日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

Jリーグ専スタ周遊記:吹田サッカースタジアム(ガンバ大阪vs鹿島アントラーズ)

 09, 2017 01:02


超久々更新、Jリーグ専スタ周遊記。
なんと今年初めての現地観戦です、お恥ずかしい。

ここは早く来たかったんですよね~やっとです。
ガンバ大阪のホーム、吹田サッカースタジアム。
去年オープンで、ガンバがクラブとして初めて自前で新築したスタとして日本サッカー界では非常に注目を浴びるスタ。
当然専用スタジアムで、自治体負担に依存しないクラブ運営が次の目標であろうJのクラブにとって、デファクトスタンダードとなってほしいようなスタジアム。














しかし良いスタジアムですね。
4万の客席を確保しつつ、最小の作り。
ピッチの近さからくる臨場感。
1枚目の画像がほぼ最上段のスミからのビューですが、パーフェクトな見やすさですよね。
臨場感を求めるなら下段の前列ですが、じっくりみるなら上段が楽しいかも。
僕はメインのホームより、前から9列目でしたがほどよい角度で、前列でも見やすかったですが。

まーまた雰囲気が最高でね。
ヨーロッパみたいな雰囲気のスタジアムです。
満員になればいいんですが、水曜のよるということもあって18000程度。
ガンバの関西弁チャントが少々残念ではありませんでしたがw
あとはめちゃくちゃ声響きます。
満員でボルテージの上がる試合なら、ピッチ上での声は届かないだろうね。
相手への威圧感も相当なもんだと思います。


残念なとこを挙げると、ややコンコースが狭い。
ハーフタイムと退場は温雑します。
コンコースが屋内って感じなんだよね。
だからスタグル(スタジアムグルメ)の店が少なめで、やや混むなあという印象も、。
いりが1時間前だったこともあり、ドリンクだけで何も頼みませんでした。
たこ焼き食べたかったけど。

あとはアクセス。
悪くはないんだけど歩くんだよね。
自分は京都からだったので、茨木駅からシャトルバスでのアクセスだったのですが。
バスは10分程度ですが、バス終着から10~15分ほど歩くんですよね。
心理的にはバス30分でも、すぐ近くについてくれたほうが楽なんだけど。
ほかのルートでもモノレールに乗り換えた上、最寄りから15分歩くみたいで。
結果的に俺のいったルートが一番楽なのか?
そう考えると良くはないですよね。
やっぱりフクアリなんかはすごいなあと実感しました。
J2で中位やってんのに1万入るんだもん。
ジェフが弱いのは日本サッカー界の損失だよお。


肝心の試合。
442のミラーゲームで固い試合になるかとの予想通りの前半。
おたがい1つずつt決定機があったけどスコアレスで後半へ。
きわめて蒸し暑い日で、ミスが出たほうが負けるかなと予想。

後半、早めに出てきた鹿島に対して、のっそり審判にせかされるガンバ。
アグレッシブにはいってのは鹿島のほうで、見直さないとわからないけど、少し動き方変えたのかな?
FWの動きを追いきれないガンバに対し、少しづつ鹿島がチャンスを。

そんな展開の中、ガンバの自陣でのミスに近いロストが鹿島にこぼれ、そこからいい配給にテクニカルなファインゴールで鹿島先制。
やはりあぐれっしな法にサッカーの神様は微笑むということで。
ガンバはホームなのに後手踏むようじゃイカン。

リードした試合の固さには定評のある鹿島なので、ガンバはシステム変更してミスマッチ造るのが良策と考えていましたが。
長谷川健太監督は、まずはそのままで、動きの悪い今野にかえて遠藤。
後半27分にようやく泉澤をいれ4231へ。
まあこれが遅かったですね。
泉澤は左サイドに入ったんですが、可能性を感じただけに、やはり失点した後半10分の時点で動くべきだったね。
呉屋にしろさ。
のこり10分15分ではきついよ、鹿島相手で。
最後終了間際に面白いシーンはありましたがそのまま鹿島が1-0でフィニッシュ。
ガンバ長谷川健太監督は試合前の采配は良かったのでしょうが、試合中は判断が遅く終始後手を踏む展開。
ホームでこれはみっともないわね。
後半開始で、ホームがアグレッシブにいかないでどうするのよ。
まして首位だった鹿島に勝てば上に行けるって展開でさ。
みっともな。


まあ試合の内容はともかく、スタジアムのピッチとの近さと見やすさは日本最高といって良いものでした。
芝生もきれいで本当に良いスタジアム。
このスタでサッカーみたら楽しさ倍増だし、ファンは幸せなことですよ。
専用スタジアムが増えればファンも増えると思うんだけどねえ。
近隣の人がうらやましくなるスタジアムです。





COMMENT 0

WHAT'S NEW?