ちえびじん 純米大吟醸 山田錦おりがらみ 27BY


ちえびじんの2年近い熟成品。
これ全く同じものの26BYを飲んでいるのにうっかり買っちゃったかなんかだったと思います。
お酒自体は美味しかったんですけど、2年連続はつまらんしちょっと寝かせるかと思ったところここまで来てしまいました。
山田錦48とはいえ生酒のおりがらみなので、どうなっているのかもはや恐怖しかありません。


20170915_022521~0120170915_022533~01



ただ瓶底みるとおりは極少でうすにごりレベルでしょう。
まずは攪拌せずにいただきます。

立ち香は熟成はほとんど感じないですねえ冷えた状態では。
おお~甘みと酸味がてろっと溶けてますね。
そこに軽く渋みが入ります。
リキュールみたいというか、パイン缶のシロップを少し薄めて渋みを足したような。
ただ熟成香みたいのはそこまで出ていないですね。
たかちよの寝かせがたしかこんな感じだったかなあ。


攪拌。
ちょっとやっぱ苦み渋み、熟成感が強まるかなあ。
やっぱりおりがらみの熟成は危険ですね。
飲めねえよ!ほどではありませんが。
まだ全般に軽さや透明感を感じるのはすごいけど。
居酒屋でこんなの出てきました~っていてちょっと遊びで注がれる分にはまあ許すかな。
というくらいには飲めなくはない。
やっぱりちえびじんは良いですよね。
久しぶりにちゃんとやろうかな。









Comment

Leave a Reply










Trackback