日本酒感想日誌

今日のんだ日本酒の感想・テイスティングリポート・評価。

日本酒感想日誌は、家で実際に飲んだ日本酒の味わいを、リアルタイムで飲みながら更新するブログです。

玉旭 DESPERADO 純米 無濾過生 28BY

 17, 2017 01:14

飲んだことはないですが、最近やってる全く知らない銘柄の中では、かろうじて知っている銘柄。
おわら風の盆で有名な八尾のお酒。

なんでデスペラードなんでしょうね。
ラベルはクイーンだし、そこはイーグルスじゃないのか?
いやそのへん詳しくないからしらんけど。
まあラベルは今っぽい感じなので、古臭い酒質というのはないのではないかな。

面白いのは同じ米、磨きの純吟より、なぜか純米表記のこれのが高かったこと。
めずらしいですよね。
基本的に純吟と純米なら前者を買うタイプなのですが。
今回は値段を信じて純米で。




20170717_004128~0120170717_004142~01


んん?
なるほど、確かに純米ですね。
芳醇で味わいに厚みのあるタイプで、けっして薫り高いわけでもなくたしかに純米表記が似合います。
もうちょっとふんわりスムースなタイプを純吟表記にしてるんだなたぶん。

めちゃくちゃ香るわけではないですが、香りあります。
プラムとかダークチェリーとかそんなイメージで、重めの赤紫イメージな香り。
七田の愛山とかそんな銘柄が思い浮かびました。
セクシーな大人の女性。
まあ香り系の酵母だね。


味わいもそんな感じ?
甘すぎずに、酸味はある。
ほどよい甘酸っぱさに、いい意味での苦みや渋みがタンニンのようで。
モダンですがぐっと飲みごたえがあって個性的なタイプ。

あ、でもミルキーというか、ヤクルトみたいな甘味があって、なめらかな伸びはいい。
そこにエキス感と、苦み渋みがぐっと入って厚みを出し。
舌にはムロゲンらしいアタック。

悪くないですね。
ともすれば出来損ないの失敗した香り系のお酒になりそうなんですが。
でもそうなってないのはなぜか。
なぜでしょうね。
高めの酸、あとは少し奥まってはいますが甘みのニュアンス、質感。
独特の香り。


飲めます。
けっこう楽しいです。
他のも飲んでみたいですね。
もすこし度数を抑えて、クリアーな感じにしたらもっと面白そうな感じはある。
やってなさそうだけど、山廃とかやttめお面白そうな感じもある。


初めは香りとタニックなニュアンスにおっと思ったんだけど。
次第に甘みにフィーチャーしていきますね。
なめらかで、程よく練れて、伸び感がキレイ。
前述したとおり少しだけ乳酸菌飲料的なニュアンスを感じる。
まあそれは酸がそうさせるのかね。
そこからふくらんで、プラムチェリーでね。
で酸で引っ張っりつつエキスがでて、タニックで〆る。
そんな流れ。
美味しいです。
やっぱりいろいろ飲まないとだめだわ。
知らないお酒、おいしいお酒いっぱいある。
東京にいて、限られた酒屋から(とはいってもネットも使うし常人よりは酒屋まわってるけど)買っててはダメね。






COMMENT 1

Mon
2017.07.17
19:18

とっすい #-

URL

お久しぶりです

山はいかがでしょうか?こちらは高尾を飛ばして白砂山ってとこを縦走をしてきました!捻挫しました^_^;が景観は最高でした!次はのんびり夏の尾瀬を予定してます♪

デスペラードと言えばタランティーノの映画を思い出します!ダサかっこよさの極地かと!(笑)

この時期は玉川アイスブレーカーを軸に楽しんでいますが、今年は先日のコメントに残した福島のお酒に打ちひしがれてます。自然酒の強さ、風が吹くの形容し難さ…日本酒の面白さはたまりませんね!

そんな私ですがウイスキーも大好きです!アイラモルト…抜け出せないかも知れません(笑)

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?