凄いと感心。
個人的には響30年の方が好みでした。

それにしても、一番良かったのは山崎蒸留所の「立地」でした。こんなアクセスが良いとは…
鳥井信治郎氏に感謝です。

Edit | Reply | 
Sun
2017.07.09
23:28

日誌係 #-

URL

Re: お茶さん

ライブついでに観光ですねw
まさかほぼ同時に行くことになるとは面白いもんです。

いや~アクセス良いですよね。
良すぎて高速も電車もバンバンでどうなんだと思うほど(笑)
でも蒸留所の裏手あたりはさすがに管理してていい雰囲気でしたね~。
京都や大阪の人はふらっと気軽に行けてうらやましい限りです。
1万あれば山崎25、白州25、響30といつでもコンプできるんですから!

山崎25はおっしゃる通り酸もあり華やかでジューシーな感じでしたね。
響30年飲みにもう1回くらい行こうかしら。


天使の分け前、年2パーセントでも、10年で20パー、30年なら6割なくなっちゃうわけですからね。
改めてウイスキーは贅沢な飲み物だと思います


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?