百年の孤独/黒木本店



時々こういったことがあります。
いただきものの、百年の孤独です。

酒好きに酒を送るのほどやめといたほうがいいこともないですよ。
とはいえ、一世を風靡したプレミア麦焼酎。
ありがたくいただきましょう。



20170910_030125~01


どうやって飲んだらいいんだ?
別に焼酎も嫌いじゃないし昔は結構飲んだこともあったけど、最近は全く飲まないからな。
とりあえずロックにしようか。


うーん。
普通の焼酎じゃない?w
風味が強いわけではないですね。

まあスムースで飲みやすいですけどね。
焼酎っぽい感じに、ほんのり甘みと、焙煎したような麦の風味。
わずかにオークっぽい樽感とバニラのような甘さ。
アーモンドのようなナッツ、わずかにメープル?
ほどほどのコク感。


なんか同じような麦焼酎の樫樽熟成でもっとパンチのあるものありそうですけどね。
万人受けするレベルで、完成度は高く仕上がっているのか?
まあどちらにしろこれなら僕はウイスキー飲みます。
あえて言えばいい意味であっさりスムースではあるので、食べながらということになるのでしょうか。


メジャーでそこそこ、というと黒木本店の立ち位置は今は日本酒でいう獺祭なのかもしれません。



Comment

  • とっすい
  • URL
酒好きに贈る酒

『酒好きに酒を送るのはやめといた方がいい』

かなり共感しました。好みが似ててはじめて成り立つプレゼントな気がします。

美味しく飲めて強烈な個性

贈るならこの一言の限ると思いますがなかなか難しい。
最近伊達sevenエピソードⅢが自分の感想以上に評判よくてビックリしてしまいました。複雑と言うか曖昧と言うか…生もとの面白さなのかなぁ?自分には早すぎたようです(^_^;)

  • 日誌係
  • URL
Re: とっすいさん


ありがたい話なんですけどね。
好きのレベルが違うというか(笑)
酒に限らず、好きな人に好きなものを贈るのはやめといたほうがいいですね。

ほお~DATE SEVEN評判がよいのですか。
個人的にはあの手の客寄せパンダ的な企画は食傷気味で忌避していました。
磨き33の生もとの純大でしたっけ?
なんかスペックだけ見ると薄そうな気はしますね。
良く書けば繊細ななかの複雑さ、悪く書けば味がしない的な。
いや飲んでないんでわかりませんけど(笑)

世間の評判と自分の感覚が大きくずれているとちょっと不安になりますよね。
でも世の中の人は思ったよりもいい加減ですよ!
能書きや人気に左右されてしまったり。
自分も含めてですけど……。

最近あえての生もとがモダンでカッコいいみたいな風潮になりつつありますが、あんまり関係ないと思うんですけどね。
生もとでも速醸でも、狙えば味はどうとでもなるような。
一時期の純米最高、アル添クソ、みたいな変な雰囲気にならなければよいなあとちょっと心配しています。


スイマセン長くなってしまいました。
自分ではいかないジャンルの感想は嬉しいです!
またお願いします!!


Leave a Reply










Trackback