鷹長 純米



いい加減冷蔵庫開けていかないといけないので、積んでいる奴崩していきます。

奈良で買ってきた鷹長
風の森の蔵の地元向けで、さらに生じゃなくて火入れ。
あそこがレギュラーでどんなお酒を出しているんだろうと。
そういえばちょっと風邪気味。


鷹長ブランドでも純大、純吟、純米の菩提もととか色々出してはいるんですよね。
生のお酒も出してたりするし。
今回は本当に最低ランクの純米65、火入れです。




20170915_022340~0120170915_022352~01


おっ。
田舎純米っぽさもありつつ、風の森っぽさもあるな。

エキス感と、熟成か?というような軽いチョコっぽさ。
いわば帰省した祖父祖母の家といった感じ。
一方で軽い甘みや酸は、少しだけモダンな雰囲気で、風の森に通じるとこも。
香りなんかもちょっとだけフルーティ。
ミネラル感のせいか粉っぽい様なテクスチャー、クリーミィさがあり。
ややエキス感が残りもするんですが、きりっとしたフィニッシュも。







Theme: 日本酒
Genre: グルメ
Tags: 

Comment

Leave a Reply










Trackback